助けてぼくらの○○マン!のんびり重視の伊豆大島合宿②

おはよう大島二日目!


朝食の1時間前に目覚めたので、真嬉さんとこっそり朝風呂タイム。
控え目に言っても最高。


昨日より気温の高いなか、ぼーっとしゃべってたら、木の上をリスが駆け抜けていった。
昨日、じぇんさんが「女湯の盗撮にリスがカメラつけてたら面白い」と言った話を自然と思い出す私たち……。


皆も起きてきて、朝食タイム。
ちょうどいい量と味付けの、やさしい朝ごはん。

f:id:dobon96:20180325221032j:image

食後には「インスタントですけど……」と言いながらコーヒーも入れてくれたので、本当に気持ちのいい、気づかいバッチリの朝食だった。

 

違いのわかる女、ラッファーマン。

f:id:dobon96:20180325220955p:image

 

・ホテル赤門~三原山登山道ヒルクライム


9:00に宿を出ますよーとアナウンスして、電子通貨しまぽ(現時点では2018/3/31まで。7000円で10000円分の、宿泊&観光用通貨が買えるシステム)で決済もろもろしていると、時刻は9:30。


元町港と踏んでいた帰りの便が岡田港になってしまったので、大島じてんしゃ協会会長にお願いし、チート技で荷物を運んでいただくことに。本当に会長には頭が上がりません。
感謝してもしきれないので、何度でも大島に遊びにいきます。


8人分の荷物を積んでいただき、我々は三原山登山頂に向かってスタート。
会長に撮ってもらった集合写真。

f:id:dobon96:20180325221121p:image


ここからは三原山山頂へ向かう、もっともゆるいヒルクライムルートが、今日の三原山登山道路」だ。距離は約10kmで、平均勾配も5%あるかないかである。


今回は大島一周道路を回らず、ホテル赤門から三原山登山道に直接合流する、やや近道ルートをつかったのだが。

 

道に敷かれた青いライン。


あっこれアジア選手権コースだ。

f:id:dobon96:20180325221208j:image
大島一周道路から入る三原山登山道路よりも、この青い線沿いは斜度があるので、マジゆるゆるを望む人は要注意である。
皆でのんびり登っていくが、結構あつい。

 

三原山登山道路には、3~4kmほどで合流。山頂まではもう10kmもない。

f:id:dobon96:20180325221308j:image
ここからは、私、どろさん、むっちんさんの三人でしゃべりながら走る。

f:id:dobon96:20180325221347j:image

伊豆大島で、あじさいレインボーライン、御神火スカイライン三原山登山道路とすべてのヒルクラルートを走ったが、三原山登山道路が、一番路面が舗装されていて走りやすい。

 

途中で、車を置いて猛追してきた会長とのアタック合戦とじぇんさん。

うーんさすがの会長である。

f:id:dobon96:20180325221423p:image

気持ちよく、しゃべりながら走れる斜度だ。

f:id:dobon96:20180325233839j:image

f:id:dobon96:20180325233856j:image

 

ゆるゆるっと、おのおのの速度で山頂ゴールだ。景色は雲が厚く、残念な感じ。

f:id:dobon96:20180325233957j:image

三原山だよ!!

全員集合〜〜〜!!!!

f:id:dobon96:20180326081016j:image

本当にこのネオンピンクは期待を裏切らない。

f:id:dobon96:20180326081047j:image

 

この日は、珍しく「歌乃茶屋」がやっていた。

f:id:dobon96:20180326080214j:image

こちらのおみやげ屋さんは、アミ焼きで牛串や豚串、おにぎりなんかを提供してくれているのだ。

f:id:dobon96:20180326080231j:image
不定休なのでかなり難しいのだが、過去に一度だけ、こちらで牛串を食べたことがある。


皆でワイワイ串焼きグルメタイム。

f:id:dobon96:20180326080256j:image
サービスで、明日葉となかなか食べられない新芽を出してくれた。

アミで炙って、ごま油と塩でいただく……。絶品。

f:id:dobon96:20180326080339j:image


あとは来た道をビューンと下っていく。

f:id:dobon96:20180326084838p:image

f:id:dobon96:20180326084912j:image

f:id:dobon96:20180326084934j:image

ダウンヒルの最中にも、何やら後ろからテニミュ歌合戦が聞こえてくるが、何を歌っているかは定かではない。

 

会長とは、一度港を前に解散!

f:id:dobon96:20180326085048p:image

出航のほぼ2時間前に岡田港入りし……

f:id:dobon96:20180326085418p:image

ゴール!!!

f:id:dobon96:20180326085440j:image

 

・さよなら、伊豆大島


8人で、変わるがわるおみやげを買ったり、船の中のお酒やおつまみを買ったりと、楽しい時間はあっという間だ。

車で合流し、荷物を運んできてくださる会長、ありがとう。

f:id:dobon96:20180326085554j:image


大島牛乳プリンは船でいただこう。

f:id:dobon96:20180326085506j:image
名物スムージーは、この待ち時間に飲み干してしまった。

f:id:dobon96:20180326085523p:image
今年の大島椿まつりのゆるキャラのにゃんこと記念撮影。子どもたちにも大人気だった(ゆえに転がされていた)

f:id:dobon96:20180326085618j:image

f:id:dobon96:20180326085701j:image

こうして楽しい旅も終わり、別れの時が近づいてくる。

 

大島の締めくくりは、可愛い可愛いあんこちゃんにお見送りいただいた。

f:id:dobon96:20180326085722j:image

会長とも縁のある、このあんこちゃん。あまりの可愛さに、全員一致で「推せる!!」

f:id:dobon96:20180326085802j:image

皆あんこちゃんとの紙テープを欲しがっている図。

f:id:dobon96:20180326085836j:image

f:id:dobon96:20180326085857j:image
皆「ありがとう大島!!またくるよ大島!!」


「あんこちゃん可愛い~~~!!マジで推せる~~~~!!!!!!」

 

f:id:dobon96:20180326085927j:image

f:id:dobon96:20180326090001j:image
この時期恒例のお見送り紙テープが伸びていき、駆けてくれる可愛いあんこちゃんに見送られながら、ついに帰りのさるびあ丸は出港……。


伊豆大島に別れを告げた。

 

現実と接岸してしまうまでの5時間弱、私たちはデッキでの飲み会を楽しんだ。

f:id:dobon96:20180326090025j:image

f:id:dobon96:20180326090040j:image

締めのインスタントラーメンがうまい。

f:id:dobon96:20180326090112j:image 

横浜港で先に下りる、じぇんさんとどろさんを見送り、

f:id:dobon96:20180326090209j:image

みなとみらいの美しい夜景を眺め、

f:id:dobon96:20180326090344j:image

f:id:dobon96:20180326090309j:image

夜景は都心のそれへと変わっていく……。

f:id:dobon96:20180326090250j:image


接岸。


楽しい伊豆大島合宿は、これにて終了した。

 


久し振りの大人数での合宿。
一緒に走る中で、「また行きたい」「もっと走りたい」「楽しかった」と言ってもらえることは、本当に企画者冥利に尽きる。


楽しい思いをすることで自転車に乗ってもらえるなら、そんなにうれしいことはない。
いつもあそんでくれる皆がいて、本当に本当にありがたい限りだ。もっと一緒に、たくさん楽しい思いをしたい。

 

f:id:dobon96:20180326090551j:image

今日もお疲れ様でした!(次回はチャリなし旅も?!)