チャリ沼にドボン!

また夢に負けて、昨日を愛おしんで

いざ和田峠、夕やけ小やけの巡り合わせライド

5/5、本日も晴天なり!

というか、かなりの夏日のようだ。今年のGWではもはやお馴染みとなった4人、真嬉さん、ゆたそさん、虫さん、クロで和田峠へ向かうライドをスタートした。

f:id:dobon96:20220506152424j:image

Uターンラッシュもあるし、車は多いかな??? と思いつつ行くが、あまり心配はなさそうだ。
f:id:dobon96:20220506152719j:image

かつて「パン工房リアン」というお店があった場所。閉店を悲しんでいたが、なんと居抜きでパン屋さんが入っていた!

f:id:dobon96:20220506152735j:image

暑いね〜でも気持ちいいね〜と言いつつ高尾方面に向けて進んでいく。
f:id:dobon96:20220506152353j:image

高尾駅付近、八王子霊園の辺りの登りがあるので、その前にファミマでひと休憩。
f:id:dobon96:20220506152531j:image

食べたくてたまらなかったシュークリームと、暑いのでいいだろう!とコーヒーを摂取。f:id:dobon96:20220506152652j:image

気温は高いが風は涼しく、本当に絶好のヒルクライム日和。郊外の大型店舗が増えていくのを横目に走る。

f:id:dobon96:20220506152755j:image

ちらほらと小高い丘を越えていく。
f:id:dobon96:20220506152442j:image

ゆたそさん「木陰! 救われるゥ〜〜」
f:id:dobon96:20220506152417j:image

クロ「あれ? これで終わりだったっけ?」

虫さん「まだだよ、トンネルが最後のはず」
f:id:dobon96:20220506152428j:image

虫さんの坂把握能力には恐れ入る。というわけで、このトンネルを抜ければ和田峠前に毎度立ち寄るファミリーマートだ。

f:id:dobon96:20220506190231j:image

八王子西インター店、ここで焼きうどんと野菜ジュースを選ぶ。シュークリームのせいか空腹感は全然ない。
f:id:dobon96:20220506152413j:image

さあいざ! 陣馬街道へ!

川を横目に走る気持ちよさ。ずっと登り基調ではあるものの、消化のためにゆっくり走ればつらくない。
f:id:dobon96:20220506152639j:image

まさに初夏の景色。あたたまったアスファルトの匂いと濃い緑。自転車に乗れば当たり前に味わえる光景だが、ままならない年が続いていたためか、とにかく一つ一つが愛しい。
f:id:dobon96:20220506152434j:image

いつも和田峠前に立ち寄る「夕やけ小やけふれあいの里だが、今日はなんと催しをやっているらしい!

f:id:dobon96:20220506191926j:image
f:id:dobon96:20220506191922j:image

たくさんの器や食品などが並び、賑わいを見せる。
f:id:dobon96:20220506152739j:image

地元のお母さんおすすめの炭火の焼きおにぎり! これがまたほんのり甘くて美味しかった。あまりにも楽しいので、和田峠を登ってからまた来ます〜〜ということでサクサク出発。
f:id:dobon96:20220506152634j:image

北浅川のます釣り場が大人気。f:id:dobon96:20220506152630j:image

景色を楽しみつつ少しずつ標高を上げ、
f:id:dobon96:20220506152403j:image

お馴染みの和田峠入り口に着!
f:id:dobon96:20220506152356j:image

さあ、3.7km。初めての真嬉さんとともに、いざスタート!
f:id:dobon96:20220506152705j:image

最初はゆるゆる……と思ったら、
f:id:dobon96:20220506152508j:image

かなりの交通量。やはりこれはゴールデンウィークのせいだろうか、裏和田からばんばん車が抜けてくる。
f:id:dobon96:20220506152523j:image

ゆたそさん「ああ〜〜和田峠だわ〜」

真嬉さん「これは……たしかにキツいね」
f:id:dobon96:20220506152400j:image

あまりにも車も多いので一時停止。
f:id:dobon96:20220506152711j:image

この後一足先にふわーっと走り出したが、もっとも斜度のきつい箇所(しかも2ヶ所)で車とすれ違った私は、心臓をバクバクさせながらイン側を走ることになった。
f:id:dobon96:20220506152824j:image

f:id:dobon96:20220506152348j:image
f:id:dobon96:20220506152804j:image

車が多い以外は路面の状態もよく、気候も良く、気持ちのいい和田峠だった。

f:id:dobon96:20220506153333j:image

クロ「ゆたそさん撮ってあげる!飛んでー」

と言いながら、2回も撮影に失敗し、和田峠を終えたばかりの人を無駄にジャンプさせただけになった。

f:id:dobon96:20220506153310p:image

虫さんと真嬉さんもゴール。
f:id:dobon96:20220506152458j:image

無事に和田峠登りきったぞー! の最高写真。さすがは虫さん撮影である。
f:id:dobon96:20220506152539j:image

4人で制覇を喜んだ。
f:id:dobon96:20220506152747j:image

f:id:dobon96:20220506152751j:image

この後はあんまり楽しくない和田峠ダウンヒル
f:id:dobon96:20220506152716j:image

が、峠を抜けてしまえば陣馬街道の最高の下り基調。漕がずに進むが危険ではないという、最高の道だ。
f:id:dobon96:20220506152420j:image

さて、もう一度夕やけ小やけふれあいの里に戻ってきた。今度は入場券を買い、奥のふれあい牧場や夕焼小焼館、広場の方まで進む。
f:id:dobon96:20220506152450j:image

中では写真展をやっていた。

f:id:dobon96:20220506152801j:image

そして、夕焼小焼館の奥のカフェで一服することに。かなり列ができている中、おじさんが一人でハンドドリップでていねいにコーヒーを淹れ続けていて、グッときてしまったのだ。
f:id:dobon96:20220506152656j:image

こちらは浅煎りの小焼けコーヒー。さっぱりしていて香りもあり、美味しかった。
f:id:dobon96:20220506152519j:image

外の広場では子供たちが鯉のぼりのした無邪気に遊び回っている。家族連れのデイキャンプで大賑わいだ。
f:id:dobon96:20220506152723j:image
f:id:dobon96:20220506152559j:image

虫さん「ゆたそさん鯉のぼりになって〜」

ゆたそさん「こう?!!!」
f:id:dobon96:20220506152700j:image
f:id:dobon96:20220506152446j:image

食事処のいろりばたの前で焼きだんごを食べた。くるみ味噌の甘じょっぱさがこれを求めていた……!という感じで最高だった。
f:id:dobon96:20220506152544p:image

最後に、直売所で「のらぼう」と「わさび菜」を買い、楽しい散策は終了!
f:id:dobon96:20220506152453j:image

こちらが今回の出店を主導した商店会の幟旗だ。商店街のない町に、そういった組合を作ろうというものらしい。
f:id:dobon96:20220506152514j:image

ずいぶんここで長居してしまったので、帰路は少し急ぎ目に。
f:id:dobon96:20220506152438j:imagef:id:dobon96:20220506152731j:image

のどかな陣馬街道の景色をたっぷり堪能して、
f:id:dobon96:20220506152526j:image

突き刺すような西日の中、八王子霊園の小山をえっちらおっちら越えていく。小山はあるとはいえ、やはり下りの方が気持ち多い分、走りやすい。
f:id:dobon96:20220506152742j:image

高尾駅前の登りと渋滞を乗り越えれば、あとはもう平坦だ。
f:id:dobon96:20220506152627j:image 

夕方になるにつれどんどん向かい風は強くなる。自分が先頭のときはまだマシだったが、日没が近づくにつれ最後尾でも難儀するほどに。
f:id:dobon96:20220506152642j:image

帰り道に、行きに見た居抜きのパン屋さん「希望の丘ベーカリー タパン」で夕ご飯にすることにした。
f:id:dobon96:20220506152727j:image

閉店の1時間半ほど前だが、ほどほどにパンが残っていてよかった。このパン屋さん「牛タン利休」が母体らしく、牛タンシチューやソーセージを使ったパンが売りなのだとか。

なるほど、「タン」と「パン」で「タパン」!
f:id:dobon96:20220506152410j:image

テラス席で食べていると、アンパンマン自販機が虫さんをすかさず威嚇する。
f:id:dobon96:20220506152502j:image

大きな太陽が沈んでいくのが見えた。
f:id:dobon96:20220506152810p:image

日没チキチキレースとなったが、とてもきれいな夕焼けを背に走ることができたのだった。

 

 

こうして、ゴールデンウィークはたっぷりライドを満喫した。ほぼ毎日のように会っていた、真嬉さん、ゆたそさん、虫さんには感謝である。

連日ライドをしていると、まるで部活のようで楽しかった。最終日はさすがに疲れはあったが、大満足だ。

注意をする気持ちは個々にあれど、気兼ねなくめいっぱい連休やライドを堪能できたことは、本当に尊いことだろう。

f:id:dobon96:20220506222339j:image

f:id:dobon96:20220506222328j:image

今日もお疲れ様でした!(わさび菜とのらぼうは食卓に)

 

 

 

おかえり尽くしの2022TEAM DAYS

5/4、見事にお天気に恵まれたこの日。

2019年にも参加し、ここ数年はコロナで中止になってしまっていた「TEAM DAYS」に参加することになった。

f:id:dobon96:20220506131909j:image

まずは虫さん、ゆたそさんと自走で登戸駅へ。
f:id:dobon96:20220506131900p:image

駅にて合流した輪行組は、真嬉さんと、むっちんさん!!!!

むっちんさんは職業上のコロナの方針により、長らくライドに参加出来なかったのだ。
f:id:dobon96:20220506132105j:image

むっちんさん「自転車に乗るの本当に3年ぶりだからね!!」

ゆたそさん「むっちんさんがいれば坂に連れて行かれないぞ?!」

真嬉さん「むっちんガードや!」
f:id:dobon96:20220506132036p:image

この日は白い大島ジャージはクロ1人だけ、ということでリーダー感を演出してみた。
f:id:dobon96:20220506131942j:image

さあ、まずは登戸駅から多摩サイを5kmほど走ってクロスコーヒーへ向かう。
f:id:dobon96:20220506132017j:image

とりあえずモーニングをいただく。
f:id:dobon96:20220506131844j:image

自転車は店内に停められて安心だ。
f:id:dobon96:20220506132628p:image

サイクルキャップがとにかく可愛いのであーでもないこーでもないと、なかなか本題に入らない。
f:id:dobon96:20220506131828j:image

さて、入り口に戻ってようやく「TEAM DAYS」というイベントの参加へ。

行く場所+することの2種類のくじを引いて、4人以上のチームで走って写真を撮ってくるのがこのイベントの趣旨だ。
f:id:dobon96:20220506131824j:image

クロ「峠で追い込んで追い込んで……?」

むっちんさん「デューク更家

これを引く前に、誰もが「地元じゃないから行く場所が母校だったら困るよね〜〜」と言っていたら本当にそのカードが出てしまい、引き直した。
f:id:dobon96:20220506131802j:image

峠と名のつく場所を探し、ランチ場所もGoogleマップで調べ、ざっくりコースを作っていざ出発!

f:id:dobon96:20220506160629j:image

ゆたそさん「デューク更家ってこんなポーズだったっけ????」
f:id:dobon96:20220506131840j:image

久しぶりのむっちんさんがいるので30kmほどのポタリングへ。
f:id:dobon96:20220506132027j:image

尾根幹沿いのツツジが見事なこと。
f:id:dobon96:20220506131745j:image

ほとんど登りじゃないか……という道をゆるゆると走り、
f:id:dobon96:20220506131948j:image

目的地とした見晴らし台へと続く道の入り口へ到着した。

f:id:dobon96:20220511094008j:image

これ?!!!!!!!

f:id:dobon96:20220506155938j:image

Googleマップの自転車案内で行けるとはいうが、そこはオフロードのハイキングコース。
f:id:dobon96:20220506132112j:image

一応少し押し歩いてみたが、これが1km続く。舗装路はない。
f:id:dobon96:20220506131756j:image

諦めかけたが、もうひとつその見晴らし台に続く入り口を発見!
f:id:dobon96:20220506131952j:image

真嬉さん「ここかぁ、めっちゃ階段!!」

そう……見晴らし台に行くにはハイキングコースか階段の2択だったのだ。
f:id:dobon96:20220506132004j:image

我々は自転車を担ぎ、これもお題の「峠で追い込んで追い込んで」の一環とし……
f:id:dobon96:20220506131817j:image

なんとか、登りきった。
f:id:dobon96:20220506131935j:image

その名は、防人見返りの峠(多摩丘陵パノラマの丘)である。ちなみにこれはやられ感を演出してくれた虫さん。
f:id:dobon96:20220506131753j:image

お題に沿ってデューク更家ポーズをキメる。
f:id:dobon96:20220506131851j:image

自転車で来る場所ではないが、眺めはとてもいい。多摩ニュータウンと、その向こうの山々が富士山も含めてたっぷり見渡せる。
f:id:dobon96:20220506131913j:image

峠で追い込んだ感じを演出する我々。このあとまた、自転車を担いで元来た道へと出るのだった。
f:id:dobon96:20220506131848j:image

これはカナヘビを見つけたゆたそさん。
f:id:dobon96:20220506132031j:image

さあ、階段でやられきったあとは、多摩川を渡って10kmほどのランチ場所へ。
f:id:dobon96:20220506132056j:image

気候に恵まれたので復帰戦には持ってこい。

f:id:dobon96:20220506131821j:image

目指したのは「EGGS KITCHEN by 長生たまご館」というところ、だったのだが……残念ながらランチはお休みだった。

こちらはたまごの直売所なので無休のようなのだが、ランチの営業はランダムのようである。インスタのチェックをして今度はばっちり食べに行きたい。

f:id:dobon96:20220506161720j:image

その代わりに、調べてやってきた近くのお店がこちら!
f:id:dobon96:20220506161723j:image

「428cafe+」という、なんと一ヶ月ほど前にオープンしたばかりだというオシャレすぎる古民家カフェだ。店内もあり、かなーり広いのだがすでに満席。ありがたく、テラス席に座らせてもらう。

f:id:dobon96:20220506131921p:image

スタッフさんたちも多く、お店のさまざまな場所にこだわりが感じられる。
f:id:dobon96:20220506131855j:image

メニューはランチと、特に甘味が豊富だ。
f:id:dobon96:20220506131739j:image

また、果実研究所の名の通り、こちらで作っているジャムも売られている。
f:id:dobon96:20220506131808j:image

こちらは味噌蔵を改装したというギャラリー。混んでいて展示は見られなかったが、素敵だった。
f:id:dobon96:20220506131929j:image

黒米と新鮮野菜のハヤシライス。これがまた、完熟トマトを感じさせるハヤシのソースで、とにかく美味しかった。

素敵なお店ですっかりのんびりしてしまった。
f:id:dobon96:20220506132140j:image

さて、ここからはクロスコーヒーへと戻る道だ。
f:id:dobon96:20220506131945j:image
f:id:dobon96:20220506131749j:image

少し寄り道に、気になるパン屋さんを覗いたが本日はお休み。
f:id:dobon96:20220506131805j:image

木漏れ日のいい感じの道を通って、多摩サイへ。
f:id:dobon96:20220506132010p:image

府中の森公園のあたりはバーベキュー客でごった返しており、とても安全に走行できるような状態ではなかった。
f:id:dobon96:20220506132125p:image

人を避け、自転車を避け、GWらしいそれなりに賑わう多摩川沿いを慎重に走る。
f:id:dobon96:20220506132046p:image

無事にミッションをこなしてゴール!と、思ったら……
f:id:dobon96:20220506132132p:image

Oくん「うわ!見慣れたジャージがいるなと思ったら!」

昨年の大島以来にOくんとばったり遭遇、素晴らしい偶然もあるものだ。
f:id:dobon96:20220506132023j:image

抹茶プロテインで一息入れて、
f:id:dobon96:20220506132108j:image

かねてより気になっていたオーダージャージについてご相談。ふんわりと話を聞きにきた我々に、スタッフさんはていねいに付き合ってくださった。
f:id:dobon96:20220506131759j:image

なぜかお腹が空いてワッフルタイム。
f:id:dobon96:20220506131932j:image

さあ、輪行組を登戸駅まで送り届けるのだ。
f:id:dobon96:20220506131735j:image

西日の多摩サイを追加で5kmほど走って、
f:id:dobon96:20220506131742j:image

本当のゴール!

これにてむっちんさんの復帰戦&帰ってきたTEAM DAYSは無事に終了した。
f:id:dobon96:20220506132052j:image

3年ぶりとは思えない、しっかりとした走りを見せてくれたむっちんさん。何年ぶりであろうと一緒に走れて本当に本当に嬉しい。そして、何年経とうといつまでもサドルの上で待っていられる自分だいたいものだ。
f:id:dobon96:20220506132117p:image

真嬉さんとむっちんさんのお見送り。真嬉さんは、なんならまた明日も会うのであった。
f:id:dobon96:20220506131938j:image

さあ、あとはゆたそさん、虫さん、クロのご近所組3人で帰路につく。日没が迫り、渋滞を避けたい虫さんがガンガン踏み、結構なハイテンションで飛ばして帰ってきた。
f:id:dobon96:20220506131957p:image

ゆたそさん「お腹すいた!!!」

クロ「お腹すいた!!!!」

ワッフルはどこへ行ってしまったのか??f:id:dobon96:20220506132020j:image

結局、あと数キロが保たず、すっかり暮れた空を眺めながらコンビニで食べることにした。なんともいえぬ生きてる感……なんだかいい夜だった。
f:id:dobon96:20220506131833p:image

ゆたそクロ「わかんないっピ」

 

何がなんだかわからないが、明日もまたこんな日が待っているのである。

今日もお疲れ様でした!(からあげくんと魚介豚骨つけ麺は食べすぎた)

 

 

 

 

 

2022GW前半!大雨降雪とお馴染み荒川峠

 

やっと何の制限もないGWが到来した。

GWはたくさんチャリに乗るぞ! そう心を決めて「梅雨の走り」の予報。結果として、前半は自転車予定だった4/29と5/1がドンピシャで荒天という悲しい幕開けになったのだった。

 

・4月29日 

この日は午後から6mm以上の雨。

ということで、午前中だけキャリミと小径車でパン活真嬉さん、虫さん、ゆたそさんとクロでウロウロした。

f:id:dobon96:20220503153227j:image
f:id:dobon96:20220503153231j:image

f:id:dobon96:20220503153336j:image

モーニングをしてから、移動して持ち帰り用のパンをゲット。

f:id:dobon96:20220503153403j:image

降りしきる雨を見ながら、お茶をしたり早い夕食をしたりするなどしてしゃべり倒した。

 

・5月1日

本当は渋峠をライドする予定だった……!!!!!!!(大声)

メンバーとの予定のすり合わせ、車の都合、雪の回廊のためGW前半に、との計画からめちゃくちゃ悪天候にぶち当たった。

ハイパースケジュールでばんばんさんに運転していただき、きいさん、真嬉さん、虫さん、ゆたそさん、クロでドライブへ。

f:id:dobon96:20220503160711j:image

早朝ドライブのイメージ映像兄者。
f:id:dobon96:20220503160624j:image
f:id:dobon96:20220503160613p:image

高坂SAでひと休憩。
f:id:dobon96:20220503160535j:image

f:id:dobon96:20220503160559j:image

たどり着いた渋峠の道々は、めちゃくちゃガスっている。
f:id:dobon96:20220503160554j:image
f:id:dobon96:20220503160708j:image
f:id:dobon96:20220503160627j:image

雪の回廊も今年は高さも白さもバッチリだ!
f:id:dobon96:20220503160543j:image
f:id:dobon96:20220503160525j:image

ここにくるのは2016年以来。
f:id:dobon96:20220503160502p:image
車なのでわんぱくも連れてきました!

f:id:dobon96:20220503160510j:image
f:id:dobon96:20220503160638j:image

野生の刀剣男士が現れた。
f:id:dobon96:20220503160714j:image
f:id:dobon96:20220503160645j:image

渋峠ホテルであたたかくティーブレイク。
f:id:dobon96:20220503160521j:image
f:id:dobon96:20220503160546j:image

シナモントーストが天才!!
f:id:dobon96:20220503160532j:image

天候のせいか、マーカスくんは眠そう。
f:id:dobon96:20220503160557j:image

すかさず雪合戦するきいさんと虫さん。
f:id:dobon96:20220503160541j:image

ばんばんさんより雪壁高ーーーい!
f:id:dobon96:20220503160705j:image
f:id:dobon96:20220503160606j:image

帰り道はガスも晴れ、いい感じのつづらが見られた。
f:id:dobon96:20220503160609j:image

また、自転車で来られたらいいなあ。
f:id:dobon96:20220503160603j:image

草津の湯畑近くの光泉寺でお参り。
f:id:dobon96:20220503160656p:image
f:id:dobon96:20220503160631j:image

有名らしい遅咲き如来
f:id:dobon96:20220503160457j:image

草津の湯畑。
f:id:dobon96:20220503160651j:image
f:id:dobon96:20220503160621j:image

食べ歩きを楽しんだり、
f:id:dobon96:20220503160454j:image

ガラス工芸にうっとりしたり、
f:id:dobon96:20220503160717j:image
f:id:dobon96:20220503160518j:image
粋なお店で鍋焼きうどんを食べたりして、雨の観光&ドライブを楽しむことができた!

 

 

・5月2日

そして念願の晴れの日!!

と思ったら曇りがちで風が強く、なんだか寒い……。

f:id:dobon96:20220503160732j:image

久しぶりの荒川ライドだ! 本日も、真嬉さん、ゆたそさん、虫さん、クロの4名。

f:id:dobon96:20220503160842j:image

気になっていたマックの信玄餅パイを食べて、いざスタート!甘さ控えめで美味しかった。

f:id:dobon96:20220503172221j:image
f:id:dobon96:20220503172120j:image

鯉のぼりだ!

桜に続き、季節感のある光景を楽しむ。自転車といえばコレコレという感じ。
f:id:dobon96:20220503172047j:image

前日の雨で荒川に一部ウェットな箇所が!
f:id:dobon96:20220503172135j:image

荒川といえばの岩淵水門〜〜
f:id:dobon96:20220503172138j:image

クロ「尻が!尻が冷たい!!」

ゆたそさん「でも上はめっちゃ暑い……」
f:id:dobon96:20220503172200j:image

平日であることも手伝ってか、子どもの野球観戦などがないため、サイクリングロードが空いていて走りやすい。
f:id:dobon96:20220503172123j:image

荒川を離れ、我々は浦和を目指す。
f:id:dobon96:20220503172112j:image

それなりに煩雑なゾーンを走るので、注意深く進み……
f:id:dobon96:20220503172218j:image

別所沼公園、のどかで美しい公園だった。多くの人が等間隔に場所を取り、休憩する姿が見られた。
f:id:dobon96:20220503172231j:image

そして、数年ぶりに訪れたのは「肉&自転車 ろーたす」さんだ。ブルベの懇親会お邪魔した以来である。
f:id:dobon96:20220503172043j:image

塩豚の美味しいランチ! 肉を食べたい欲も満たされ、後味もすっきり。なぜかバグり気味の私は、この時点で「もう少し食べたい」の気持ちがカンストしていた。
f:id:dobon96:20220503172103p:image

この後岩淵水門近くのカフェに行く予定だったが、閉まってしまいそうなので、急遽調べたお店へ……

f:id:dobon96:20220503172215j:image

不思議な国のアリスがごとくの細道脇道裏道を通る。
f:id:dobon96:20220503172040j:image

横断するのはいいが、絶対に走りたくない交通量の道路。
f:id:dobon96:20220503172224j:image

これでそのまま「びじょぎ」と読むのだ。
f:id:dobon96:20220503172115j:image

最後の最後に横断歩道を越えて、
f:id:dobon96:20220503172118j:image

滑り込んだは住宅街。
f:id:dobon96:20220503172203j:image

そして、お目当てのこちら「CAFE chillows 173」へと到着!
f:id:dobon96:20220503172233j:image

広場の半屋内のテーブル席と、常連さんとご主人が楽しんでいるカウンター席とがあった。

デザートを食べられたら、という気持ちで来たが、この日はデザートはなくなってしまっていたので、代わりに甘い系のオープンサンドを注文した。

オープンサンドにはサラダとスープとドリンク、デザートもつく。これは実質2回目のランチでは?????
f:id:dobon96:20220503172108j:image

犬をかたどったハムの可愛いサラダ。
f:id:dobon96:20220503172029j:image

個数の都合ですべて切り分けてもらい、皆でシェアしたオープンサンド。最高のパーティーになった。

味はチョコバナナ、ブルーベリー&クリームチーズ、そしてピザチーズ(ウインナー)だ。いやこれがもう本当に全部美味しくて、2回目のランチだということも気にならない。
f:id:dobon96:20220503172207p:image

さらには、食後に想像以上のデザートが提供された。
f:id:dobon96:20220503172151j:image

オレンジ、ほうじ茶ゼリー、さらにはお菓子まで……。お皿に盛られたお菓子のなんともいえない実家感。
f:id:dobon96:20220503172025j:image

こちらはカウンター席の様子だ。とにかく素敵なお店だった。
f:id:dobon96:20220503172247p:image

元競輪選手のご主人・稲垣さん。いろいろお話ししてくださり、とても楽しい時間を過ごすことができた。次は日替わりランチもぜひとも楽しみたい。

f:id:dobon96:20220503172129p:image

さて、荒川に戻るか〜〜とお店を出てすぐのダート。ゆたそさんの悲鳴が響き渡る。
f:id:dobon96:20220503172034p:image

ご機嫌な真嬉さんの写真だが、後ろに迫るは雨雲。なんだか湿っぽい風と雲が厚い。f:id:dobon96:20220503172143p:image

ゆたそさん「ねえ…!!風強い!!!!」

真嬉さん「雨雲レーダー的にはまだ大丈夫だと思うんだけど…!!!」

とにかく激しい向かい風、さすがの荒川峠だ。前を行く虫さんの背中にすかさず回るゆたそさんの様子。

f:id:dobon96:20220503172052p:image

虫さん「向かい風やっば!!!!」

ゆたそさん「あ〜〜人の後ろ最高〜〜」

虫さん「前出て」

ゆたそさん「わ わかんないっピ🤪」f:id:dobon96:20220503172227j:image

強風をものともせず走りながら、途中でゆたそさんにも靴のプレゼンタイム。ゆたそさんの靴を履こうとしたら小さくて足が折れ曲がった。
f:id:dobon96:20220503172058j:image

クロ「この橋めっちゃ新荒だわ〜」

真嬉さん「色もそんな感じあるよね」
f:id:dobon96:20220503172154j:image

風が強い強いと言いながらも、気づけば北千住方面まで戻ってきていた。
f:id:dobon96:20220503172157j:image

電車などを考慮し、少し早めの解散!

しかしこの後、真嬉さんは雨雲に追いつかれ、自走帰宅中にドッチャドチャに濡れて帰ったのだという……。

 

こうして幕を開けた長めの連休。

真嬉さん、ゆたそさん、虫さん、クロの4名は、残りのゴールデンウィークも部活かのように会い、ライドをする日々が待っているのである。

今日もお疲れ様でした!( そして毎日真剣乱舞祭配信)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春は出会いの季節、伊豆大島ライド

 

春なので、今年も行くぞ伊豆大島

でも、捻挫から2週間のクロは浜松町駅から竹芝ふ頭までの長い輪行担ぎに不安があった……。

f:id:dobon96:20220425184047j:image

というわけで、新宿駅から走って竹芝を目指そうの試み。たまたま時間が確保できたので、いざ都会の夜を走る!
f:id:dobon96:20220425184217j:image

かつてキャリミで会社と往復していたから私は知っている。
f:id:dobon96:20220425184057j:image

都会の夜はマジで全人類憎む感じになるのだ。
f:id:dobon96:20220425184123p:image

クロ「ナイトライドだ~!都会の夜だ~~!」

虫さん「ヒエーー路駐こわい!車こわい!!」
f:id:dobon96:20220425184051j:image

とにもかくにもとんでもねえ運転だらけ。あと逆走自転車もあぶない。

虫さん「ならず者ーーーーー! ならず者ばっかりやんけーーー!!!!!」
f:id:dobon96:20220425183953j:image

クロ「日本橋さんの200kmブルベとかはさ、こういう都会を走ってゴールするんでしょ……」

虫さん「私たち、かつての400夕方ゴールですらすごかったもんね……」

クロ「すご……こわ……」
f:id:dobon96:20220425183937j:image

とはいえ東京タワーはきれい。
f:id:dobon96:20220425183652j:image

命からがら(?)浜松町駅まで走り、別方面から来た真嬉さん、きいさんと合流。
f:id:dobon96:20220425183611j:image

せっかく一度輪行を解くなら、と2人も合わせて一時間ほど早く待ち合わせをしてくれたのだ。そう、これも都会の夜でエモみを感じるため。
f:id:dobon96:20220425183924j:image
芝公園に到着! 今日の東京タワーは赤くないぞ!

f:id:dobon96:20220428091321j:image

ライドするにはとかく恐ろしいが、皆と東京タワー&ロードバイクの写真が撮れてハッピーだ。
f:id:dobon96:20220425184040p:image

うきうき自撮りタイム。
f:id:dobon96:20220425183912j:image

増上寺の大門を通り抜け、
f:id:dobon96:20220425184220j:image

ぴゅーんと竹芝ふ頭を目指す。
f:id:dobon96:20220425184016p:image

いつものファミマも見えてきた。ここで酒盛り用のアレコレを買い込む。

ここで、おにぎり(AJリフレクター)から「ブルベやってるの?」と男の人に声を掛けられたりもした。SRの話をいきなり振るのはこれいかにという不思議な思い出となった。

f:id:dobon96:20220428224213p:image

これはゆたそさんに送った一足先に行ってますの一枚だ。
f:id:dobon96:20220425184009j:image

と、そんなこんなで今夜も甲板パーリナイ!

夜行大島行は真嬉さん、きいさん、虫クロ。そして明日のジェットでゆたそさんが合流する。今回は5人の大島旅だ。

今回は自作のつまみも持ち込むという玄人っぷりで、きいさんが「牛すじポン酢ねぎまみれ」を、クロはとりあえず「ペペロンチーノ枝豆」と「こぼうの甘辛」を用意した。
f:id:dobon96:20220425184130j:image

大阪城の周回は……まだ続いているよ……。翠ジンソーダはそれにしてもうまい。
f:id:dobon96:20220425184103p:image

二時間ほどの宴を終え、船内消灯時間に合わせて就寝。やっぱり特2等を経験するとやめられねーぜ……。

 

・1日目
f:id:dobon96:20220425184153j:image

おはようございます。
f:id:dobon96:20220425183958j:image

5:55、伊豆大島に着弾。
f:id:dobon96:20220425183633j:image

岡田港に下船して、さるびあ丸としばしの別れを告げた。

f:id:dobon96:20220425183918j:image

まずは輪行をといて、
f:id:dobon96:20220425183940j:image

御神火温泉を目指す。しま→じまのパンも捨てがたいが、やっぱり朝の支度がゆっくりできるのと、朝ごはんが選べるので今回も御神火温泉に。
f:id:dobon96:20220425183608j:image

本当にすばらしい天気でよかった。
f:id:dobon96:20220425184313j:image

ちょうどロードバイクの姿勢になると、同じ高さにツツジの花壇が。むせかえるほどのツツジの香りがする。
f:id:dobon96:20220425184035j:image

虫さん「こっちの道だと獲得標高が50m少なくなる……!」

きいさん「どうあれ少ない方がいい!!」
f:id:dobon96:20220425184113j:image

御神火温泉到着。対岸にうすぼんやりと富士山があったようだ。
f:id:dobon96:20220425184150j:image

朝から豚丼をいただく。波浮までお昼にありつけないと思うと、ついつい食べたくなってしまうのだ。
f:id:dobon96:20220425184650p:image

支度を終えて、9:00頃発。10時台のジェットで来るゆたそさんを迎えに、ふたたび岡田へ逆戻り。
f:id:dobon96:20220425183659j:image

……の前に、本日の宿泊先である「ホテル赤門」へ。荷物だけを預けて、身軽にスタートを切った。

f:id:dobon96:20220425184713j:image

きいさん「ここ、今日何往復する……?」

クロ「今日はこの一回だけだよ! 順周で元町に戻るから、ここはもう通らないよ」

きいさん「やったーーーー!」
f:id:dobon96:20220425184718j:image

ゆたそさんの到着よりもだいぶ早かったので、上り返しになるとわかっていながら港までビューッと下る。
f:id:dobon96:20220425183640j:image

虫さん「私のSPDシューズ本当いいよ、おすすめ!!」

クロ「いや、このシューズは確かに本当にいいのよ」

ということで、真嬉さんやきいさんに履いてもらい、SPDペダルの自転車に試乗もしてもらうなどしてしばらく過ごす。

f:id:dobon96:20220428091342p:image

そして、定刻にゆたそさんが到着した。
f:id:dobon96:20220425183645p:image

ゆたそさん「真嬉さん、これチケット代。ありがとう!」

真嬉さん「大島で行われる取引www」
f:id:dobon96:20220425183929p:image

これは取引が成立した姿、しっかりと収めておいた。

そう、5月から6月にかけて、我らオタクの本領発揮。刀剣乱舞ミュージカルのライブ全国ツアー(???)が開催されるのだ。
f:id:dobon96:20220425183702j:image

取引も済み、5人そろったところで順周スタートだ。
f:id:dobon96:20220425184202j:image

晴天の大島最高ーーー!

ついでに、この晴れが愛おしくてたまらないような天気が明日襲ってくると思うと……唇をかみしめたくなってしまう。
f:id:dobon96:20220425184006j:image
f:id:dobon96:20220425183921j:image

お馴染みの上りをえっちらおっちら。
f:id:dobon96:20220425184135j:image

クロ「つきさば(※月と砂漠ラインの看板の意)どこだっけ~」

ゆたそさん「いやギザギザのあと(アップダウン)だからまだじゃね?」
f:id:dobon96:20220425184205j:image

結局看板はあったけど、そのあとももう少し上りがあったという毎度の記憶喪失詐欺。

f:id:dobon96:20220425183629j:image
f:id:dobon96:20220425183944j:image

観光バスが前方にいるので結構ひやひやしながらも、
f:id:dobon96:20220425184257j:image

爆風の中の筆島まで下る。
f:id:dobon96:20220425183656j:image

あんまりにもすごい風だったので、ぬい撮りなどはせずに記念撮影のみ。
f:id:dobon96:20220425184002j:image

いや、この日は本当に風が強い。何せ下りで押し戻されてしまうほど。
f:id:dobon96:20220425184254j:image

それでも、おなかのすきはじめた我々は走る。
f:id:dobon96:20220425184247j:image

皆「クダッチだ~~」

いつも気になるこの名前、昔の人が呼んでいた「音」が地名になったのではないか? という話が調べてみると出てきた。まあクダッチも気になるが、考えてみればカタカナ地名が伊豆大島にはいくつもあるので、島特有のものだったりするのかもしれない。

f:id:dobon96:20220425183915j:image

さて、今回波浮にて新地開拓。テントカフェなるものに調べてやってきた。
f:id:dobon96:20220425184029j:image

おお、食器や雑貨がたくさん。
f:id:dobon96:20220425184147j:image

テントにガーラント、ハンモックなど店内はすごく雰囲気がある!
f:id:dobon96:20220425184229j:image

お冷の代わりにと天然水、そしてウェルカムドリンクに瓶のジンジャーエールをいただいた。それだけでも感動ものなのに、店長さんと奥さんが気さくなこと!
f:id:dobon96:20220425184300j:image

これはミートソースオムライス。ボリュームもたっぷり、生野菜のサラダもあり、手が込んでいておいしい。ミートソースは甘味がある感じであった。
f:id:dobon96:20220425184214j:image

コーヒーに興味があるという話をしたら、御厚意で豆を挽かせてくださる体験も。5人で4種類の豆とクッキーを頼み、食後のコーヒータイム。
f:id:dobon96:20220425183618p:image

こういうブランコやハンモックがたくさんあって、かなり楽しませていただいた。
f:id:dobon96:20220425184232j:image

もとは西永福にある「たまじ珈琲」さんの豆たち。確かに個性的だがどれもおいしい。
f:id:dobon96:20220425184226j:image
f:id:dobon96:20220425184155j:image

ここでかなーり長いしてしまうくらい、本当に心地よい時間を過ごさせていただいた。こちらの店を営むご夫婦は、もはや「推し」といって過言ではない。
f:id:dobon96:20220425184159j:image

伊豆大島のランチタイムでお店に入ることはほとんどないので、これはこれでかなり良い。
f:id:dobon96:20220425184309j:image

こちら、常連さんなどが宿泊することもあるテント。またぜひお世話になりたいし、今度はお酒の飲めるディナータイムにお邪魔したい。

f:id:dobon96:20220428223803j:image
f:id:dobon96:20220428223800j:image

なばな食堂さん、本当に最高の時間をありがとうございました!!
f:id:dobon96:20220425184251j:image

素敵な店長さんご夫妻に見守られ、宿へ向かう15kmを走り出す。
f:id:dobon96:20220425183950j:image

夕食の時間が決まっているので、お風呂のためにも早く帰りたいところではあるのだが。
f:id:dobon96:20220425184211j:image

いつもなら立ち止まるバウムクーヘンも、今日は横目に通り過ぎる。そこまであせっていたわけではないが、ランチタイムで満たされきっていたともいえそうだ。
f:id:dobon96:20220425184208j:image

波浮から元町への15kmは登りも少なく走りやすい。
f:id:dobon96:20220425184858p:image

この写真はきいさん。ちょっと暑すぎる瞬間もあったが、元気で何よりだ。
f:id:dobon96:20220425184032j:image

橋の最後の上りをシュッとこなし……
f:id:dobon96:20220425185215p:image

元町へ迎う気持ちいい下りを経て、

f:id:dobon96:20220428223849j:image

結局1時間もかからずにホテル赤門へと戻ってきた。
f:id:dobon96:20220425184023j:image

赤門さんは猫ちゃんが多いなあという印象だが、このとはも車の下に一匹発見。
f:id:dobon96:20220425184139j:image

皆で猫ちゃんを見ている楽しい様子。このときクロはチェックインに向かっていた。
f:id:dobon96:20220425184116j:image

この部屋の本来の読み方は「ささらえ」だが、江と書いたら「ごう」と読むのが刀の者である。

クロ「ささらごうじゃん……」

ゆたそさん「江るでんうぃーく来ますね」

クロ「もう周回したくないよ〜」
f:id:dobon96:20220425184243j:image

予定よりも少し早くついたので、さっき寄れなかったトリトンさんへアイスを買いに。
f:id:dobon96:20220425183636j:image

あとで部屋で食べようということで、それぞれにアイスをチョイス。部屋の冷蔵庫冷凍スペースがあることを確認したので抜かりない。
f:id:dobon96:20220425184322p:image

ゆったりと露天風呂を楽しんだあとは、夕食の王道和食。というわけでディスタンス乾杯~~!
f:id:dobon96:20220425183626j:image

おいしいご飯を楽しみ、寝落ちるまで周回を頑張って、日付が変わるころには消灯した。

 

 

・2日め

 

※ここからはドチャドチャに雨なので、自転車には一切乗っていません!

とりあえずの朝露天と、完全に雨降りの天気を再確認。

 

f:id:dobon96:20220426060451j:image

赤門さんの朝ごはんは多すぎずちょうどいい。が、ゆたそさんが寝起きとともに胃が死んでいる。
もうどうにもならない我々に、ホテル側がご厚意で車で送迎をしてくれることになった。他のお客様を送ったあとで、乗せていただくことに。
f:id:dobon96:20220426060409j:image

チェックアウト後、車の準備が整うまでのスーパー猫ちゃんタイム。
f:id:dobon96:20220426060723j:image

掃除機嫌いの愛想のいい猫ちゃんだ。
f:id:dobon96:20220426060412j:image

タクシーで去っていくお客さんを見送る猫ちゃん。
f:id:dobon96:20220426060415j:image

なごなご。本当に愛想のいい子だ。ホテルの方曰く、勝手に入ってくるようになったけど、かわいそうで追い出せないとのことだった。
f:id:dobon96:20220426060808j:image

さて、送迎の準備が整った。はじめはそのままでいいと言われたが、どうにも5台は難しそうなので、輪行にして積み込むことに。
f:id:dobon96:20220426060708p:image

まるで修学旅行気分の我々。

たまにロードバイクの方を送迎することもあるということなので、お言葉に甘える。伊豆大島は予期せぬ土砂降りというのもよくあるものだ。
f:id:dobon96:20220426061257j:image

11時頃には岡田に荷物を置いたので、出向の14時半まではかなりある。港にいるのもな~~ということで、雨のお散歩タイム。
f:id:dobon96:20220426060756j:image

初めての「島ぐらしカフェchigoohagoo」というところへ向かってみるが、人数の都合で断念。
f:id:dobon96:20220426060805j:image

変わった建物の中に画廊があり、お休みではあったがちょっと気になるスポットだった。
f:id:dobon96:20220426060358j:image

岡田港の向かいのお土産屋さん、一峰の上の軽食屋さんへと向かう。二階のこちらも名前は「一峰」だ。
f:id:dobon96:20220426060437j:image
ホットケーキでブランチタイム。王道のメープルシロップとバターが最高だ。
f:id:dobon96:20220426060443j:image

軽くお腹を満たしたあとは、実は今まで一度も行ったことがなかった近くの神社へ。
f:id:dobon96:20220426060418j:image

苔むした階段とあいにくの雨が、逆に雰囲気を醸し出している。
f:id:dobon96:20220426060759j:image

まずはここ、龍王神社という。この大島にあって、一度も天災に遭ったことがないらしい。
f:id:dobon96:20220426060440j:image

お参りを済ませて……

f:id:dobon96:20220428221838j:image

なんか刀ステ意識みたいな記念撮影。この階段、かなり狭くて滑る。
f:id:dobon96:20220426060814j:imagef:id:dobon96:20220426060736p:image

お馴染みの坂を歩道や階段を使ってぐるりと回り……
f:id:dobon96:20220426060729j:image

今度は、八幡神社を目指す。
f:id:dobon96:20220426060448j:imagef:id:dobon96:20220426060407j:image

このしめ縄で区切られた空間がなんとも思わせぶりでいい。
f:id:dobon96:20220426060626j:image
f:id:dobon96:20220426060745j:image

こちらもお参り。
f:id:dobon96:20220426060424j:image

晴れていたら、鳥居の奥に海が見渡せる景色はさぞエモかっただろう。雨は雨で思わせぶりでいいのだが。
f:id:dobon96:20220426060445j:image

イエーーーーイ! いつでも5歳!!
f:id:dobon96:20220426060811j:image

レインウェアから生まれた可哀想な生き物。これは虫さんである。リュックを背負うと背中がキメラになり、猫すら逃げる。
f:id:dobon96:20220428223913j:image

出航前の仮眠。なぜなら、船上では酒盛りをしなくてはならないからである。
f:id:dobon96:20220426060430p:image

めちゃくちゃ雨が強くなってきたが、帰りのさるびあ丸が到着した。
f:id:dobon96:20220426060353j:image

f:id:dobon96:20220426060401j:image

それなりに濡れながらも何とか乗船。いやあ今回も半分雨だったが楽しかった。
f:id:dobon96:20220426060816j:image

15:00に閉まるレストランへ急いでつまみを買いに行き、
f:id:dobon96:20220426060720j:image

もはやこなれたパーティータイムの始まりだ!
f:id:dobon96:20220426060403j:image

飲み会を数時間楽しんだ後、横浜からはクルージングのお客さんたちが乗ってくるのステージから撤退。

カップル向け(?)に用意された背景とキメラ。
f:id:dobon96:20220426060802j:image

竹芝で本当に雨は止むのか?というくらいの関内の雨っぷり。
f:id:dobon96:20220426060731j:image

いつ見てもコスモの光はたまらない。
f:id:dobon96:20220426060726j:image

受付ネコちゃんのコロナ対策も可愛かった。
f:id:dobon96:20220426060749p:image

さて、楽しい船旅もいよいよ終わり。船に積まれた輪行袋はもう我々だけになっていた。
f:id:dobon96:20220426060717j:image

結局雨がわりと降っていたので歩行者デッキを使って竹芝から浜松町駅まで自転車を担いで歩いたが、捻挫マンにはこれまで足を庇ってきた腰へのダメージがでかかった。

足より腰!!!!!!
f:id:dobon96:20220426060742j:image

というわけで、やられ気味のピースを作って今回の大島旅は終了。

春といえば出会いと別れ、何度でも伊豆大島の魅力を発見し、最高な気分で旅を終えるのだった。

f:id:dobon96:20220428222913j:image

今日もお疲れ様でした!(アサヒスーパードゥラァアアイ!!!!!!)

 

 

 

 

いきなり夏日到来、捻挫様子見ライド

 

前回のブログでも触れたのだが、そう。

捻挫をしたのだ。

アスレチックの木の螺旋階段めいたものを下りようというときに、右足が板と板の間にはまり、そのまま体重がかかってしまったという。

しかし、季節はローディーも冬眠から覚めるすばらしき春。これから予定も目白押しということで、捻挫から数日経過していたが整形外科に向かった。

レントゲンを取り、足の甲かと思いきや、足首のやや外側の捻挫という診断。骨に以上はなかった。

ロードバイクに乗ってもいいですか?」

ロードバイクは大丈夫です」

「運動してもいいくらいなんですね」

「運動はだめだけど、ロードバイクだったら大丈夫」

そんなわけで、医者のお墨付きをもらい、いざ様子見のゆるポタへと出かけた。

f:id:dobon96:20220415142208j:image

本日もメンバーはゆたそさん、虫さん、クロ。キャリミでも行けるくらいの近所で、モーニングのパン活。歩くよりよっぽどロードバイクに乗る方が足は楽だ。
f:id:dobon96:20220415142156j:image

おいしそうなパンが満載で目移り……。
f:id:dobon96:20220415142313j:image

アイスコーヒーとタルタルフィッシュサンドで大満足だ。

ゆたそさん「今日のライドの本題は大阪城周回だから」

虫さん「小判稼がなきゃ~~~」
f:id:dobon96:20220415142414j:image

源平桃的なやつだろうか? よく見ると、結構この2色の花がひとつの木に咲くタイプはよくあるようだ。
f:id:dobon96:20220415142358j:image

しかし、暑い。
f:id:dobon96:20220415142246j:image

ゆたそさん「先週とか冬ビブ大勝利だったのにな〜〜」

クロ「今日は夏装備だね」
f:id:dobon96:20220415142202j:image

かつて、おじさまライドで来たことがあったような。ロードでメインの目的地にするには近く、キャリーミーでは少し骨が折れる距離。
f:id:dobon96:20220415142259j:image

ずっと気になっていた、「東京みるく工房ピュア」へやってきた。かの有名(?)な、あいす工房ラッテの隣の牛乳工場である。
f:id:dobon96:20220415142244j:image

牛乳だけでなくジェラートやヨーグルトも売っていた。
f:id:dobon96:20220415142402j:image

食券を買い、
f:id:dobon96:20220415142309j:image

さっそくダブルで注文する。

f:id:dobon96:20220415142302j:image

ラムレーズンとココナッツミルク。どれもこれもミルク感が強く美味。コクというか、濃厚というか……ココナッツに至ってはココナッツファインも入っていてザクザクする。
f:id:dobon96:20220415142153j:image

こちら真米トンネル。

クロ「なんで読むんだろ?まごめ?」

虫さん「いや、実はしんべいトンネルかもしれないよ」
f:id:dobon96:20220415142430j:image

ウキウキと走っているが、風だけは春を感じるものの気温はじんわり初夏。アイスの他に牛乳を飲んだ虫さんが、乳脂肪分負けを訴える。
f:id:dobon96:20220415142408j:image

さて、捻挫した足もライドをする分には問題ないので、軽ーく登っていこうかと城山湖の展望台へヒルクライム
f:id:dobon96:20220415142215j:image

ゆたそさん「めっちゃ登ってない?」

虫さん「あ、間違えて一番斜度のあるルートにきちゃった」
f:id:dobon96:20220415142421j:image

短いながらも城山湖ルートの中ではぐぐっと登るところをじわじわと……。
f:id:dobon96:20220415142418j:image

頂上にはまだ桜が咲いていた。ということで、無事にゴール。
f:id:dobon96:20220415142433j:image

今日もささやかながら登った登った!
f:id:dobon96:20220415142411j:image

ソールが硬いので足がぐねぐね動かず痛くなりにくいのだった。
f:id:dobon96:20220415142222j:imagef:id:dobon96:20220415142219j:image

さて、元来た道をピュッと下って……
f:id:dobon96:20220415142253j:image

目指すは橋本のゼブラ。とにかく休憩してばかりのライドだが、今日は隙さえあれば大阪城を掘らなきゃいけないので仕方がない。
f:id:dobon96:20220415142212j:image

満腹なのにめちゃくちゃ目を引く唐揚げの看板。おはなしがハッピーを生むっピ。

f:id:dobon96:20220415142427j:image

橋本ゼブラに到着。ほとんどの移動距離は10km未満というゆるゆるぶり。
f:id:dobon96:20220415142158j:image

虫さん「何階周るのが効率いいかな〜」

ゆたそさん「とりあえず資材があふれるほどあるから99でもいいんだけど刀装がな」

クロ「とりあえず私は99階までまず駆け抜けるぜ」
f:id:dobon96:20220415142237j:image

ついでに、ゼブラからほど近い「相模原氷川神社に参拝する。御朱印など力を入れている神社で、この日は人はいなかったが華やかそうな雰囲気があった。
f:id:dobon96:20220415142405j:image

鳥居と風車。
f:id:dobon96:20220415142317j:image

春の風で風車が軽やかに回っている。
f:id:dobon96:20220415142231j:image

こちら、桜の時期限定の御朱印。さくらまつりは終わってしまったが、そこかしこにお祭りの名残が。
f:id:dobon96:20220415142228j:image

御朱印をいただいた窓口で、神主さんから緑の桜が鳥居の横にあると聞き、見に戻る。
f:id:dobon96:20220415142249j:image

本当に緑色だ! 淡く可愛らしい色だ。
f:id:dobon96:20220415142424j:image

名を御衣黄(ぎょいこう)」というらしい。
f:id:dobon96:20220415142204j:image

最後の寄り道に、先週のライドで行った「カフェオギッソ」さんで勧められた相模原のパン屋へ。
f:id:dobon96:20220415142234j:image

こちら、「パン・ド・クルー」という。むかーーしむかし、ロードバイクを始めたばかりの時に一人できたことがあった(16号の恐怖におののき一度だけしか行かなかったが)
f:id:dobon96:20220415142306j:image

夕方だが続々とパンが。売りはコッペパンとメープルデニッシュのようだ。
f:id:dobon96:20220415142241j:image

テラス席でコッペパンおやつタイム。

カフェオギッソさんのサンドイッチのパンは神ちらのお店のものを使っているということで、食パンを背負って帰った。

f:id:dobon96:20220420185403j:image

捻挫はというと、最終的にはぶっくぶくに足がむくみ、右足を庇っているフシがあるせいで身体中が凝るという結末にはなったが、とりあえずライドはできそうなので安心だ。

f:id:dobon96:20220420185547j:image

今日もお疲れ様でした!(寝ても覚めてもソシャゲ周回)

 

 

 

 

知ってる場所へ知らない道で、宮ヶ瀬カフェライド

虫さんのハッピー有休消化の一環として、ご近所組のゆたそさん、虫さん、クロで前々から気になっていた場所にライドに向かった。

 

虫さん「今日のライドの議題、三日月宗近

ゆたそさん「それよ」

f:id:dobon96:20220408174629p:image

目指すは宮ヶ瀬湖 おじさまライドをしていた5年以上前にはよく行っていたが、最近はまったくだ。
f:id:dobon96:20220408174643j:image

15℃、曇天。全然あったかくない。

ゆたそさん「二人とも夏レーパンで平気?」
f:id:dobon96:20220408174554p:image

全然通ったことのない、のどかな道へ突入。
f:id:dobon96:20220408174334j:image

曹洞宗のでっかい寺の後ろ、斜めに登っていくガードレールを見ながら、まさかあそこはルートじゃないよね……?!と戦々恐々。
f:id:dobon96:20220408174640j:image

Googleマップの案内で本日は大冒険。
f:id:dobon96:20220408174603j:image

ゆたそさん「いや、登るじゃん!!!」

クロ「ウケる」
f:id:dobon96:20220408174600j:image

初めて走ったこの綺麗なところ、たぶん「小鮎川」沿いだったのではないだろうが? Googleくんの案内はいつでも大冒険なのだ。
f:id:dobon96:20220408174719j:image

都心ではほぼ葉桜となった桜も、宮ケ瀬に近づくにつれまだ満開。
f:id:dobon96:20220408174243p:image

話も弾む、気持ちのいい道だ。会話の内容は自ジャンルのイベントでいかに敵をせん滅するかといったものではあるのだが……。f:id:dobon96:20220408174705p:image

虫さん「あと10kmで……500アップくらいはするはずなんだけどな~~」

ゆたそさん「激しい登りがないままジワジワ距離だけ縮まってる気がする」
f:id:dobon96:20220408174625j:image

Googleマップくんお得意の未舗装路。自転車ルートで出しているということは、地元の人はママチャリでここを駆け抜けるのか?
f:id:dobon96:20220408174617p:image

ゆたそさん「これロードで通るとこじゃないっぴ……」

クロ「まあこのメンツならどんな道になってもいいかな感はある」
f:id:dobon96:20220408174741j:image

そうこうしているうちに清川村にイン。昔懐かしい練習コースを走る。
f:id:dobon96:20220408174858p:image

道の駅清川で上り前のトイレ休憩。ブルベをはじめたばかりの頃、リタイアした土山峠から歩いてここまで戻ってきたな……なんて古い記憶が。それ以来の訪問だ。
f:id:dobon96:20220408174853j:image

そういえば、ゆたそさんが新規導入したアウターシェルのハンドルバーバッグ。こいつが欲しくてたまらない昨今。シャリポケットは便利だが、だいぶくたびれてきたので、ハンドル回りの気分転換をしたいところである。
f:id:dobon96:20220408174713j:image

このへん、プリンを食べるライドなどで通ったことのあるエリアだ。
f:id:dobon96:20220408174606j:image

さて、そうこうしているうちに最後の上りへ。勝手知ったる土山峠である。こんなところ、歩いて下ってきたなんて……しかし長い。
f:id:dobon96:20220408174725j:image

土山峠は似たような景色が続くので、まさに終わる終わる詐欺。だが、ちょっと開けれバス停とともにその終わりが見える。インテリジェンス陸奥守の話などして乗り越えた。

f:id:dobon96:20220408174538j:image

てっぺん! いい感じに後ろに桜が見えてうれしい。
f:id:dobon96:20220408174716j:image

あとはビューーンと下るだけ。
f:id:dobon96:20220408174710j:image

桜はきれいだが、四月とは思えないくらい寒い。さっきまで汗ばんでいたせいで余計だ。
f:id:dobon96:20220408174328j:image

が、ようやく目的地が見えてきた。これまでも存在は知っていたのだが、あえて立ち寄ったことのなかった「カフェ オギッソ」だ。

サンドのバス旅でテレビに出ていたのを見てから、ずっと気になっていた店だ。
f:id:dobon96:20220408174331j:image

下流では水が少ないように見えた宮ケ瀬湖も、ここでは特に問題がないように感じる。
f:id:dobon96:20220408174610j:image

きれいな景色だし、時刻はオープンの11:00なのだが、嘘みたいに寒い。
f:id:dobon96:20220408174308j:image

少しだけオープンを待って、無事に入店。2022年4月現在は、席数を減らしているので予約をしておくのが確実らしい。少し早めについたら、店内に声をかけてほしいとあった。

私たちは3人で訪れたが、入店同時に数組のお客さんが来店し、店内はあっという間に埋まってしまった。
f:id:dobon96:20220408174728j:image

お見事!!! BLTサンド
f:id:dobon96:20220408174305j:image

目玉焼き、このボリューム! パン自体は甘さを感じる、おいしいぞ。
f:id:dobon96:20220408174622j:image

そしてコーヒーとロールケーキ。
f:id:dobon96:20220408174301j:image

虫さんが頼んでいたたまごサンドが名物のお店なので、ロールケーキも得意なんじゃ? と思ったが。ズッシリ、おいしい!!
f:id:dobon96:20220408174312j:image

ちなみにこれ、ロマンティックすぎるトイレの演出である。あまりにも三日月の心情(刀剣乱舞イベント内の、なんか思わせぶりな背景)を思わせたので笑ってしまった。
f:id:dobon96:20220408174654p:image

換気している店内も寒かったが、外はもっと寒い。
f:id:dobon96:20220408174315j:image

虫さん「予報は19℃だったのに!!!!寒い!!!!」

ゆたそさん「冬ビブ 大勝利」
f:id:dobon96:20220408174547j:image

そして、一同はオギノパンを目指し……
f:id:dobon96:20220408174545j:image

絶対登りたくない虫さんの強い精神のもと、宮ヶ瀬ダム内を押し歩き。これで渡ってしまうのが一番だ。
f:id:dobon96:20220408174258j:image

イエーーーーイ!
f:id:dobon96:20220408174255j:image

ゆたそさん「かちくのにおい」

虫さん「寒いからジェラートはまた今度!」

というわけで、服部牧場を通り過ぎる。
f:id:dobon96:20220408174700j:image

ほとんど登らずに、数年ぶりのオギノパンへとやってきた。
f:id:dobon96:20220408174550j:image

外は閉まっている……と思いきや、揚げパンは店内でたくさん提供されていた。
f:id:dobon96:20220408174535j:image

店の外のイートインスペースはコロナで長く使われていないようだが、テイクアウトはできる。
f:id:dobon96:20220408174722j:image

熱々のうちに揚げパン食べたい!ということで、オギノパンから少し下り、相模川を眺めつつピクニック。
f:id:dobon96:20220408174636j:image

ゆびむっちゃんと。いつまでも川のほとりで揚げパン食える我々でいたい。
f:id:dobon96:20220408174732j:image

山には桜がけぶる。
f:id:dobon96:20220408174340j:image

あとは勝手知ったら道のりかと思いきや……
f:id:dobon96:20220408174542j:image

なんだかまた未舗装路を行くことに。
f:id:dobon96:20220408174323p:image

時間に追われていない気楽なライドでの変な道は、とにかく盛り上がる。今日はこんな道を行く、知ってる景色を少しだけ知らない道で行くライドなのだろう。
f:id:dobon96:20220408174646j:image

新小倉橋へ。
f:id:dobon96:20220408174249j:image

冒険をすっかり終え、安心安全のホームコースに入ることができた。
f:id:dobon96:20220408174318j:image

と、そんな帰り道でジャム専門店を発見した!
f:id:dobon96:20220408174649j:image

「凡」というお店らしい。もう4年ほどやっているとのことだが、百回くらいは通っている気がする我々も初めて知った場所だ。
f:id:dobon96:20220408174337j:image

いい感じの品揃えだ。

f:id:dobon96:20220408174613j:image

紅玉のりんごジャムを買い、ウキウキと帰った。

夜は何を思ったか明太子おかわり自由の定食屋でアホほどご飯を食べ、ゲームの周回をモリモリした。

そんな、有意義すぎるゆるゆるライドだった。

 

 

その後、虫さんの誕生日祝いということもあって今年も箱根のフォレストアドベンチャーに行くなどした。

f:id:dobon96:20220414225634p:image

高所が苦手な方とはいえ、今年は昨年クリアしたこともあってかあまり怖がらずにのびのび楽しむことできた。

f:id:dobon96:20220414225619j:image

まあ、足がアスレチックの板と板の間にはまって捻挫したのだが。

 

 

一応捻挫から三日後のまろやかな写真(湿布によるボカシ?あり)を備忘録として載せておこうと思う。

f:id:dobon96:20220414225604j:image

f:id:dobon96:20220414225557j:image

今日もお疲れ様でした!(春にケガしがち)

 

 

 

桜と菜の花の旅路を見送る、春満開ライド

ドンピシャの桜満開!

寒の戻りでとんでもなく寒いが、クロと虫さんは早起きし、渡良瀬300のお見送りに向かった。

f:id:dobon96:20220405181945j:image

4時出発、気温は3℃!

装備は冬レーパンに逆戻り、インナーはミドルで半袖ジャージ。しかしダウンにウィンブレ、シューズカバーも総動員の重装備だ。
f:id:dobon96:20220405182600p:image

暗い尾根幹を行く……眠い。
f:id:dobon96:20220405181957j:image

Googleナビに従って、これなら登りを避けられるか?!と迷い込んだのは公園。
f:id:dobon96:20220405181433j:image

なんだここ、早朝だから通れはするものの……
f:id:dobon96:20220405181425j:image

なんだかよくわからない坂に迷い込まされ、ヒーヒーうろうろ。
f:id:dobon96:20220405181450j:image

夜明けが迫るとともに、見えた看板は「桜ヶ丘公園」とのことだった。
f:id:dobon96:20220405181939j:image

この景色、自転車に乗って迎えるとなんだか得した気持ちになる。
f:id:dobon96:20220405181937j:image

是政橋に辿り着き、橋の下にAJ神奈川らしき集まりを発見!
f:id:dobon96:20220405181404j:image

受付開始の10分前、そこにはみのさんの姿も!
f:id:dobon96:20220405182012j:image

主催のひとみさん、反射材を持ってきてくださった斎藤さん、マヤさんや本多さん、走られる尾崎さんとぞくぞく集まる。もちろん、参加者の皆さんも。
f:id:dobon96:20220405181951j:image

ブリーフィング、少し寒いけど天気が良くて本当によかった!
f:id:dobon96:20220405181359j:image

明けたばかりの空と、走り出す参加者さんたちの姿を見て、

斎藤さん「やっぱり通常開催はいいね」

クロ「この景色が見たかった〜って感じがありますよね!」

そんな話をした。この景色、本当に染みるものがある。
f:id:dobon96:20220405181436j:image

最後の方を見送り、受付は無事に撤収!
f:id:dobon96:20220405181848j:image

なんと、マヤさんが差し入れに「くるみパイ」を作ってくださった! メープル味のやさしくて美味しいパイ、本当にありがとうございます。
f:id:dobon96:20220405181843j:image

さて、朝も早すぎるのでとりあえずモーニングをしにクロスコーヒーへ向かう。お見送りの後は、真嬉さんと合流してライドの予定なのだ。
f:id:dobon96:20220405181447j:image

矢野口へ向かう多摩川沿いの、見事な桜。
f:id:dobon96:20220405181942j:image

まさに今日が見頃という、素晴らしさ。
f:id:dobon96:20220405181439j:image

久しぶりのご挨拶をしつつ、クロスコーヒーでのんびりとモーニングタイムを楽しんだ。このあと、補給と称してホットチョコレートも追加。
f:id:dobon96:20220405182006j:image

さて、真嬉さんからの連絡を受け、のんびりと登戸に向かって走る。
f:id:dobon96:20220405181422j:image

おはよう! 真嬉さんに輪行で来てもらい、今日のライドメンバー3人が揃った。
f:id:dobon96:20220405181401j:image

こちらは真嬉さん差し入れの、クラブハリエのバームクーヘン。めっちゃ美味しかった。
f:id:dobon96:20220405181846j:image

登戸駅をスタートして間もなく、ソメイヨシノ満開の多摩川沿いへ!
f:id:dobon96:20220405181912j:image

本当にドンピシャの見頃。散る様子のない桜が枝にこんもりと。
f:id:dobon96:20220405181413j:image
桜と虫さんの姿。
f:id:dobon96:20220405181453j:image

こちらは真嬉さんとクロ。
f:id:dobon96:20220405181929j:image

ゆびむっちゃんもご機嫌そうで何よりだ。
f:id:dobon96:20220405181925j:image

虫クロ「真嬉さん今年も桜の妖精〜!!!」

昨年に続き、今年もこの3人での花見ライドとなった。やっぱり桜は心が弾む。

f:id:dobon96:20220405181954j:image

桜を愛でながら、のんびりと走る。お花見をしている人たちもたくさんいた。

f:id:dobon96:20220405182252j:image

これは真嬉さんに撮ってもらったやつだ。
f:id:dobon96:20220405182003j:image

どこもかしこも見事な桜。だがしかし、この日は気を抜くと結構寒い。
f:id:dobon96:20220405181407j:image

日野方面へ走り、私がどうしても来たかった石田寺へ。
f:id:dobon96:20220405181428j:image

土方歳三さんの墓前にお参りだ。過去にはキャリミでも来たが、ぜひともロードでご挨拶に来たかったのだ。

f:id:dobon96:20220405181921j:image

立派なカヤの木は樹齢400年。
f:id:dobon96:20220405181855p:image

お墓参りを済ませて、パン活へと向かう!
f:id:dobon96:20220405181915j:image

一軒目は、「ベーカリープラート」こじんまりした店内だが、どれもこれも美味しいのだ。
f:id:dobon96:20220405181918j:image

どちらかというとシャレている系である。みるくふらんすも惣菜サンドもおしゃれ。
f:id:dobon96:20220405181932j:image

そして、イートイン目当てでやってきたのが二軒目、ムッシュイワン日野店」だ。
f:id:dobon96:20220405181442j:image

種類が多い! 甘いのもおかずもサンドも盛り沢山だ!
f:id:dobon96:20220405181948j:image

かなり目移りしてしまうラインナップ。
f:id:dobon96:20220405182034j:image

う!!ま!!!!!!

イートインを選ぶとあたためて、かつお皿に乗せてくれるところも最高。

あまりにも美味しすぎたので、このあとデニッシュ系のパンを追加して3人で分け合った。どれもこれも天才のシロモノが多い。
f:id:dobon96:20220405181419j:image

さて、またポタポタと来た道を戻る。多摩川沿いなんだから、平坦かと思いきや……
f:id:dobon96:20220405181852j:image

桜に誘われて???
f:id:dobon96:20220405181456j:image

気がつけば、登り。

過去にも経験したが、たしか多摩川の右岸だか左岸だかの選択を間違えると、途中で道が切れて坂を登らなくてはどうにもならなくなるのだった。
f:id:dobon96:20220405181908j:image

過去、チームデイズか何かのときにも迷い込んだ登り……。
f:id:dobon96:20220405182015j:image

どうにかこうにか戻ってきて、クロスコーヒーでまたひと休憩。
f:id:dobon96:20220405181410j:image

お揃いのジャージもあってもいいよね〜とかなんとか、壁のポスターを眺めたり。
f:id:dobon96:20220405181840j:image

こちら、アサイーとバナナのプロテインぜんぜん酸味がない、めっちゃ甘い。
f:id:dobon96:20220405181416j:image

この見事な桜は、三沢川さくら通りで見ることができた。

f:id:dobon96:20220408162646p:image
f:id:dobon96:20220405182000j:image

細い川沿いに、立派な桜がだーーーっと連なっている。川に伸びた枝も見事だった。
f:id:dobon96:20220405181906j:image

これは帰り道の紅白合わさった枝垂れ桜?

と思って調べてみたけど、花のふわふわぶりからして源平桃とかいうやつかもしれない。
f:id:dobon96:20220405182215p:image

尾根幹を通り、ちょこちょこっとしたアップダウンを経て、無事にゴール!
f:id:dobon96:20220405181431j:image

伸び伸びながらも平坦やちょい坂を楽しんで、真嬉さんの思い出し稽古は終了だ。夕食はごまさばの丼を食べて、まったりと一日を締め括った。

 

 

桜の一番いいときに、あちこち見て回れたので本当に満足感があった。

冬は寒くて暗いだけでしょんぼりした気持ちになるので、春の日を楽しめて何よりだ。

ただこの日、寒の戻りの名にふさわしく、すさまじく寒い一日だった。冬レーパンもダウン活躍してしまった。

f:id:dobon96:20220408162047j:image
f:id:dobon96:20220408162043j:image

今日もお疲れ様でした(翌日は雨の中ライトアップ桜の回)