花粉舞う風とともに!サイクルチャレンジカップ藤沢

3月4日、気温は20℃。
信じられないあたたかさと、花粉が尋常がなく飛び散る強風の日。
この日はなんとも珍しく、レースへの参戦だった。3時間エンデューロで、メンツは虫さん、じぇんさん、クロ。


比較的アクセスのいい「サイクルチャレンジカップ藤沢」へ、お揃いの伊豆大島ジャージで挑むことにした。

f:id:dobon96:20180313140839j:image

 

晴れているのに、なぜかピットの芝生は湿っている。

f:id:dobon96:20180313140648j:image

うっかり時のレジャーシート代わりにもなる、PEKOさんの輪行袋

 


全長は4km強。
平坦の少ない、アップとダウンとカーブが多めの公道コース。
じぇんさん→クロ→虫さんの順で、2周交代、それ以外は出たとこ勝負ということで、3時間を走り抜けた。

f:id:dobon96:20180313140707j:image

f:id:dobon96:20180313140817j:image

 


・感想

 

最初の立ち上がりがクソすぎて吐くかと思った。
ガーミン導入史上最高値の心拍と、その日の最速ラップを1周目に記録。
まだ参加者が皆元気なため、集団も速い。
本当に目の前がチカチカとするような、自分の番が終わってから、「心臓が痛い!」という体験をすることができた。
前日に、舞台弱虫ペダルを見ていたために、公道レースめっちゃ興奮する!!思ったが、その考えは向かい風になった瞬間、一気に吹き飛んだ。

f:id:dobon96:20180313140957p:image

すべての雑念が邪魔になり、大好きな手嶋純太のことも忘れた。
とにかく、風が強かった。


だが、1巡目以降は集団のペースも落ち、乗り継ぎ乗り継ぎしながら、気持ちよく走ることができた。
車の通る一般道では味わえない全開を目指す感覚が、とても面白かった。

 

せっかくなので、緑一色さんからいただいた、我らが勇姿を……。

f:id:dobon96:20180313141035p:image

じぇんさん。速い。

最終周回の食い込みのかっこよさは、やはりこの人だからこそ。スイッチが入ったときの勇ましさは持ち味。

f:id:dobon96:20180313141156p:image

虫さん。平常心とペース維持が得意。

二巡目のときコンタクトが外れたとかで、口に入れて保護して帰ってきたのはすごく強い。

f:id:dobon96:20180313141253p:image

クロ。苦しい顔の生き物。

邪念レス。

 

そんなこんなで、本当にあっ!!と言う間に三時間は終了。レース後に食べた藤沢キーマカレーは、とても美味だった。

f:id:dobon96:20180313142029j:image

 

 

・表彰


今回で4回目の開催らしい、サイクルチャレンジカップ藤沢。女子カテゴリーのエントリー(特にチーム)はまだまだ少ない。
私たちは幸いにも区分1位を得られたが、他のチームは結果を待たずに帰ってしまっていた。


というわけで、寂しいながらも区分優勝の表彰台。

 

この写真は、偶然にも会えたキロさんからいただいた!!

f:id:dobon96:20180313141459j:image

キロさんチームも優勝という、何ともうれしい日である。


表彰状とトロフィー、パワーバー1箱と、竹炭セット人数分をいただく。

f:id:dobon96:20180313141737p:image

f:id:dobon96:20180313141530p:image

 

竹炭、かなりパンチが効いている。

f:id:dobon96:20180313141608j:image

f:id:dobon96:20180313141627j:image

竹炭グッズを活かせるかはさておき、他チームも比較的豪華な副賞の数々……、持ちかえれないので近くのコンビニから自宅へと配送した。


大島ジャージを表彰台に上げたので、大島じてんしゃ協会の会長に褒めてもらいたいところだ。

風があまりに強く、花粉で何度も殺されそうになったが、短い時間でぐぐっと疲労した、いい一日だった。

 

f:id:dobon96:20180313141701p:image
今日もお疲れ様でした!(公道レースって面白い!)