囲め、黒一点?!顔合わせの三浦グルメライド

埼玉が豪雪に見舞われたその日、三浦は余裕の雨模様だった。


というわけで、2月3日。
雪の影響を避け、ライド場所を荒川から三浦半島に変更。
4月に行われるGSR CUP(仮装、キャラものレース)のチーム編成のため、初めましてさん同士を繋ぐ顔合わせライドを実行した。

 

メンバーは、しぃさん、どろさん、虫さん、じぇんさん、クロ。そして、黒一点ともいうべきお兄さんの、藤井さんだ。
尚、藤井さんは本ライドから、女子という位置づけとする。

 

 

◆ 


のんびりグルメライドのなので、逗子駅の集合も朝ゆっくり。目指すは城ケ島、のんびりマグロを食べて、帰りにマーロウのプリンでお茶をしてこようという算段である。

じぇんさんのみ、どったんばったん大騒ぎの、城ケ島合流となった。

 


私と虫さんは江の島で降り、逗子へ向かう。
路肩の雪がまったくなく、いい天気で、とても気持ちいい。

f:id:dobon96:20180213222415j:image 

f:id:dobon96:20180213222432j:image

f:id:dobon96:20180213222455p:image

早めに到着し、逗子駅前で補給をとって待っているうちに、皆それぞれ揃い始めた。

f:id:dobon96:20180213222536j:image 


藤井さん「あっ……!」


輪行を解いて、ハプニング発生。クイックリリースレバーのナットの部分がない。

f:id:dobon96:20180213222611j:image
輪行袋は、下が空くタイプ。どうやら、輪行移動中に落としてしまったらしかった。


近くの自転車屋を調べ、あわてて虫さんと藤井さんが調達にいく。皆が揃うまでの間になんとか入手して、無事に5人で走り出せることになった。

 f:id:dobon96:20180213222635j:image

気持ちのいい気温の中、ライドスタート!

 


逗子駅~寄り道~城ケ島

f:id:dobon96:20180213222747j:image

f:id:dobon96:20180213222801j:image 


城ケ島まで半分を過ぎたあたりで、先日虫さんがトリさん立ち寄った素敵なパン屋さん「充麦」に立ち寄る。

f:id:dobon96:20180213222823p:image
なんとこちら、自家栽培で小麦から作っているという、それだけで期待をしてしまいそうなお店だ。

 f:id:dobon96:20180213222859j:image
店構えはシンプルだが、パンのラインナップはどれもおしゃれ。素材勝負のパン屋さんということで、どうしても食パンを買って帰りたかったため、1斤背負って走ることを決める。 

f:id:dobon96:20180213224519j:image


皆でそれぞれつまみ食いのパンを買い、隣りのセブンイレブンで小休止。

f:id:dobon96:20180213224545p:image
ホットコーヒーと、ナッツとドライフルーツぎっしりのパンオフリュイがばっちりの相性だ。

f:id:dobon96:20180213224619j:image


クロ「じぇんさん今どこだって?」
虫さん「連絡きてたけどまた途絶えた」


じぇんさんはどこにいるかは分からないが、とりあえず城ケ島を目指しているらしい。
時間がまだまだかかりそうだったので、城ケ島まで残り10kmの距離であるにも関わらず、寄り道を決意。

 

しぃさん「すっごく可愛い子猫にあえるよ!」
どろさん「うみちゃん!」

 

f:id:dobon96:20180214094031j:image

f:id:dobon96:20180214094045j:image


そんなわけで、海岸沿いの道から少し中に入り、若干の登りを越えて、「三浦うみかぜレンタバイク」へ。

f:id:dobon96:20180214094013j:image


こちらは、スポーツバイクのレンタルショップ。中では、かわいいかわいい看板子猫のうみちゃんがお出迎えしてくれた。

f:id:dobon96:20180214094111j:image
時間泥棒のうみちゃんと、まったり、ゆったり、戯れタイム。

f:id:dobon96:20180214094127j:image 


かわいい。
ブレてもかわいい。

 

f:id:dobon96:20180214094147j:image

f:id:dobon96:20180214133253j:image


そんなこんなで気づけば13時。
若干登りの分は増えたが、子猫のためなら仕方がない。

 

f:id:dobon96:20180214133313j:image

f:id:dobon96:20180214133329j:image


三浦名物のマグロと大根を通り過ぎ、

 

f:id:dobon96:20180214133413j:image


城ケ島の橋を通り抜け、

 

f:id:dobon96:20180214133432j:image

f:id:dobon96:20180214133530j:image


到着!


ローディー御用達の「しぶき亭」で、やや遅い昼食となった。

 


・城ケ島ランチ~マーロウおやつタイム


今日は、ねぎとろの定食セットにしてみた。

f:id:dobon96:20180214133500j:image

このあとにマーロウのプリンが控えていると思うと、気持ち、お昼を調整しておきたい気持ちにもなる。

そうこうしているうちに、じぇんさんが合流。これで、メンバーは6名となった


定食屋のおばちゃんに、女の子6人組と言われ続ける。最後の最後になって、藤井さんが男の子だとバレていて、ちょっと面白かった。
実際、藤井さんが女子力ナンバーワンなので仕方がない。 


食後には楽しいフォトタイム!今日は曇りがちだが、城ケ島の景色は大胆でいい感じだ。

f:id:dobon96:20180214133626j:image

f:id:dobon96:20180214133648j:image

 

時刻は14時すぎ。のんびり再スタート!

f:id:dobon96:20180214133739j:image


腹ごなしにゆるゆる~~っと海岸沿いを走り、
三崎口あたりの渋滞もまったくなく、軽快に通り過ぎることができた。

f:id:dobon96:20180214133803j:image

f:id:dobon96:20180214133822j:image
そして、ほどなくして三浦名物プリンの「マーロウ」へ。

f:id:dobon96:20180214133844j:image


お目当ては、この時期限定の紅ほっぺトッピング!!これはとにかくフォトジェニック。魅力的すぎていけない。

f:id:dobon96:20180214133902j:image
デザートでいうと少々お値段が張るように思うが、ここはいちごのためにも潔く。紅ほっぺはしっかり甘く、ちょっと品がある味わいだった。

f:id:dobon96:20180214133920j:image

まだ倒れない、しっかりめプリン。

f:id:dobon96:20180214133946p:image

この会合にはすでに女子しかいない。

 


・日暮れ道~逗子駅 


マーロウでぐだぐだ喋っていると、あっという間に日が暮れてしまった。駅まで10kmほどだが、ここからは暗闇の海岸沿い走行となる。

f:id:dobon96:20180214134024j:image
とはいえ起伏もほとんどないし、幸いにも車が少ないので走りやすい。

f:id:dobon96:20180214134040j:image


最後はブルベでお馴染みの逗子駅前マックでゴール!

f:id:dobon96:20180214134102p:image


そんなこんなで、本日三度目の着席雑談タイム。

直前まで雪の影響を心配していたライドにしては、きちんと走れて楽しかった。

(かわいらしい)藤井さんは普段はレース向けのトレーニングが中心のお方なので、こんなクソまったりなライドをご一緒していただいて、感謝の気持ちしかない。


三浦も、何度来ても新しいグルメな発見があり、素晴らしい。 

f:id:dobon96:20180214134125j:image
今日もお疲れ様でした!(個人店は魅惑の香り)

冬でも安全、荒川CRと物見山グルメライド

1月20日。
本当は、本(2月に出る予定の同人誌)のロケハンライドに行く予定だった。
しかし、ロケハン予定地の峠は、前々日の大雨で悪路状態らしい。加えて、路肩の凍結は避けられない状況だという……。
というわけで、危険を犯して山に行くよりも、平坦でグルメを楽しもう! と、急遽荒川CR中心ライドに変更した。


メンツは荒川に詳しいしぃさん、虫さん、クロの3名。北千住駅の人ごみを避けて、町屋駅集合&スタートとなった。

 

 

・早朝のブルベお見送り


ライドの前にちょこっとだけ、AJ西東京さん開催のブルベのお見送りに行ってきた。
お世話になっているZっとさんもいらっしゃるということで(参加者ではない)、どなたがいるかわからないけれど、ブルベでもないのにスタートに間に合うように早起きをする。


かっこいいクロモリで参戦のにゃんこさん。
Rゅーせいさんはじめ、人外の皆様。
三浦半島と房総半島はシャーマンにより雨予報だが、雨は早いうちに上がるようなので、参加者の方々は軽快に走り出していった。

お見送りもなんだかワクワクする!

f:id:dobon96:20180205190642p:image

f:id:dobon96:20180205190743j:image


その後、Zっとさんとコンビニ朝ごはんにおつきあいしていただいて、我々は荒川に向かっていざ電車で出発。

町屋駅から走り出すことになった。

 

 


町屋駅~お馴染みカフェ ヴァイア


虫さん「ペダルの子たちがマスターだったらさ~~、サーヴァントは誰かな~~!」


しぃさん&クロ「ええーーーー迷うーーーー」

f:id:dobon96:20180205074617j:image


こんな話をしながら、平坦を30kmちょっと。
荒川にしては珍しく、風もないので走りやすい。他愛のないおしゃべりにも花が咲き、さくさくと上流に向かって進んでいく。

ほぼ無風だと思っていたけど、この写真を見ると風がそこそこ吹いていたのだろうか? 逃げ場のない風による、服のふくらみが凄まじい。

f:id:dobon96:20180205074641j:image

ファスナーを開けないと少々暑い。

f:id:dobon96:20180205074710j:image

f:id:dobon96:20180205074731j:image


途中で近ごろバズッている前世の話になり、腐女子は前世も腐女子なのでは???というおそろしいひらめきが頭をよぎる。


虫さん「ずっと腐女子
クロ「あなや~~男色いとおかし~~」
しぃさん「いとおかし~~」


萌えの前では無力。我々は3歳児レベルである。思わず「さんさい」のポーズ。

f:id:dobon96:20180205074808j:image

 

そんなこんなで、畑の横を走り抜け、工事中エリアを横目に見つつ……

f:id:dobon96:20180205074833j:image
古民家カフェ「VIA」に到着!

f:id:dobon96:20180205075928p:image


スープとチーズベーグルのセットに、コーヒー、そしてアップルとラムレーズンのケーキをチョイス。
VIAさんに来るのは久しぶりなので、つい欲張ってしまう。

f:id:dobon96:20180205074928p:image

真手ライドの名残に記念写真。

f:id:dobon96:20180205075008j:image
おまんじゅうと撮ってもフォトジェニックだ。さすがはVIAさん。


スープで暖をとったり、ケーキをシェアしてみたり、まさに女子ライド!

f:id:dobon96:20180205075052j:image


事前にZっとさんに「古民家カフェはいかないんですよ~~」とかのたまってたのに、普通にルートに組み込まれていて、ちゃっかり堪能してしまった。

 


・物見山&グーチョキパン


ここから、しばし荒川CRを行き、一般道に出る。

f:id:dobon96:20180205075125j:image

f:id:dobon96:20180205075157j:image
一般道とはいえ車も少なく、本当にまっ平ら。
風もなく走りやすいので、どこまでも平坦のご褒美に虫さんが打ち震えていた。

f:id:dobon96:20180205075222j:image

尚、しぃさんから「たまがわさんのトライアルでも使った道」だと聞いた。走りやすくて、トライアルには持ってこいだと思う。


途中、ハルヒルのエントリーがはじまるというので、コンビニでひと休憩。
バイクラックもあるので、休みがてらエントリー峠を越える。しぃさん、無事エントリー完了。ハルヒルは、エントリーそのものよりも、現地宿泊の方がハードルが高いらしい。


しぃさん「物見山っていう山?っていうか、丘を最後に越えるよ~」
虫さん「えっ……登るの」


これを聞いてから、虫さんがすべての起伏に対して、「これ物見山?」というようになった。

f:id:dobon96:20180205075300j:image


しぃさん「ふもとに来たらすぐわかるから! ここ、ここからが物見山!」
虫さん「オエッ」


山というには低く、でもそれなりの長さで、物見山はあった。確かに丘という表現は近いかもしれないが、二段階なのがちょっと嫌な感じ。

f:id:dobon96:20180205075323j:image

f:id:dobon96:20180205075339j:image

せっかくなので物見山登頂??記念の一枚。

f:id:dobon96:20180205075407j:image


それが終われば、あとは下って、少し走った先に、お目当てのお店が見えてくる。

f:id:dobon96:20180205075444j:image

f:id:dobon96:20180205075506j:image

f:id:dobon96:20180205075527j:image

魔女の宅急便の看板が迎えてくれる、ガーデン・カフェ&ベーカリー「グーチョキパン」だ。

f:id:dobon96:20180205075613j:image


素材にこだわった、無添加のやさしいパン屋さん。時間が遅かったためにパンの種類は減っていたが、イートインも店内にあり、こだわりの飲み物も色々オーダーできる。

f:id:dobon96:20180205075639j:image
広いお庭は、春になればチューリップが咲くらしい。
イートインで食べるパンは、きちんと切り分け、花を飾り、可愛らしく提供してくださった。

f:id:dobon96:20180205075658j:image
私がチョイスしたカレーパン、カレーが甘口で、具がたっぷりでとっても美味しい。

f:id:dobon96:20180205075735j:image

また、こちらのノアレザンが抜群だ!
薄くスライスしてくれたので、しぃさんからちょこっともらい、気に入ってすぐにおみやげに。素朴で、手厚い、すてきなパン屋さんだった。

尚、平日の金曜日のみランチをやるらしい。

 

f:id:dobon96:20180205075844p:image

〜古代王たちの休息〜

 


・そして帰路へ


すっかり満足で店をあとにし、あとはひたすら来た道を走る。気持ち追い風というミラクルラッキーデーだったので、平坦道をアレコレしゃべりつつ、ささーっと走った。

f:id:dobon96:20180205080007j:image

f:id:dobon96:20180205080027j:image

 

信号停止、影で人の目を作るあそび、昔よくやった気がする。

f:id:dobon96:20180205080107j:image

潔く平らな道も、これはこれで楽しいものだ。

f:id:dobon96:20180205080141j:image

f:id:dobon96:20180205080203j:image

沈む夕日が綺麗なので、思わず命のポーズ。こんなことをしていたら、完全に日没してしまった。

f:id:dobon96:20180205080301j:image

f:id:dobon96:20180205080329j:image

 

荒川の藪のゾーンは、日暮れともなると相当暗い。

f:id:dobon96:20180205080403j:image
ゆるゆる進みながら、秋ヶ瀬公園でトイレ休憩。気軽に立ち寄れるのがありがたい。

f:id:dobon96:20180205080441j:image

 

荒川CRではたびたびやらかしてしまうのだが、平坦だからと油断していると、カロリー切れを起こす。
ブラックサンダーカロリーメイトを頬張りながら、何とか走り……。

 

しぃさん「おなかすいた~~」
クロ「たまごかけごはん食べたい」
虫さん「ペダルの曲流すから元気出して」

f:id:dobon96:20180205080831j:image

 

 

ウッッッ

 


残り15~20km地点。
ペダステ曲で「スタートを切る!」を群唱してからの、テンションの上がり具合は凄まじかった。

f:id:dobon96:20180205080854j:image


うたわずにはいられない。
下手したらヘドバンものである。


しぃさん「ああああああああ~~~」
クロ「むり、しぬ……むりおなかすいた……」
虫さん「wwwwwwww」

 

f:id:dobon96:20180205080920j:image


そして、切れかけたカロリーをペダルソングで完全に消費し……へろっへろになって、町屋駅にゴール。


平坦オンリーにしては長めの120kmを走り、マイナスになったカロリーをデニーズでがっっっつりと補って、楽しいライドは終了した。

f:id:dobon96:20180205080952j:image 

今日もお疲れ様でした!(グルメライドは補給が難しい)

BRM113神奈川300鎌倉②

こんな遅くまでご一緒してくれたとりさんたちは、早々にここでお別れ。

とりさん、マラソンの予定があるって言っていたので大丈夫なのだろうか?? という気持ちと申し訳なさが募る。

 

 f:id:dobon96:20180124093756j:image

 こんな時間に元気なじぇんさん。

 

そして我々は、夜更けの逗子の街に……


放り出され……

 

ることなく、しむらさんのご厚意で再び車に乗せていただき、しばしの仮眠。

 

 

・1件目「ブレドール」


朝6:00、目指したのは逗子でお馴染み「ブレドール」モーニングでパン食べ放題の、絶品の例の店だ。

去年もこのために頑張った、なかなか行けないご褒美のパン屋である。

f:id:dobon96:20180124085202j:image
こちとら3時から待ってるんだ、という気持ちを全面に、無事の一番乗り。7時からのオープンに備えて、6時半には駐車場(おそらく食べ放題一巡目)はいっぱいになった。

 

夜明けとともに、お店の中へ……。
今年も300km走った身体に焼き立てパンが染みわたる。

f:id:dobon96:20180124085216j:image

f:id:dobon96:20180124085234j:image

焼きたてアップルパイ最高!

そして300明けじゃなければもっと食べられるのに! というのも毎度のこと。

 

もちろんお土産も買っていく。

f:id:dobon96:20180124085310j:image

エシレバターの食パンは、やっぱり美味。

 

 

・2件目「ザクロ」


さて、ブレドールからほど近い、横須賀にもしむらさんおすすめのパン屋さんがあるらしい。
イートインがないのでおみやげに……ということで、車で坂をびゅーんとひと登り。


ハイランドという横須賀の高台にある住宅地に、その店はひっそりとあった。

f:id:dobon96:20180124085332j:image
入れ替わり立ち代わりお客さんが来る。


サンドイッチとデニッシュの種類がめちゃくちゃ豊富で、目にも美しい素敵なお店だった。

f:id:dobon96:20180124085350j:image

f:id:dobon96:20180124085404j:image
尚、パンは具材たっぷり、パン生地リッチめの、この安さでいいの?! というおいしさ。大満足である。

 

 

・3件目「パシフィックドライブイン」


さて、ブランチタイム。
午後から予定のあるじぇんさんに合わせ、もう少し時間をつぶそうということで、めちゃくちゃ景色のいいおしゃれカフェに立ち寄った。


昨日の寒さが嘘のようなたっぷりの日差しと、富士山。

f:id:dobon96:20180124085419j:image
こちらでいただいたスパムおにぎりは、塩気抜群でおいしかった。

f:id:dobon96:20180124085438j:image

 

 


そんなこんなで、たっぷり夕方近くまで食べに食べ、お車の恩恵をいただいた優雅なる鎌倉300。
防寒、走り方、行き帰りと楽しいおしゃべりタイムまでご指導&おつきあいいただいたしむらさんには頭が上がらない。


これだけ食べたにも関わらず、帰路でマックとラーメンにまで立ち寄って、鎌倉300は終わりを告げたのだった……。

f:id:dobon96:20180124085506j:image

 


人々のお世話になり、遊びに遊んだ充実の土日だった。 こんなにブルベでいい思いをしてしまうと、今後大丈夫か? という不安もある。

強い人に牽いてもらい、時間も含めコントロールしてもらうなんて、贅沢すぎて、恐れ多くて、とてもとてもという感じだった。

そして、ゴールをしていれば「なんか楽しかった気がする」になってしまうので、やはりブルベはこわい。

 

f:id:dobon96:20180124095758j:image
今日もお疲れ様でした!(カフェイン抜き明けのコーヒーがただただうまい)

 

BRM113神奈川300鎌倉①

 

寒さは人を狂わせる……。

 


午前3時半、セブンイレブン

f:id:dobon96:20180122223417j:image


寒気団がやってきているらしい1月13日、参加するのは


BRM113神奈川300鎌倉


だ。逗子200とほぼコースが被っている、AJ神奈川さんおなじみのコースである。


ひょんなことからしむらさんが一緒に走ってくれることになったので、ピックアップしてくれるというお言葉に甘えて、お車待ち。

本日のメンツは、しむらさん、虫さん、クロ。
6時スタートのこのブルベは、昨年は前泊して出た、ちょっと色々大変だった思い出のコースなのだ。

 



しむらさん「もうやめよう……」


集合場所にほど近い鎌倉の駐車場で、しむらさんが信じられないくらいしおれている。
車から降りるので根性がめちゃくちゃいるほどの寒さだった。

f:id:dobon96:20180122223445j:image


それでも何とか身支度を整え、防寒につかえるmont-bellのすごくいい感じのパンツをお借りし、いざ受付へ。

f:id:dobon96:20180122223634j:image
寒さに震えながらもなんとか参加の手筈を整え、押し歩きでスタート地点へ向かう。

f:id:dobon96:20180122223653j:image
初春の看板と相まって、なんとも哀愁のある背中だった。(この1枚はkuro scottoさんから)

 

 

・スタート~PC1


本当に甘えに甘えて、今回のブルベはとにもかくにもしむらさんのエスコート。

f:id:dobon96:20180122223733j:image
私にとっては1週間ぶりの道を、効率よく進んでいく。

f:id:dobon96:20180122223749j:image
寒いとはいえ、雨も降っていないし、夜が明ければいくらかマシである。

f:id:dobon96:20180122223808j:image

f:id:dobon96:20180122223822j:image

f:id:dobon96:20180122223839p:image

さくっとPC1にイン。小田原と真鶴の間のいつものローソンだ。

f:id:dobon96:20180122223858j:image

 また手巻き寿司かなにかを食べた気がする。このところ、ブルベは酢飯がアツい。

 

・PC1~PC2


途中トイレ休憩なども入れながら、淡々と進んでいく。

f:id:dobon96:20180123130221j:image

f:id:dobon96:20180123130301j:image

途中、ものすごくせっかちな河津桜が咲いていた。

f:id:dobon96:20180123130358j:image

f:id:dobon96:20180123130418j:image

 

虫さん「しむらさん、いちご大福食べたいですか!!」

しむらさん「食べたい!!!」


せっかくなので、今回も間瀬さんに立ち寄り、いちご大福をいただくことに!

f:id:dobon96:20180123130159j:image
どうやら、間瀬さんは本当にブルベに合わせてたくさんいちご大福を用意してくれているらしい。しむらさんと、逗子200ぶりのベガさんも頬張る!

f:id:dobon96:20180123130453j:image

f:id:dobon96:20180123130507p:image
間瀬さんは、「今月、またこういったイベントってありますか?」とわざわざ聞いてきてくれた。

年末に、つくってほしい日付と立ち寄りの多さをお伝えした甲斐があった……とてもうれしい。

 

少し進んで、いつもとは違う迂回ルートへ向かう。

f:id:dobon96:20180123130544j:image
伊東~川奈の区間のマラソンの通行規制(10:00~12:00)が被ったからなのだが、マヤさんいわく「そんなに変わらないわよ」という道なのだそう。

f:id:dobon96:20180123130605j:image

 

いつもの川奈のクソ坂がないので安心していたが、聞くところによればもっと登るらしく……?

 

f:id:dobon96:20180123130741j:image

 

??

 

登る!

 

f:id:dobon96:20180123130815j:image


結構長い! 

 

 f:id:dobon96:20180123130830j:image

f:id:dobon96:20180123131937j:image


川奈の坂の方が短くてよかった気がする。
それでも何とか通り抜け、いつものライオンズマンションの前を下りながら、富戸へと向かうアップダウン。

f:id:dobon96:20180123132621j:image
先週の折り返し地点のスーパーうわみつじを横目で見つつ、歯噛みしながら通り過ぎ、伊豆高原まで。

f:id:dobon96:20180123132009j:image

 PC2までの登りは、たらたら、ちょっと長いものが織り交ぜられている。

 

ひとまず、貯金は1時間10分ほどで、PC2着!

お昼休憩となった。今はまだ日が出ているが、伊豆高原のローソンは寒い。

f:id:dobon96:20180123132653p:image

 


・PC2~PC3


さて、ここからはアップダウン、魅惑????の東伊豆である。折り返しまで50km、わりと心を折りにくるしつこい道のりだ。
天気はいい。日差しもあたたかい。 

f:id:dobon96:20180123134544j:image

f:id:dobon96:20180123134557j:image

が、日陰のちょっとした下りはすぐに冷えを感じ……あったかいさむいをくり返す。

f:id:dobon96:20180123134622j:image

f:id:dobon96:20180123134633j:image
下りはしむらさん虫さんにピューンと離され、めちゃくちゃペダルを回し、登りで再びペースを合わせ、となかなか下りはうまくいかない。

f:id:dobon96:20180123134659p:image

f:id:dobon96:20180123134808j:image

ほんの一瞬、先頭を交代してみたり。

 
とかなんとかやっているうちに、短い平坦エリア、河津。昨年の河津桜の渋滞は地獄だった。

f:id:dobon96:20180123134738j:image

が、それでも、昨年よりは健全な気持ちで走ることができた。昨年より荷物を持っている気がするが、その重さはちっとも苦にならない。


確か70km以上先行しておられた気がするので、ジーパン戦士のにゃんこさんとスライドしたのはこの辺りだった気がする。

f:id:dobon96:20180123134847j:image

 

虫さん「飛び降りたら楽になれる……」

 

f:id:dobon96:20180123134917j:image

f:id:dobon96:20180123134931j:image

 

クロ「トイレ行きたい」
虫さん「おう」
クロ「このへんに何とかウィングってのがあった気がするんだよね……ウィング……」

f:id:dobon96:20180123134951j:image


あった、尾ヶ崎ウィングだ!

 

f:id:dobon96:20180123135112j:image
クロ「ウィングウィングウィング!」
しむらさん「(笑)」

f:id:dobon96:20180123135011j:image
おそらく50kmの行程の中で一番標高が高いと思われるこの尾ヶ崎ウィングは、トイレと自販機の設けられた小さな展望スペースのような場所で、気持ちの切り替えに一役買ってくれる。


そうして下っていけば、再びの平坦エリア、下田。いい感じの観光地なのに、横目で見る程度で終わってしまう。

f:id:dobon96:20180123135136j:image

f:id:dobon96:20180123135200j:image


そして、折り返しまでの10km……この地味な登り基調がこれまたきつい。斜度の問題ではなく、うだうだダラダラ、信号や車もそこそこのこの区間は、時間が削られる苦痛を感じた。

 

虫さん「菜の花咲いてないね~」
クロ「花咲いてないとただの草だね」

f:id:dobon96:20180123135221j:image


そんなわけで、残念な菜の花畑を過ぎ、貯金据え置きでPC3のファミリーマートにイン。150km、ついに折り返しだ。


帰りの方がやや下り基調になるということで、このPCでがっつり休憩。なんと50分近くも待ってくれていたというとりさんが、我々の最後尾について帰ってくれることになった。

 f:id:dobon96:20180123135241p:image

こちらが、とりさんのくれたおいしいお土産!すぐさま私の走行エネルギーにしてしまった……。

f:id:dobon96:20180123222401j:image

 


・PC3~PC4


同じ道のりだというのに、復路の方がずいぶんと楽だ。使った貯金も走るほどにちゃんと増えていく。
時折とりさんの楽しいグルメ情報に耳を傾けながら、ゆったりと暮れていく道を登り返し、進んだ。登れば暑く、下ればびっくりするほど寒い。

f:id:dobon96:20180123140147j:image

f:id:dobon96:20180123140208j:image

f:id:dobon96:20180123140226j:image

f:id:dobon96:20180123140243j:image


途中、いくつか現れる温泉施設の誘惑に、しむらさんと虫さんが負けそうに(?)なっている。

f:id:dobon96:20180123140302j:image


貯金は1時間10分、止まるも苦痛な寒さのPC4、ふたたびの伊豆高原ローソンへと戻ってきた。
寒すぎるので、イートインに避難。とにかく今日は酢飯が食べたいので、シーチキン?の手巻き寿司をささっといただく。

f:id:dobon96:20180123140324j:image

 寒さのあまり、しむらさんはラーメンをしおしおとすすっていた。

f:id:dobon96:20180123224131j:image

こちらはたびたび肉まんのとりさん。


・PC4~PC5


ここからは真っ暗闇の富戸の長い長い登り。
昨年は川奈でイノシシの軍団と出会ったことを思い出しつつ、順調に進む。

f:id:dobon96:20180123140351j:image

f:id:dobon96:20180123140419j:image

網代、伊東、熱海と進んでいくと、明るく栄えた街並みが、着実に返ってきていることを知らせてくれた。

f:id:dobon96:20180123140435j:image 


このあたりでピンクロさん&ベガさんに出会い、同じ一団で走ってもらえることになった。
お馴染みの登り返したちに悪態をつきつつも、貯金を回収しつつ、最後のPCへ。


真鶴のPC5、セブンイレブンイートインもなく、比較的小さめのコンビニだが、それでも先のPCから47kmで休憩できるのはありがたい。

f:id:dobon96:20180123140515p:image

f:id:dobon96:20180124082645j:image

(これはとりさんからの一枚)

 

しむらさん「なんか調子でてきた!!」

f:id:dobon96:20180123140535j:image
ここまできて、どんどんテンションの上がりはじめるしむらさん。朝のしおれ具合が嘘のようだ。もしかしたら、先ほどお腹に仕込んだカイロが効いたのかもしれない。

 


・PC5~ゴール


ここまで時間内にこれてしまえば、あとはよく知る小田原~逗子区間なので、ほぼ間に合うといえるだろう。
パンクさえなければ大丈夫。

f:id:dobon96:20180123190930j:image

f:id:dobon96:20180123191001p:image

ついに戻ってきた、早川口!

f:id:dobon96:20180123210828p:image

大磯でちらっとコンビニに寄る。ベガさんとピンクロさんも一緒で夜道が楽しい。

f:id:dobon96:20180123211522j:image

 
あれやこれやと雑談したり、でかい車におびやかされたりしながら、夜の134号を走り抜ける。

f:id:dobon96:20180123222055p:image

f:id:dobon96:20180123222122j:image
強風警報が出ている街、気温は2℃らしい。正直、夜明け頃の-2℃よりも、今のほうが寒く感じる。


最後の最後の、つらい逗子の10kmを乗り越えて……今年もゴール!

f:id:dobon96:20180123222150j:image
ゴール地点のマクドナルドにはもちろん誰もいないので、夜間ゴールの魚民へと向かう。

f:id:dobon96:20180123222217p:image


H田さんが、深夜1時の帰還を認定してくだって、ヨロヨロと座敷へ。
こんな深夜にも関わらず、じぇんさんが笑顔で迎えてくれた。

 

マヤさん「おかえりなさい!魚民が3時までに出なくちゃいけないことになったのよ!」

f:id:dobon96:20180123222251p:image


エッ……

 

となりのマックも開かない時間に……?

 


何はともあれ、ゴール受付を済ませる。じぇんさんが我々の出迎えに来てくれたのは、ゴールから数時間後の14日明朝に、ある目的があるからなのだ。

昨年の同ブルベの記事を読んでいる方なら察しがつくかもしれない。例のアレを、今年も堪能しようというのだ……今回は、しむらさんまで巻き込んで。

 

②につづく

 

BRM106神奈川200逗子

2018年一発目のブルベ、BRM106神奈川200逗子。


今年で3回目の参加となるなじみ深いブルベだ。

 
今回はというと、虫クロじぇんに加えて、しぃさん、ゆたそさんと道中を共にしてのブルベ……のはずだった。
だったのだが。
まあ、慣れたコースの200とはいえ、そうは問屋が卸さないものである。


今回、虫さんが体調不良でDNSという展開になったので、写真は私の撮ったクソのようなものと、やさしいZっとさん提供のもののみだが、おつきあいいただければありがたい。



じぇんさん、新年一発目からスタート地点TT!
大丈夫、昨年とまったく同じ展開だが、これぐらいでは驚かない。むしろ出走には間に合ったので問題なしとする。


スタート地点にまできてくれたが、やはり体調に不安が残るということで、虫さんがDNS。また、ゴールで会うという運びになった。
お見送りに来ていたTりさんが遊んでくれるとのことで、正直うらやましい。

 

今回、女子枠を設けたために、女性参加率が高い。あとで聞いたところによると、25/94名が女性とのことだ。
私を先頭に、しぃさん、ゆたそさん、じぇんさんの4名でスタート。

 


・スタート~PC1


先頭で牽かせてもらったが、朝ごはんがほぼ食べれない胃弱マンなので、PC1まで20kmを切ったあたりで「アッつかれた」という何ともしょぼい感じに。
頑張っても3時起きではおにぎり一個が限界だった。
一応、50kmほどの間に、メダリストゼリーとピットインゼリーを補給。


おなじみ、PC1のローソンには、1時間半くらいの貯金で到着した。

f:id:dobon96:20180117184204j:image

f:id:dobon96:20180117191135p:image


・PC1~PC2


じぇんさんを先頭に、起伏が増えてくるのでペースを見ながら進んでいくことに。
が、真鶴駅をすぎたところで、じぇんさんのバックポケットから荷物がふっとぶ。
荷物をつめ走り出すも、また飛び出す。


じぇんさん「ちょっと荷物入れ直すから先走ってて~」


じぇんさんの脚ならすぐに追いつくだろうと、3人で少し先行。荷物をあれこれ直したようで、熱海駅前の信号の多いあたりで無事に合流した。


だが。
ホテルニューアカオのトンネル回避のあたりで、しぃさんとともに振り返ると、じぇんさんがいない。

 

しばらく待っていると、少し遅れて来たゆたそさんから「じぇんさん『パンクしたから先行ってて!』だって~~」とのこと。


ま、まあPCなどで会えるだろうし、登りはじぇんさんが速いので大丈夫かな? と……。こうして3人の旅がはじまった。


時間にもまだまだ余裕がありそうだったので、苺大福をしこたま作ってくれていた間瀬さんに立ち寄り。
私はおみやげをサドルバッグに突っ込み、しぃさんゆたそさんはその場で完食。

 

しぃさん「これでいつDNFしても惜しくない」

f:id:dobon96:20180117184254p:image
潔き、苺大福への思いだった。ゆたそさんしぃさん二人のいい笑顔に、これがブルベであることすら忘れてしまう。普通のライドだったらもっとゆっくり食べられるのに……。
そういえば、この日おニューのしぃさんのジャージが、私には新宿のアサシン(FGO)を勝手に感じさせて、めちゃくちゃいい感じだった。

 

さて、マイペースを守って3人で走行を続ける私たち。途中、伊東マリンタウンのそばの公衆トイレに立ち寄り、そこで何の気なしにtwitterを開くと、Hとみさんからリプライが……。

 

f:id:dobon96:20180117184326p:image

f:id:dobon96:20180117184403j:image

 

ん??
Hとみさん???
じぇんさん???

 
えっスマホないの??????

 


クロ「じぇんさんパンク助けてもらったって……スマホないんだって……」


ゆたそさん「え??朝からなかったっけ??」
しぃさん「本当、新年から話題に事欠かないよねえ」

 

混乱と笑いと、ひとまず無事でよかったという気持ちと、やっぱり混乱しながら、地道に走り続けることにした。

 

そして、本ブルベの目玉??ともいえる、川奈のクソ坂である。1kmほど続く、意外と長く、意外と斜度のあるこの区間

f:id:dobon96:20180117184437j:image
虫さんのごとく写真を……と思っても、しょうもないものしか撮れない。

後ろの二人を撮ろうとして、撃沈。

f:id:dobon96:20180117184504j:image
立ち止まって、なんとかそれらしいものを収めることができた。

f:id:dobon96:20180117184530p:image


そこから7kmほど、折り返しを目指して起伏を乗り越えていく。途中、しぃさんのキューシートホルダーが折れ、立ち止まっていると、うしろから集団の姿が。


あれは……


T中さんたち神奈川さん一行と、じぇんさん!!!


じぇんさん「T中さんたちに助けてもらって、何とかなったよ……」


とりあえず、合流して、PC2であるスーパーうわみつじにイン。貯金は1時間弱だったろうか。

f:id:dobon96:20180117191108p:image
たくさんのランドヌールたちが休憩していたが、弁当は売り切れ、食べるものにかなり難儀することになった。結局、あんぱんと惣菜のコロッケを何とかゲット。
お湯があるので、インスタントラーメンを食べている方も多かった。

 

じぇんさん「パンクして、硬くてタイヤが外れなくて、対処法を調べようとしたところでスマホを前のローソンに忘れたことに気づいてさ……。心が折れかけていたところをT中さんたちに助けてもらって、『助けたんだから最後まで走れ』ってところ」


なるほど、そうしてあっという間に追いついたのだから、やはりタフだ。根府川ではフォトチェックもあるので、そこまではスマホのあるメンツと同行し、忘れ物を回収してルートに復帰するとのこと。
そこまではともに走れるということで、ふたたび4人の集団に。


まだ数名いたが大体しんがりの方なので、私たち4人、T中さん御一行、昼食を済ませてきたZっとさんで、ぞろぞろと復路を走り出した。 


・PC2~通過チェック


ここからは、大勢でつかず離れずしゃべりつつ。

f:id:dobon96:20180117185313j:image
しぃさん、ゆたそさんから坂への文句も聞こえるものの、ペースは申し分ない。

 

Zっとさん「まあまあ、このぶんなら完走はいけるでしょう」
しぃさん「やった~~」
クロ「私は知ってますよ!そうやって油断したあとにひどい目に遭うんですからね!!」


とかなんとか言いながら、登り返しにいつものごとくゲンナリしながら進んでいく。途中、トイレTTで人権をとり戻す一幕もあった。

f:id:dobon96:20180117184654j:image

 
ゆたそさん「は~~また登ってる~~。これ山ですか、山一個って数えますか」
Zっとさん「これは一個って数えてもいいよ。まだあるけど」


結構一生懸命走っている我々の後方では、Hとみさんの「ゆっくりだと疲れなくていいわ~~」なんて声が。さすがはHとみさん。

f:id:dobon96:20180117184720j:image


それでもいい感じの速度で真鶴旧道に入り、根府川のチェックポイントも間近。ここまで集団の後方にいてくれたじぇんさんが、T中さんに尻を叩かれビューーーンと離脱。
そう、通過チェックを済ませたら、彼女はスマホを回収しにいかねばならないのだ。


根府川駅を前に集団はばらけ、私たちは1時間くらいの貯金でフォトチェックを済ませた。

f:id:dobon96:20180117184749j:image


いよいよおそろしいほどの寒さが身体に襲いかかるが、あとは安全に、残り50kmほどの帰路を順調に進めばゴールできるだろう。

 


・通過チェック~ゴール


とにかく、寒い。
思ったより明るいうちに走り出せたので、真鶴旧道を下りきり、合流してしばらくは景色を楽しむことができた。
あとはとにかく淡々と、ひたすらゴールを目指す。


しぃさんが楽しそうだったし、ゆたそさんも昨年よりずっと元気そうだったので、ここはとにかく一定のペースで走り抜けた。いよいよ小田原、大磯と、帰ってきた感が高まってくる。


途中、残り30kmの地点で夕食休憩。マックで食べるとわかっていても、このへんでエネルギーをとっておきたい。


ゆたそさん「あたたかい食べ物って……」
しぃさん「しあわせ……」

f:id:dobon96:20180117184833p:image
私も同意見で、コーンスープが身にしみる。ここでもおにぎりを食べられたので、今回は固形物が比較的よく摂取できたブルベだ。


虫さん『江の島のあたり渋滞らしい、気をつけて』


そんなラインが虫さんから飛んでくる。渋滞はまあまあ、仕方ないにせよ、とりあえず安全第一だ。
そして、私の任務は何はなくとも、二人を無事にゴールに運ぶこと。そのためにいかに自分が元気でいられるかは、今回の課題でもあった。
慣れた道なので油断しないように、とにかく淡々と。


夕食休憩からしばらくして、豪速のじぇんさん、T中さん、Zっとさんの集団が追いついてきた。また、Zっとさんのお知り合いの方も、途中で見つけ吸収する。


7名の集団となったが、ちょっとペースが不安定だったので、ベタづきしないように微妙に距離を置きつつ進んでいく。

f:id:dobon96:20180117185224j:image


途中、先頭もローテし、少し走り方が変った。気づけば見慣れた江の島の夜景、そして展望台のイルミネーションが見える。
カメラがないので何もお見せできないが、クリスマスのような正月のような、おもしろい景観だった。

 

そして、江の島から逗子のラスト10kmの長いこと長いこと……。

 

虫さん「おかえり!みんなおかえり!!」


逗子駅前のマックに、20時前に無事にゴール。スタート時の4名全員で、戻ってくることができた。

 



これにて、しぃさんは逗子200完走&初認定!
ゆたそさんも、去年よりずいぶん元気な様子だ。


マックのレシートで認定を受けて、あとは夕食がてらダラダラしゃべる。ゴールしてしまうと、ほとんど胃は受け付けたくないモードになっていた。

 

いろいろとあった気もするが、全員の心の明るさと元気さがこの200kmを楽にしてくれたし、たくさんの人に構っていただけたことも、いい刺激になった。
せっかくブルベの世界に二人を招き入れたのだから、ちゃんとゴールまでエスコートするぞ! という思いが少なからずあり、ともに道中を楽しんでもらえて、本当によかった。

 

f:id:dobon96:20180117184954j:image
今日もお疲れ様でした!(虫さん、おいしいお土産ありがとう)

 

今年も箱根から始まる、ゆるゆるヒルクラライド

新年あけましておめでとうございます。


すでに仕事もスタートし、一発目のブルベにも参加をしてきましたが、遅ればせながら2018年始まりのご挨拶をさせていただきたく思います。
旧年中はこんな拙いブログを見守ってくださり、ありがとうございました。
本年も何とかかんとか記録を続けて行こうと思っておりますので、息抜きにでも、引き続きおつきあいいただければ幸いです。

 

 


さて、2018年。
初乗りは1月2日にゆるゆるっとパン屋ライド。同行者がそれぞれミニベロなので、本当にパンを食べに行くためのチョイ乗りだった。


が、冬の日差しを受けて、のんびりテラス席で食べるパンはやっぱり格別だ。

f:id:dobon96:20180110080546j:image

 

 

・そして、あの地へ


じぇんさん「やっぱり箱根駅伝見ると箱根行きたくなるよね~!」


というわけで、2018年の初山も、箱根の国1に捧げることにした。
もともとは中札内グルメライドでお世話になったお兄さんを招いて、箱根を登り、真鶴のカフェに行くしっかりライドの予定だったのだが、お兄さんの不調により集合時間変更。
さらに、じぇんさんがヘルメットを忘れ、待ち合わせは1時間後ろ倒しに……。

 

f:id:dobon96:20180110080616j:image


お兄さんの不調も回復せず、DNSになって、結局お馴染みのじぇんさん、虫さん、クロ3名で、昼近くから走り出すようなぐだぐだライドになった。

f:id:dobon96:20180110080633j:image

 


・スタート~国道1号最高地点


思いっきり手抜きで、箱根湯本駅前からスタート。
車が普段よりは少し多いが、3人でウダウダ喋りながら登っていく。

f:id:dobon96:20180110080712j:image

f:id:dobon96:20180110080731j:image


虫さん「真手も来るかもよ!箱根ライド」
じぇんさん「待って最初からむりしぬ」


クロ「真手ラジオしながら走ろうぜ!!今日のメインパーソナリティは、クロと、じぇんでお送りします。それではおすすめのナンバー、聞いてください。『Wind&Weed』、どうぞ!」

f:id:dobon96:20180110081236j:image

f:id:dobon96:20180110081256p:image
斜度がゆるいのをいいことに、こんなことをひたすら話ながら走る。


上着を脱ぎついでに、大平台(バカヤロウカーブ)で新春初ゴリラ。

f:id:dobon96:20180110081926p:image

f:id:dobon96:20180110081945j:image


宮ノ下辺りはバスと車で混雑し、そこから少し斜度が上がっていくのが憎たらしい。

とはいえ、おしゃべりペースを保っているので、昨年の箱根ライドよりは、全然きつくない。

f:id:dobon96:20180110131233j:image

 

クロ「ねえ!!まなて?まなてい!!って書いてある!」
じぇんさん「ヒエーーーーMANATEI!!」

 

f:id:dobon96:20180110131308j:image


少し行ったところにある、三河屋旅館(東堂庵モデルの地)でも観光、それぞれおまんじゅうを撮る。

f:id:dobon96:20180110131326j:image 

f:id:dobon96:20180110182824p:image

f:id:dobon96:20180110131407j:image

 

止まって写真を撮ったり、日の高いうちからホモトークをしてみたり、コスメの話で盛り上がったり、あっという間のゆるゆるヒルクラ。

f:id:dobon96:20180110131438p:image

f:id:dobon96:20180110131500j:image


そして、あたたかく明るい時間帯に、国道1号最高地点へと到達した。

f:id:dobon96:20180110131735j:image

f:id:dobon96:20180110131752j:image

f:id:dobon96:20180110133806j:image

昨年と今年、何も進歩が見られない私たちである。

 

 

箱根神社へ参拝に


さて、今日の一番の目的はこれ、神社へのお参りである。
芦ノ湖までピューンと下り、どんどん深刻になっていく車の渋滞の横を何とか走っていくと……その渋滞の原因は、まさしく箱根神社」への参拝だった。  


駐車場が大混雑しているようだが、自転車を何とか神社のそばに停め、境内へ。


まずは参拝と、石段を登っていくが……

f:id:dobon96:20180110133833p:image

ゆうに1時間はかかるだろうというレベルの、参拝客の長蛇の列。
仕方なくお参りはあきらめて、お守りを買い、おみくじを引くことにした。

f:id:dobon96:20180110133856j:image


虫さん「大吉!」
じぇんさん「中吉!」
クロ「小吉~~」


それぞれ、それなりに明るいことが書いてあり、よい結果だったといえそうだ。私も小吉のありに前向きな内容だったので、心に刻んでしっかりと今年も走っていきたい。


混雑のなかゆっくり石段を下りて、出店で腹ごしらえ!


この豚玉とかいうやつは、大きめの大判焼きのなかに豚バラと目玉焼きが挟んであって、2個500円という感動モノのコストパフォーマンスだった。

f:id:dobon96:20180110133928j:image

f:id:dobon96:20180110133949p:image


たき火に当たりながら食べる……。
あつあつ、とろとろ、モチモチ。おいしい。


起き抜けにちょっと膝を痛めたらしいじぇんさんが、石段を横向きに下りていくので、ついつい、ゴリラ的なポーズに。

f:id:dobon96:20180110134017j:image

f:id:dobon96:20180110134126j:image
新年早々、何も考えていない証であるが、楽しかったのでよしとしよう。


ここからは、明るいうちに、箱根旧道をささっとダウンヒル
ときどき観光らしい車の渋滞が見られるので、止まりながら、いつもより時間をかけて下っていく。

f:id:dobon96:20180110134143j:image

f:id:dobon96:20180110134202j:image


じぇんさん「ポテト食べたいポテト!」
クロ「マックはつぶれたのでケンタッキーです」
虫さん「びすけっとたべたい」

 

f:id:dobon96:20180110134224p:image


なぜか小田原駅前にはマックがないので、昨年と同じケンタッキーをゴール地点にして、本日のゆるゆるライドは終了。
あたたかいお茶を飲み、それぞれ目的のものをつまみながら、他愛の話をして過ごした。

 
さあ、今年はどんな年になるのか。


おそろいで買った富士山の絵柄の開運お守りに、すてきな一年であることを祈りつつ……(よこしまな魅力を感じる絵柄であることは胸にしまいつつ)

f:id:dobon96:20180110134251j:image


翌月末には、某イベントのための原稿という、まるで年末の駆け込み入稿のようなフラグが立っているが、じぇんさんが脱稿するまではこの顔で過ごすというので、安心して見守りたい。

f:id:dobon96:20180110134320j:image

 

今日もお疲れ様でした!(頭が悪い人のまなて by虫さん)

2017年ブルベ参加記録

2017年、ブルベ2年目。


今年の参加はフレッシュ含め10本
完走7本、DNF3本。そして、10本中6本が雨。
思い返すだけでえずきそうな記録を、お気に入りの写真とともに今年もざっくり振り返ってみたい。

 

 

・BRM107神奈川200逗子


ゆたそさん、ようこそブルベ沼へ!の一本。
折り返しがドーロ商店から伊豆高原ローソンになり、つらい。
道中落車して頭から落ち、記憶が一瞬飛んだが何とか走り切った思い出のブルベ。
頭を打った瞬間、本当に「ぐえっ」て言ったらしい。
尚この日、職場に財布を忘れてきて、ノー保険証で挑み、このザマである。

f:id:dobon96:20171130134053j:image

f:id:dobon96:20171130134114j:image

f:id:dobon96:20171130134336p:image

 


・BRM225神奈川300鎌倉


起伏がつらい、次の日あわよくばパン食べ放題に行きたいとか言って、無駄な荷物が増えてつらい、そんな色々とキツかった300km。
無事に完走したしパンも美味しかったけれど、いろいろつらかった。起伏のペース配分は本当に難しく、今でもこのコースは走りたくない。

f:id:dobon96:20171130134403j:image

f:id:dobon96:20171130134418j:image

f:id:dobon96:20171130134435j:image

 


・BRM325日本橋400小江戸めぐり


300km近く雨に降られたけど、まだゴアテックスを持ってなかった恐怖のブルベ。健康ランド仮眠を無理やり入れた。
平坦基調だったので、ほぼ見通しのとおりの時間で走れて、すごくうれしかった。
しかし安心のためか、最後にパンクやブレーキシュー完全摩耗という憂き目にあい、5分前ゴールという地獄。

f:id:dobon96:20171130134501j:image

f:id:dobon96:20171130134534j:image

f:id:dobon96:20171130134558p:image

 


・BRM402定峰200


ゆたそさんおいでよブルベ、その2。
昨年の悪天候の記憶をすべてぶっ飛ばすような素敵な晴天。つらいことなんにもなかった、いいブルベだった。

f:id:dobon96:20171130134626j:image

f:id:dobon96:20171130134647j:image

f:id:dobon96:20171130134703j:image

 


・2017fleche日本橋


事前準備が大変で大変で、コースが通らず会長に泣きついてコースをいただいた初フレッシュ。雨予報で会長チームがまさかのDNSという過酷フラグ。
荒れ狂う川、積雪、凍結、雨、爆風向かい風、カンカン照り、濃霧、加えて通行止めでコース強制迂回の全部載せ……まさかの3800up。
それでも無事に24h363kmで認定。

このフレッシュに関しては、本当に総北ジャージが助けてくれたと思う。

f:id:dobon96:20171130134723j:image

f:id:dobon96:20171130134742j:image

f:id:dobon96:20171130134806j:image

f:id:dobon96:20171130134825j:image


・BRM603たまがわ600


初挑戦600、600の真髄を知る前に群馬の向かい風とものすごい気温の下がり具合で元気なうちにDNF。
群馬への恨みを募らせた、それでもまだまだ楽しかったブルベ。
東横インが快適すぎて、人間でありたいと思った。

f:id:dobon96:20171130134846j:image

f:id:dobon96:20171130134905j:image

f:id:dobon96:20171130134926j:image

 

 

・BRM819千葉200つくば


Sさんに呼ばれたから行ってみたら、とんでもない感じだったブルベ。
直前まで続いた雨のせいで、クソのような悪路。ロードバイクをはじめて、走ってきたなかで、文句なしのワースト1位の道の荒れ方。
雨と雷雨で危険と判断、DNFするも、帰ったら帰ったで地元の電車が大幅遅延。大荒れの天気はこわい。

f:id:dobon96:20171130134945j:image 

f:id:dobon96:20171130135005j:image

f:id:dobon96:20171130135028j:image

f:id:dobon96:20171130135048j:image

 


・BRM901白馬・木崎湖300


身バレブルベ。

明け方まで続いた雨は、心に悪影響。
とはいえ全体的には走りやすく、楽しかった。
BBQも木崎湖も小熊山も本当に最高だったけれど、絶句するほどの身バレ率。ここで、会長に腐女子がバレる。

f:id:dobon96:20171130135108j:image

f:id:dobon96:20171130135154j:image

f:id:dobon96:20171130135232j:image

f:id:dobon96:20171130135329j:image

 


・BRM923神奈川200箱根


すばしりからやまゆりラインになって、ドキドキしながら参戦したスタート雨ブルベ。
IぢちさんとMつぱぱさんが長い間一緒にいてくれたので、お楽しみ感は倍増。個人的にはすばしりよりやまゆりラインの方が快適で、安心して走ることができた。

f:id:dobon96:20171130135456j:image

f:id:dobon96:20171130135514j:image

f:id:dobon96:20171130135548j:image

 


・BRM1007日本橋600東海道


今年度ブルベの締めくくり、またも雨スタートブルベ。こちらもDNF
温度差が激しく、胃も痛め、結果散々だった。
話した内容は、早いうちからIQ2だったために楽しく、それだけが救いかもしれない。
箱根峠からの下りで見た市街の景色は、とても、とてもすばらしかった。

f:id:dobon96:20171130135659j:image

f:id:dobon96:20171130135720j:image

f:id:dobon96:20171130135736j:image

f:id:dobon96:20171130135754j:image

 

 

振り返ってみると、本当に雨ばかりで、気持ちの面ではだいぶゲンナリさせられた。
失敗も成功もギリギリも、いろいろあって、今は安全圏に逃げ込みたい気持ちというか、チャレンジングなブルベに出たいという挑戦意欲がすっかりなくなってしまった。

 

ブルベは、事前準備が結構プレッシャーで、走り出してしまえばなんとかなるのに、その直前までは「トイレが近い日だったらどうしよう」「忘れ物してたらどうしよう」という不安に苛まれる。あとは単純に早起きが辛い。寒いと発狂しそうになる。


勢いと気力だけでここまできてしまったのだから、今こそ色々見直すときだと思う。始めたばかりのような無謀さは持てないけれど、こんなときなので冷静に模索し、自分なりの楽しみを見つけ出したい。

 

 

……とまあ、実は11月辺りに書いたのだけれど、結局あげるタイミングを逃し、年の瀬になってしまった。



そして、余談。

 

ブルベで好きだなと思うことは、「いってきます」と「ただいま」ができること。「おかえりなさい」と迎えてもらえるうれしさ、ありがたさ。


これは私が学生時代に習ったことなのだけれど、物語というものは、「行って、帰ってくる」ということが基本的な構造になっている場合が多い。
そして、行って帰ってくることによって「成長」しているのだ。「銀河鉄道の夜」とか「かいじゅうたちのいるところ」とかも、そういった感じである。


私たちの人生は物語ではないけれど、「行って、帰ってくる」ことに、やっぱり「成長」はあると思う。
だから、できるだけ「いってきます」と「ただいま」を大切に、走れるといいなあという次第。


ゴール間近になったとき、いつも「ただいま」とか「帰ってきました」とか、言いたくて言いたくて仕方がないのだ。

 

だからといって、これが成せないなら走るべきではないとはもちろん思わないし、DNFのなかに成長がないとは思わない。


よほどのことがなければ申し込んだ以上は出走したいし、DNFの帰り道も楽しく過ごしたい。認定外完走に至っては、それを成せた人には尊敬の気持ちしかない。


まあ結局のところ、物語ではないのだから、毎回人に認められるような形で成長しなくたっていいのだ。


ブルベに対して真面目ではありたいけど、気負わずに走れるようになることも、目下の目標かもしれない。

 

 

ついでに、速い人強い人、ブルベ歴の長い人にはもう慣れてしまったかもしれないけれど、完走して帰ってきた人への「おかえりなさい」には、絶対に手を抜きたくないと思う。


あなたが「やったぜ完走したぜ!」という気持ちで走り切ったとき、それを私がお迎えできる立場にあったのなら、一緒になってめちゃくちゃ喜びたいです。
疲れているときに騒がしくしてごめんなさい。

 

 

f:id:dobon96:20171130135819j:image

今日もお疲れ様でした!(イチからやり直し!)