粉飴飲めるかな?ぼっち牧馬峠ライド

書き忘れていたが、たまがわ600の前に買い直したガーミン。
悲しきかな二台目の相棒とともに、今週末もふらりと走りに行くことに決めた。


目的地は大好きな牧馬峠。


朝からWi-Fiが死んでルートを入れられないなどのトラブルもあったが、何とか予定より一時間遅れで出発した。

 


6/17、すでに夏日というような快晴。
慣れた境川沿いを走り、津久井湖を過ぎて、牧馬峠へ。


なぜか、CRにはほぼパンイチの男性ランナーが多発しているが、あれは何なのだろう。
日焼け目的だろうか?
本当に、ほぼ裸である。

 


・久しぶりの牧馬峠


年末の走り納め以来だろうか。
この季節は、緑が濃く茂り、とても気持ちいい。
ドーナツゾーンに至るまでの起伏道は、いつも清々しい気持ちにさせてくれる。

f:id:dobon96:20170623134645j:image

f:id:dobon96:20170623134721j:image

 
途中、男性ローディーに追いついてしまい、めちゃくちゃ振り返られたが、彼はドーナツゾーンに差し掛かるとダンシングで駆け上がっていた。
ゆったりめのペースのため追いつかないように随分車間をとっていたのだが、あんなに何度も振り返ってこなくても……とちょっと笑ってしまう。

そんなに速くも走れないし、知らない人にアタックをかけたりしないのに、という気持ちだった。


暑い、身体が重い、とウンウン言いながら登頂。

f:id:dobon96:20170623134745j:image
ここから気持ちよく下る。

いい青空が広がっていた。

 

f:id:dobon96:20170623134800j:image 

 


・本日もZEBRA


食べたいパンがなかったので、カフェオレとバナナマフィンでまったり過ごす。

f:id:dobon96:20170623134840j:image


お揃いジャージのローディーグループがたくさんいた。
あとは元来た道をまったりと帰る。合計70kmほど、お散歩程度のぼっちライドは終了した。

 


・補給の話


この日のライドで食べた物は、
チョコミントアイス、セブンのスモークタンスティック、バナナマフィン
のみだ。距離も短く、暑いとあまり食べる気はしないとはいえ、もう少し食べてもいいような気がする。


そこで、この日取り入れてみたのは「粉飴」

 

H+Bライフサイエンス 粉飴マルトデキストリン 1kg

H+Bライフサイエンス 粉飴マルトデキストリン 1kg

 

600kmの際のカロリー補給に買ってみたのだが、当日は使う隙がなかった。


100gで388kcalということなので、ボトルに粉飴100gとレモン果汁、水を入れてシェイク。
お手製カロリードリンクを持参した。


味は、甘すぎなくていい感じ。

 

食べれないときよりも、きちんとエネルギーがとれていて、やや疲れにくい気がする。
服などにこぼすと速攻で白く結晶化するのが玉にキズだが、補給の類としてはかなり効果的だと感じた。


普段、甘さが続くことや口のべたつきが嫌で、ロングライドの際には麦茶しか飲まないのだが、粉飴50gくらいなら麦茶に入れてもいいかもしれない。
これも、今後試してみようと思う。

 

f:id:dobon96:20170623135145j:image
今日もお疲れ様でした!(全力でチョコミン党)

BRM603たまがわ600②

 

おうちに帰るまでがブルベです!

 

 

少しゆっくり寝るはずが、7時前には身体がギシギシ痛んで起床。


朝食をとり、ツイッターで群馬に詳しい皆様からおすすめグルメスポットを募って、ゆったりと出発準備。


前橋から赤城山に登ろうという話をしていたが、思ったよりも風が強そうなので、高崎まで走ってグルメを堪能して帰ることに決めた。
その道のり、約40km。

f:id:dobon96:20170616082820j:image


そして、驚くべきことに昨日となんら変わらぬ向かい風だった。

 

渡良瀬川はこんなにのどかなのに……。

f:id:dobon96:20170616082901j:image

f:id:dobon96:20170616085045j:image


虫さん「ねえ!!なんで!!!風!!!!!!!
クロ「すっっごい吹いてる!!!!」

f:id:dobon96:20170616082836j:image

f:id:dobon96:20170616082917j:image


ほぼ100%の向かい風のなか、38kmに3時間近くかかってやっとお目当てのお店「麺屋 承太郎」に。

f:id:dobon96:20170616082931j:image


しっかり列ができているこのお店は、人気漫画ジョジョの奇妙な冒険」にちなんだラーメン屋さんである。
店主の方が、どうやらお好きなのだそう。
いたるところにジョジョグッズ……。たのしい。

f:id:dobon96:20170616082945j:image

 
そして、肝心のラーメンはというと、これまた美味い!
でも、二郎っぽい雰囲気の割にはあっさり。豚骨と魚介だからだろうか。

f:id:dobon96:20170616083043j:image


基本のラーメンを頼んだが、むっちりした太麺と、アブラを浮かせたスープ、お馴染もやしとキャベツに極厚のチャーシューに大満足だった。
残してしまっては悪いからと、量を控え目にし、チャーシュートッピングを足したが、普通盛りでもよかったかもしれない。


虫さんは、汁なしの混ぜそばをチョイス。これもまた、赴きが違ってうまい。

f:id:dobon96:20170616084720j:image

 


そしてこのまま、高崎駅の裏にある焼きまんじゅう屋さんの「茶々」へ。

f:id:dobon96:20170616083133j:image
本当はお土産にするつもりだったのだが、あまりに感じのいいおかみさんだったため、ついついその場で食べていくとこに。

f:id:dobon96:20170616084735j:image


ふかふかのまんじゅうを串に刺して焼き、みたらしのような甘じょっぱいタレをふんだんにかけた焼きまんじゅう……。

f:id:dobon96:20170616083109j:image


食べた感想の一言目は「パン!??!!」だった。ものすごくおいしいし、ジューシー。


でも、頭で想像する「まんじゅう」とは何か違う。あんまんの生地のようなふかふかが、香ばしく、タレを少し吸ってじゅんわり……。


想像と違う、と皆さん言うとおかみさんから聞いていたが、まさしくその通りだった。 


こうして、高崎駅までで40km。向かい風に逆らい、高崎グルメを堪能し、本当の意味で私たちのたまがわ600は終わった。

 


ブルベとしては非常に未熟な結果に終わったが、ライドとしては、本当に楽しかった。
そして、フロントバッグの一種、「シャリポケット」を導入したことで、荷物の管理がうまくいったこと、PCでの支度時間が大幅短縮できたことは、今回の成果だと思う。

やはり、ロールアップタイプのサドルバッグの開閉は、最低限にした方がよさそうだ。

(もちろん、後半までそれがうまく続いたかはわからないが)


たくさんの助言、あたたかい応援、PCなどでの楽しい時間が得られた、素敵な挑戦だった。

 

f:id:dobon96:20170616084753p:image
今日もお疲れ様でした!(そして3kg太っただけで終わる)

BRM603たまがわ600①

ついに、人生初の600への挑戦。


結果は、かなり早い段階でDNFをした。

余力もあったし時間もまったくないわけではなかったが、600km最大のポイント「仮眠」がとれるかというと、自分たちにはかなり厳しい気象条件だった。

そう思ったら粘る気が削げてしまったのもある。


そんなわけで、ほんの220kmほどで終わってしまったたまがわ600を記録に残しておこう。

 



6月3日、天気はいいが気温はほどほど。
雨の予報もなく、気温は上がりすぎないと、絶好の天候に思えた。これだけで、ひょっとするとひょっとするか???なんて浮かれてしまう。


スタート地点に向かう途中で、のっぴきならない体調不良からじぇんさんがDNS

初600にして虫さんとの2人旅となった。

 


・スタート


受付の時点で、「今日600だよ?大丈夫??」的な感じでお声をかけられる。
もちろん大丈夫ではないが、知っていて来ているので、ひとまず元気にご挨拶。

f:id:dobon96:20170614221926j:image

(狂気の沙汰とも思える自転車たち)


その後、3人ではないことに驚かれつつ、幾人か知っている方々にお声がけさせていただく。
また、虫さんとおつきあいがあったNさんが見送りに来てくださり、激励のようかんまで!

 

お手頃サイズのようかんは、PC1につく前にぺろりと食べてしまった。


また、もう本当に600km走りにいくとは思えないほどラフな格好で、しかも生活密着型の相棒と参戦されているニャンコさんにもご挨拶。
あまりにも朗らかでいらっしゃったので、虫さんと拝み倒させていただいた。


そんなわけで、2人でもかしましく(というか、やかましく)元気にスタート。

f:id:dobon96:20170614222817p:image

 


・スタート~PC1


ほとんどは定峰200と同じルート。
軽快に、マイペースに進む。

f:id:dobon96:20170614222917j:image

f:id:dobon96:20170614222946j:image

f:id:dobon96:20170614223003j:image
43kmのうち、30kmくらいは帰宅中のRさんが後ろにいて、しばしご一緒させていただいた。


虫さん「もう帰りたい!」
Rさん「早いwwwww」

 

そして、その後の道中では、美しいダンシング姿……

f:id:dobon96:20170614223026j:image

f:id:dobon96:20170614223052p:image

もとい、なぜこのいでたちで参加されているのか何度でも疑ってしまうほどの、ニャンコさん。いや、ニャンコ先生のお姿もあった。


この区間はとりあえず平坦サービスゾーンなので、程よく貯金をつくってコンビニ入り。
そして、今日は暑い。この時点で、すでに食欲減退気味の胃弱なクロ。

 


・PC1~PC2


ここからは、PC1で声をかけてくだったAさんと道中をともにすることに。
熱心にブログを読んでくださっているようで、そんなことを話題にしながら、少しばかり上り基調になった道を行く。

f:id:dobon96:20170614232522j:image

f:id:dobon96:20170614232536j:image


小沢トンネルに至る小峠と、しっかりとした峠らしさを感じさせる山伏峠を越えていく。
山伏峠のときはかなり暑く、これが登坂中ずっとだときついな……という感じ。

f:id:dobon96:20170614232554j:image


ただ、Aさん引きの軽快な下りのお陰か、貯金を増やしてPC2入りした。

f:id:dobon96:20170614232624j:image


ここで、ギリギリ納豆巻きと、鉄分入りゼリーを摂取。なかなかちゃんとしたものが食べられない。

f:id:dobon96:20170614232640j:image

 

・PC2〜通過チェック

 

ここからは、上り基調になり、700m程度の山をふたつ越えていく。
カンカン照りの心配をしていたが、進むにつれて分厚い雲が垂れ込める。

f:id:dobon96:20170614232739j:image 

f:id:dobon96:20170614232810j:image

f:id:dobon96:20170614232826j:image


涼しいだけマシだが、ここで雨でも降ろうものなら心が死んでしまう……とつい臆病になってしまう。

f:id:dobon96:20170614232848j:image


ドカンとした斜度はないが、ゆるゆるダラダラ、つづら折りとともに標高を上げていく。

標識でチラチラ見えていた志賀坂峠とはここのこのか?通過点の、志賀坂トンネルへと無事に到着。

f:id:dobon96:20170614232928j:image

f:id:dobon96:20170614232958j:image
5~6km下って、ふたつ目の上り。こちらも同じようにダラダラとした道だ。

f:id:dobon96:20170614233021j:image


Aさんが先行し、つかず離れずの距離で雑談をしながら、地道に進んでいく。
そして、湯ノ沢トンネルへ。

f:id:dobon96:20170614233040j:image

f:id:dobon96:20170614233055j:image


ここからは通過チェックまで気持ちよく下っていくのみだ。
ありがたいことに、また少しだけ貯金を増やして通過チェックの「道の駅 なんもく」へ。

f:id:dobon96:20170614233114j:image


カロリーの足しにはならないけれど、味噌こんにゃくは、汗冷えの体にじんわりと美味い。

f:id:dobon96:20170614233133j:image

ソフトクリームもかなり美味とのことだった。

 
さて、ここからはルートラボでみれば、50km近くは下り基調のはずである。
そこから20kmほど上り基調になって、次のPCという塩梅だから、うまくいけば貯金が増やせそうだ。


きっちり下って、仮眠のための貯金を少しでも増やして進もう!

 


ここまでは、そう思っていた……。

 


・通過チェック~PC3


軽快な下りは、最初のほんの10kmほどだった。
そこからは、小さな起伏が組み込まれ、さらに向かい風が吹き始め、ちっとも気持ちがよくない。

f:id:dobon96:20170614233207j:image


気持ちがよくないだけならまだしも、次第に風が強まり、進まなくなってくる。
本気で頑張っているのに、17~20km/hなんていう数字が、サイコンに当たり前に出ていた
風向きが変われば車の側に押し出されそうになるほど。

f:id:dobon96:20170614233504j:image


ちっとも進まない。
体力ばかりが削られていく。


貯金も食いつぶされていく。


一瞬だけトイレ休憩にコンビニによったが、この時点で気持ちは「DNFか?どうするか?」というところに来ていた。
それぐらい、予想以上に時間がかかり、しかも気温がガンガン下がっている。

f:id:dobon96:20170614233529j:image


ついに、暴風やまぬまま日没……。

f:id:dobon96:20170614233556j:image

f:id:dobon96:20170614233624j:image

  

結局とっぷり暮れて、PC3へと到着した。

f:id:dobon96:20170614233823p:image


風はまだまだ吹き荒れている。グロスアベレージは、この区間でずいぶん下がってしまった。
ここで、空腹が限界に達し、ようやくきちんとした食事にありつく。
日中は暑くて食べられなかったが、このPCに至る最後の10kmほどは空腹で身体が冷えていくほど。ひどく脱力感があった。


牛丼、揚げナスの味噌汁、鉄入りヨーグルトドリンクで腹を満たした。
ここから先、標高900mほどのところまで上っていくのである。ということは、今以上の寒さが予想される。
トームクルーザーとレインパンツは持参していたが、ダウンヒルはこれでもあやしいくらいの気温かもしれない。


粘り続けることもできなくはないが、時間内完走は厳しいだろうということで、ここでDNF判断。

 

f:id:dobon96:20170614234120p:image
そうと決まれば話しは早い。いそいそと防寒を決める。


まず、一番最寄駅の終電を調べ……家に帰りつかないことを確認。 
それではと最寄のビジネスホテルを検索し、幸いにも空き室ゲット!


そして、たくさんお話ししてくれ、前を引いてくれたAさんにお詫びと感謝を。
PCで会うたびに楽しくお話ししてくれたお兄さんや、Sさんの知り合いのお兄さん、拝み倒させていただいたニャンコ先生たちの無事を祈願して、お見送りした。


218km地点、たまがわ600チャレンジ終了!


元気なうちにDNF判断をしたので、風呂に入ってベッドで寝られることへの喜びが凄まじかった。

 f:id:dobon96:20170614234213p:image


・8km先のホテルへイン


運のいいことに、ここから8kmほど走れば桐生駅だ。
ここは駅前に宿泊施設が多い。
下り基調の夜道を、本当に元気に走って、駅前の東横インにチェックイン。

f:id:dobon96:20170614234241j:image
有難いことに、自転車はカギ付きの柵のなかの駐輪スペースに入れてもらえた。
洗濯機も乾燥機もあるし、一通りのアメニティはあるし、朝食も無料だし……
対して頑張れていないくせに、こんなに贅沢な夜を迎えられるなんて、嬉しいやらいたたまれないやら。


熱いシャワーを浴びて、マッサージをし、アミノ酸をとって就寝。
このままではもったいないので、明日もぷらっと群馬を走ることに決めた。

 

②につづく

 

ウワサの聖地にミーハー心炸裂!緑のAACR②

起床!


支度、朝食込1時間は、ちょっと見通しが甘かった。各々、今日は総北ジャージと箱学ジャージ。
15分ほど押し気味に宿を出て、会場までは悲しきかなTT。これも、いつものことなのだが。


何とかL組スタートに間に合わせ、一同列に並ぶ。

f:id:dobon96:20170606185537j:image
MCのお姉さんに弱虫ペダル御一行様」みたいな感じでいじられて、少し恥ずかしかった。
ファンライドイベントにペダルジャージ、ほんの1年前まではたくさんいたと思うのだが……。

 

ちなみに、じぇんさんの純太は、今日は祭壇のようになっている。

f:id:dobon96:20170606185618j:image



さて、緑のあづみのセンチュリーライド160kmコース。
全体的には、ヒルクライムっぽい要素はないが、まっ平らな道もあまりない。
起伏と、長めの登り基調といった印象が強い。
道がどーたら、斜度がこーたらいう感じではないので、ここからは素敵なエイドに絞って紹介していこうと思う。

 


・スタート~折り返し


最初は女性だけのトレインがしばらく続く。

f:id:dobon96:20170606185715j:image
じぇんさんがまさかのスローパンクで、あまりの回転の悪さに自分の脚の退化を疑ったとか。

 

f:id:dobon96:20170606185838j:image


「きついきつい!!!!」「でもエイドまでは止まりたくない!!!!」と言いながら、リム打ちに注意するために段差にはとかく気を使う。ついでに、ウキウキしても縦ノリ禁止令。

 

にもかかわらず、歌いたくなってしまうのが本日も「やれ! do it!!」

f:id:dobon96:20170606214451j:image

 


①あづみの公園穂高エイド


じぇんさんのタイヤは、こちらのエイドでとりあえず空気を入れて様子見。
銘菓「あずさ」と米粉パンに3種類のジャムが最初のエイドメニュー。

 

f:id:dobon96:20170606214512j:image

f:id:dobon96:20170606214534j:image


銘菓「あずさ」これがとっても美味……。
バームクーヘンのような生地(年輪はなし)にホワイトチョコがコーティングされている。

 

 

②あづみの公園大町エイド


先ほどから僅か20kmほどで第二エイドに。やや下り基調で進みやすかったが、じぇんさんのホイールはやはり空気抜けていっている。

 

f:id:dobon96:20170606235313j:image

f:id:dobon96:20170606235331j:image
公園内のちょっとだけ上り基調のあとのこのエイドが、噂のねぎ味噌おにぎりの配布地である。

f:id:dobon96:20170606235253j:image


おにぎり、つける味噌が6種類、朝採れ新鮮野菜(レタス、野菜スティック、お手製のレモンマヨソースのサラダ)が用意されていた。

 

f:id:dobon96:20170606235432j:image

f:id:dobon96:20170606235450j:image

f:id:dobon96:20170606235516j:image

f:id:dobon96:20170606235616j:image

f:id:dobon96:20170606235633j:image

 
これが、かの有名なねぎ味噌おにぎり……

f:id:dobon96:20170606235548j:image


いや、噂に聞きし、ウマさ。
全種類ちょっとずつつけて、味わう。私のお気に入りはにんにく味噌だ。


このエイド、どれもこれも感服してしまうくらい美味しかったのだが、いかんせん前のエイドと距離が近い。1~2時間に一回食事を与えられるのは、結構キツいものがあった。


最後に、マビックカーさんのお世話になって、じぇんさんのパンク修理。

f:id:dobon96:20170608000537j:image


じぇんさん「弱ペダ女、パンク修理もできねーのかよとか言われないかな」


虫さん「大丈夫だよ、せっかくサポートしてもらえるんだからしてもらおうよ!」
クロ「これも料金内だし、たまには頼ってみよう」


至れりつくせりりエイドに、ちょっと挙動不審な私たち。
ファンライドは、たとえ何かがあっても回収してもらえるのだ……それは何と稀有で、素晴らしいことなのだろう。


③大町木崎湖エイド


近すぎる!!

f:id:dobon96:20170607190110j:image

f:id:dobon96:20170608000617j:image

絶景の中を10kmほどで、このエイドだ。

 f:id:dobon96:20170608000917j:image


もうお腹は空いていない。
と言いつつ、出されたものは喜んで食べる。
ひやむぎ(お好みで辛味つき)と、固めの水ようかん。

f:id:dobon96:20170608183346j:image

f:id:dobon96:20170608183404j:image

f:id:dobon96:20170608183431j:image


何が満腹だ、と言いたくなるほど、どちらも口当たりがよく、高めのこの日の気温にぴったりだった。


④私設エイド・木崎湖

 

f:id:dobon96:20170608183451j:image
前日に行われていた、「ロングライダースミーティング」の参加者様、スタッフ様なのだろう。
先のエイドを出てすぐの木崎湖で、私設エイドを運営してくださっていた。

 

f:id:dobon96:20170608183510j:image


貯金もたっぷりあったので、ありがたーく寄り道。
フレッシュのときには通り過ぎただけの木崎湖で、よくローディーの方々が写真を撮る例のスポットで撮影もできた。

 

f:id:dobon96:20170608183535j:image

f:id:dobon96:20170608183612j:image

 

・折り返し〜ゴール

 

⑤白馬エイド


ここにいたるまでもタラタラ~~とした登り基調。そして、まさにカンカン照り。

f:id:dobon96:20170609090325j:image

f:id:dobon96:20170609090347j:image

f:id:dobon96:20170609090418j:image

f:id:dobon96:20170609090440j:image 

エイドでは、あっあつの豚汁と紫米のおこわのおにぎり、そして天然水のペットボトルが与えられた。

f:id:dobon96:20170609090503j:image
日陰で涼み、ペットボトルは手持ちのボトルに詰め替えて出発。

暑いとはいえ、豚汁は身体にしっかりしみわたった。

 

いざ!折り返し!

f:id:dobon96:20170609090644p:image

 

 

Yショップニシ(緑川商店)


この辺りの道のり、先月走ったばかりのフレッシュのルートと随分かぶっている。

しかもAACRルートも往復で、同じ道を二度通っているので、「一ヵ月ぶり二度目」「一ヵ月ぶり三度目~~」とついついはしゃいでしまった。
縁がある場所というのはあるものである。

f:id:dobon96:20170609090748j:image

祭壇には、つねに祈りの気持ちをわすれない。

 f:id:dobon96:20170609090808j:image


程なくして、こちら。おねがい☆ティーチャー」という作品の聖地でもあるYショップニシ。

f:id:dobon96:20170609090720j:image
店員さんが呼び込みをしていたため、私設エイドのように立ち寄らせてもらった。


名物らしい「梅ソーダ」をいただく。涼やかでとても美味だ!クエン酸が疲労回復に大活躍。

 お腹が空いていたら、おやきも買いたかった……。

f:id:dobon96:20170609142246j:image

f:id:dobon96:20170609142334j:image

 

 

⑦大町美麻エイド


ここまでは道幅が少し狭くなり、田植え中の田んぼを抜ける感じ。もしかすると、このエイドまでが一番上りらしい要素があったかもしれない。
メニューはそば焼きと、行者にんにくがのった固めの冷奴。

ここのエイドはやや小さめで、スルーする人もちらほら見受けられた。

f:id:dobon96:20170609142416j:image
余ったらしく、ここでは水ようかんも出ていた。

 f:id:dobon96:20170609142436j:image

味噌が挟んであって、もちもちと美味。

 


安曇野エイド

 

f:id:dobon96:20170609142458j:image

f:id:dobon96:20170609142519j:image


最終エイドに到着!凍らせたりんごジュースと、つけものが出た。歯ごたえが気持ちをリフレッシュさせてくれる。

f:id:dobon96:20170609142540j:image

f:id:dobon96:20170609142602j:image
気温はかなり高く、この年初の30℃越えでの野外活動のため、ちょっと具合が微妙な感じに……。


もうあと20kmもしないで終わるのか、と。160kmの短さに感慨深くなる。

 

そして、ここからほぼ平坦といってもいいくらいの軽い登り基調。暑さか、アレルギー物質か、気管支に炎症を起こしたらしく、地味~にキツい区間になってしまった。

f:id:dobon96:20170609142643j:image

 
⑨ゴール


最後は肺が苦しくなってしまったものの、時間にだいぶ余裕を残して楽しくゴール!

f:id:dobon96:20170609142706j:image


ゴール地点であっつあつのたい焼きが渡されたときには、少し面喰ってしまった。

f:id:dobon96:20170609142739j:image


こんなに手厚く、おいしいものが食べられ、人がわいわいしたファンライドイベントというものは、素晴らしいなあ……としみじみ。
エイドで関わる地元の女性たちが皆、明るくさっぱりしていて、少し強い印象なのが魅力的だった。

 


最後に、梓水園で念願のひとっ風呂を浴び、帰りは一番最寄の新村駅から輪行
(おそらく、ガーミンはこの入浴時に紛失したものと思われる)

f:id:dobon96:20170609142802j:image


松本駅からは、スーパーあずさで乾杯!

 

f:id:dobon96:20170609142829j:image
何かも至れりつくせりの、ブルベ感覚とは程遠い、手厚~い思い出になった。


たまにはこういうのもいいかもしれない。本当に、本当にいい息抜きになった。

 

f:id:dobon96:20170609142858j:image
今日もお疲れ様でした!(あずさも買って帰った)

ウワサの聖地にミーハー心炸裂!緑のAACR①

 

虫さん「ネギ味噌おにぎり食べたい!!」

 


この話は、昨年辺りに決まったのだっただろうか。
へるはんさんのブログや、ろんぐらいだぁす!のコミックを読んで、並々ならぬ関心を抱いていた「あづみのセンチュリーライド」


今年は「桜」「緑」とAACRが2回開催になったことによって、都合がつき、参加することができた。


はたして、多くの人が伝説のように語る「ねぎ味噌おにぎり」とは、いかなるものなのか……。

 

そして、AACRの記事その①は、まったく自転車に乗らない、女3人のオフ日の記録なので「自転車に乗らないお前らには用はない!」

という方は、②からお読みください。

 



5月20日、全国的に夏日。

 

じぇんさん、虫さんと連れ立って、朝イチのスーパーあずさ号で松本へと向かった。


車両端の席を押さえたものの、数名の自転車乗りと被り、さらには立ち乗りのお客さんもいるほど、結構な混雑だった。幸いにも始点の駅だったため、無事に自転車3台とともに出発!
喋り倒して、松本駅に到着。


受付&スタート地点の梓水園まで自走もできるが、乗換もさして大変ではないので、そのまま最寄りの新村駅までは輪行

情緒あふれる単線では、バイオリニストが車内で生演奏をしてくれた。

f:id:dobon96:20170602193127j:image


そして、10:30には駅に到着!

f:id:dobon96:20170602193151j:image


3km弱走って、AACR受付会場へ。

 

f:id:dobon96:20170602193230j:image

f:id:dobon96:20170602193209j:image

ぷらっとお買いものをし、スムージーを飲んでひと休憩。

 

f:id:dobon96:20170602193411j:image


虫さん「ちょっと青八木感じる色だよね!」
じぇんさん「やめてしんどい」


ここから、8kmほど今夜泊まる宿まで走り、荷物を置いてから、ライドの予定。


ゆるゆるっとツールド美ヶ原のコースを走るつもりで、ルートを引いてきた。


の、だが。 

 

宿へ向かう最中、虫さんの車体から謎の異音。
驚くべき暑さ。
眠気と疲労感に襲われるじぇんさん。


以外と遠いな……と辿り着いた宿で、太鼓を鳴らして係りの方をお呼びする(普通に呼べば来る)

f:id:dobon96:20170602193544p:image

 
係りの方「もうお部屋入れますよ、上がっていってください」

 

やさしいお言葉。


涼しい部屋。すでに敷かれた布団。
………。


今日のライドは中止!!
明日が本番だしね!

 

f:id:dobon96:20170602193647j:image


ということで、サボローディーと決め込んだ。
仕事が多忙だったり、ハードな予定をつめすぎたりしているので、乗らないでだらだらできる日は結構貴重だったりする。


部屋で涼んでから、お昼ご飯と、せめて松本城くらいは見に行くか!ということで、しばしグダグダ。


じぇんさん「めっっちゃピザ食べたい」
ということで、食べログ検索で、ピザが食べられる近場の良さげなお店へ向かうことに。


西松本のお宿から5分ほどのところにある、「BEANS」

f:id:dobon96:20170602193832j:image

焼きパスタが名物の、かなりこじゃれたお店だ。

f:id:dobon96:20170602193809j:image

それぞれピザや焼きパスタを堪能し、まったり雑談。どのお料理も手がかけてあって、とてもおいしい。やさしげなお味だった!

f:id:dobon96:20170602193724j:image

f:id:dobon96:20170602193750j:image


最後に、チョコレートアイスをいただいてしまった。これがまた程よく甘く、暑い日のおやつにぴったりだった。

 

鯨のペーパーウェイトが可愛らしい!ちなみに、入っているサインは地元のサッカーチームの選手たちのものだという。

f:id:dobon96:20170602193924j:image


さて、サイクルジャージでふらふらと、松本城にも観光。

f:id:dobon96:20170602193955p:image

f:id:dobon96:20170602194044j:image
鯉を呼び寄せてみたり、記念撮影をしてみたり。

f:id:dobon96:20170602194116j:image


大名町通りをプラプラしながら、ヨモギアイスを買い……

f:id:dobon96:20170602202923j:image 


じぇんさん「窓の外!!今、ルックとキャノンデールが通った!!!」
虫クロ「純太と真波やん~~」

 
信州味噌を試食して、たっぷりおみやげに買い込んだり…

f:id:dobon96:20170602202945j:image

f:id:dobon96:20170602203005j:image 

(ちなみに、購入した味噌は厚揚げのねぎみそ挟み焼き&もろきゅうになった)


色とりどりの豆を取り扱うお店で試食、さらにお土産を増やしたりと堪能した。

f:id:dobon96:20170602203123j:image

f:id:dobon96:20170602203139j:image

 
クロ「暑い~~酒飲みたい~~」
というわけで、帰りがてら近くのスーパーへイン。


3人「「「カンパーーイ」」」

 

f:id:dobon96:20170602203201j:image


昼酒が飲める幸せを堪能した。

f:id:dobon96:20170602203226j:image

f:id:dobon96:20170602203244p:image


3人で適当なことをくっちゃべりながら、酒を飲みつつタラタラと歩み、旅館近くのコンビニで夕食、朝食、アルコールをがっつり買い足し。

 f:id:dobon96:20170602221723j:image
夕刻の町並みはとてもきれいだった。


そして、信州?限定らしい「ルマンドアイス」もゲット。

f:id:dobon96:20170602221904j:image


旅館のなかは、ほとんどがAACR参加者の宿泊者でいっぱいらしく、玄関にはロードバイクビンディングシューズがぎっしり。
お風呂もグループごとの貸切で、私たちはたまたま待たずに入れたため、ストレスはなかった。


酒をあおりつつ、久しぶりのファンライドイベントに期待を抱きつつ……そこそこ早めに就寝。

 


起床時間は3時半、出発予定時刻は4時半だ。

ちなみにこの宿、AACRスタート地点までは8kmある。

 

f:id:dobon96:20170602221923j:image

 

起床時刻大誤算の女たちの運命やいかに。

 


②につづく

私の知らない昼の顔、道志みちライド

 

【悲しいお知らせ】

 

 


ガーミン820Jが半年未満で家出してしまった。

 

f:id:dobon96:20170529135001j:image


おそらく、5/21の「緑のあづみのセンチュリーライド」の地に、ガーミンは居座ることを決めたのだと思われる……。


そんなAACRの記録もあるのだが、その前に、週末ぷらっとしてきたぼっちライドの記録を上げてしまいたい。



5/27 晴天。
最高気温は27℃、風は涼しいいい天気。
予定ルートは、自走山中湖往復(面倒臭くなったら途中で輪行)


実際に走ったルートは、
自宅→道の駅どうし(折り返し)→ZEBRAで軽食→城山湖プチヒルクラ→自宅の、多少の迷子込み約120kmだった。

 

 

・昼の顔、「道の駅どうし」


虫さんにガーミンを借り、ルートを見ながら登り基調でマイペースに。


途中、国道413号最高地点とやらを越え、ここから結構下る。

f:id:dobon96:20170529135152j:image
これから上りなのに……ともったいない気持ちになりながら、下ってからがおそらく道志みち
これまで、夜に下ったことしかない道志みち……昼に上ってみると、ずいぶん赴きが違う。

f:id:dobon96:20170529135334j:image


思ったより整備されていて、道も綺麗。そのぶん、山の中という感じはあまりない。
たまたまなのかバイカーさんが多く、ちょっと走りづらい印象だった。


あまりきついポイントはなく、ちょこちょこ下りが挟まるが、それが逆に「帰りはこんなに登るポイントが……そうだよなあ、ブルベの時も以外と登りが挟まってるもんなあ」と、ダレた気持ちに。


初夏らしい濃い緑と、見事な富士山が美しいが、私が写真を撮るとこのレベル。

f:id:dobon96:20170529135310j:image


そして、驚くほどにぎやかな、昼の「道の駅どうし」に到着した。

 f:id:dobon96:20170529135353j:image


補給は、この日フェアをやっていた豚串。ジューシーでとてもおいしい。

f:id:dobon96:20170529135412j:image


明るい時間、というか、営業している道の駅どうしに立ち寄るのははじめてだったが、夜とはまったく違う顔だ。家族連れで混雑している。
甲斐300のどしゃ降り極寒の深夜、フレッシュの雨降りと霧深い深夜、その2回とも、私たちの命を救ってくれた場所だったが、昼間の明るい姿は、本当に別人のようだった。

 

 

・折り返し、ZEBRAランチ


さて、ここまでで思いのほか時間がかかったので、山中湖まで行ってもエスケープする駅も近場にないし、今日のところはひとまずここで戻ることに。


登り返しがかったるいなあ、などと思いのながら下りはじめれば、何のことはない。
1時間半で、津久井湖まで戻ってきた。


想像よりも早かったので、

ローディー御用達カフェ「ZEBRA」でひと休憩。

f:id:dobon96:20170529135436j:image

f:id:dobon96:20170529135457j:image


PEKOさんが販売している「軽量サコッシュにパン・オ・ポムのおみやげを入れて、再出発した。

f:id:dobon96:20170529135542j:image
尚、この軽量サコッシュは、ライターよりも小さく畳め、ツールボトルにそっと忍ばせておける素晴らしい一品だ。

 

ここから、帰りがてら城山湖に寄り道し、プチヒルクライムで食後の運動。

f:id:dobon96:20170529135634j:image


うっかり、十字路の交差点で曲がる方を間違えて、ふたたび津久井湖に戻るというミスをし、多少迷子にもなったが、無事に帰りつくことができた。

 


食べたものを振り返ると、塩飴数個、チョコミントアイス、豚串、クロワッサンのみなので、朝~夕方まで走るには、ちょっと少ないかもしれない。


あまり機会のない1人練だが、ひたすらマイペースなのも(道に迷う以外)は、たまには面白いものだと思う。

 

f:id:dobon96:20170529135658j:image

今日もお疲れ様でした!(520Jの地図は荷が重い)

山ゴリラ、富士見パノラマリゾートでダウンヒル合宿②

ダウンヒル後半戦~わんわんタイム


食後の腹ごなしに、本日日帰り参加のOさんと、Oさんが連れてきた美形大型犬2匹に遊んでもらう。


やさしくかしこい顔をした2匹は、もうたまらない。思いっきりわふわふしてもらった。

f:id:dobon96:20170519144635j:image

f:id:dobon96:20170519144649j:image

 

ほどよく休憩もとり、いい感じに準備ができたところで、ダウンヒル2本目スタート!!

 


が、雨。


このところ本当に天気に恵まれなくて絶句しそうになるが、大した雨量ではないので、路面に気をつけてダウンヒルを続行することにした。

 

引率者にOさんが増え、娘ちゃんは昼寝のため一旦離脱。
フルフェイスのヘルメットとゴーグルに絶句するほどのムレを感じながら、ふたたび15分かけて頂上へと登った。

f:id:dobon96:20170519144715j:image


2本目は、先ほどより少し軽快にスタート!
ほんのわずかだがコツもわかり、いい感じに下っていたところで、


ぬるっ


ゆたそさんが、泥に車輪をとられ落車した。
本当にゆっくりゆっくり転んだが、手の付きどころが悪く、親指を負傷(のちに、靭帯を痛めたらしいと判明)
ブレーキも危ういということで、ここからはTさん見守りのもと、ゆっくりペースで別行動で下りてくることになった。

 

天候と路面にあわせ、少し空気圧を下げ、再出発。

f:id:dobon96:20170519144735j:image

f:id:dobon96:20170519144810j:image

注意深い虫さん、猫背を治したいじぇんさん、ずっとサドルからケツをあげていられないクロで、やや湿った泥の上を走る。
途中、やっぱりぬめった泥にタイヤをとられ、虫さんが軽い落車。


それでも快調に走り終え、じぇんさんと二人ノー落車を喜び、テントへと戻ろうとしていたところ……


何もない、コンクリートの施設内の、駐車場への通り道のようなところでじぇんさんが落車していた。


数メートルほど先にいたので、その瞬間は見ていなかったが、ハンドルから手が滑ってしまったらしい。
油断は禁物である。


あとあと、何とか下りきったゆたそさんと、コンクリ落車のじぇんさんが、同じ手元の負傷により離脱。
最後に、虫さん、私、MさんOさんと4人で1本走って、ちょうど16:00のバイク返却に間に合わせた。

 

f:id:dobon96:20170519144838j:image

f:id:dobon96:20170519144851p:image

引率のSさんが引いている。


しかしながら、自分を褒めながら下る虫さんはすごかった。声を出すと気が散ってしまう私には、とてもできない。

 


③晩ご飯・入浴~買い出し


今夜の晩ご飯は、「レストランかぶと」

洋食屋さんだ。

f:id:dobon96:20170519144936j:image

とにもかくにも肉が食べたい、ということで、ヒレ肉のステーキ定食に。
肉を噛みしめ、実はガッチガチの筋肉痛になっている太ももに栄養を補給した。

f:id:dobon96:20170519150110j:image

f:id:dobon96:20170519150123j:image

鹿の定食はこんな感じ。 


入浴は、昨日と同じ金鶏の湯にてさくっ
と。お風呂上りに、貸切状態の広間で大スト
レッチ大会。

f:id:dobon96:20170519145044p:image
買い出しも昨日と同じスーパーだが、今宵は生ハムやらチーズ、柿の種etc……つまみへの欲望が昨日より露わになっていた。

 


③今宵も飲み会


明日は帰るだけ、ということで、夜の飲みの席もいっそう盛り上がる。


まずはこいつ、「獺祭」

f:id:dobon96:20170519145113j:image
このちょっと尋常じゃないおいしさには皆思わぬ食いつきっぷりで、あっという間になくなってしまった。


さらに、岐阜の日本酒「女城主」もあける。
ちなみにこの女城主、そして昨日空けた久寿王は、ブルベ試走まっただ中にMさんが買ってきてくれたものだ。
日本酒2本担いで、ブルベ試走を終えて、ついでに富士見パノラマでダウンヒル……やっぱりMさんは人ではない。


そして今夜も罪なチーズとベーコン。

f:id:dobon96:20170519145142j:image


あーでもないこーでもないと、酒と自転車談義で、夜は更けていく……。

 

f:id:dobon96:20170519145206j:image

 

 

・三日目


①撤退準備


だらだらっと、今朝は遅起き。
またもひどい蒸し風呂で、脱水で死にそうになる。


今日は帰るだけ、ということで、各自朝ご飯のあとは、テントの解体作業だ。


テントの覆いをひっぺがし、
掛け布団を干し、
インフレータブルマットも干し

f:id:dobon96:20170519145245p:image


Sさん「インフレータブルマットの空気の
抜き方教えるよ~!丸めて、ゆっくり空
気を抜いてって……」


じぇんさん「わかりました!」

 

f:id:dobon96:20170519145304j:image


上からいっきにどーーーーん!!!

 

f:id:dobon96:20170519145318p:image


クロ「なんで?!!今、ゆっくりって!
!いったばっかり!!」


そのほかにも、マットを持って走り回ったり……

 

f:id:dobon96:20170519145353p:image

f:id:dobon96:20170519145411j:image


あれやこれやと、やっているうちに、何とか撤退準備完了。

 

ちなみに、今回のブログがなぜ「山ゴリラ」かというと……

 f:id:dobon96:20170519150219j:image

f:id:dobon96:20170519150231j:image

f:id:dobon96:20170519150247j:image

こんな写真を撮っていたからである。

参加者の娘ちゃんに気に入ってもらおうと、ゴリラのモノマネで遊んでいたが、彼女自身には「仲間になりたくない」と言われてしまった。

痛手である。

 


②ラスト昼ご飯


最後のご飯は、「野麦」

f:id:dobon96:20170519145546j:image
山梨の競輪選手たちが集う、ボリューム満点のおいしい食堂だ。

f:id:dobon96:20170519145600j:image


残念ながら夜は営業しなくなってしまったそうだが、「焼肉定食」のこのつやっつやの肉、この大盛り具合、味付け、たまらない。

f:id:dobon96:20170519145615j:image


虫さんのエビフライ定食も最高だった。

f:id:dobon96:20170519145629j:image


談笑し、おいしく食べたところで、参加者の皆さんとお別れ。


今回も本当にお世話になりっぱなしで、大変貴重な体験をさせていただいた。
毎度のことだが、MTBが欲しくなって帰っていくのである……。

 


③ラブ・フェスティバルin車内


さて、富士見からの帰路。

f:id:dobon96:20170519145647j:image
車内には、運転席のじぇんさん、助手席の虫さん、後部座席のゆたそさんとクロの4名。

 

とりあえずアガる曲で合いの手フェスティバルを開催した。

f:id:dobon96:20170519153534j:image

 
「じょーーーーしょーーーーー立海大!
!!!!」

「あんこ入りーーーパスタラーーーーー
イス!!」
「よみがーーーえーーーーれーーーーー
!!!」
氷帝ダンスで凍らせてッッッッ!!」
「はーーーてしなく続くグローーリーー
ーローーーード!!!」

 

「純太あああああああ!!!!!!!ああああああ!!!!!!(号泣)」

 

f:id:dobon96:20170519145722j:image

 

この辺りは、もうニュアンスをお伝えすることしかできないので、ブログとしては読み飛ばしていただいて構わない。


一度、給油のために談合坂SAに寄って、皆でスタバと洒落こんだ。

f:id:dobon96:20170519145738j:image
このときが、一番ゴールデンウィークのレジャーを楽しむ女性っぽかったかもしれない。

 

 

「オーーーー!!!!マイウェイ!!!!」


踊り狂うゆたそさん。

f:id:dobon96:20170519145800p:image

f:id:dobon96:20170519145820p:image
帰り道も、ほとんど渋滞に捕まることはなく、地元まで帰りつくことができた。


それぞれの家の前まで送り届けてもらい、アホのような量のキャンプグッズを抱えて、帰宅。


こうして、声が枯れるまで歌いつくした、充実した合宿となったのだった。

 

f:id:dobon96:20170519145844j:image
今日もお疲れ様でした!(山ゴリラ、現実に帰る)