おしゃれ自転車乗りへの一歩? バイクロア7参戦

じょそう【女装】

……それは男性にのみ許された神秘の世界。そこに、我こそはと名乗りを上げた方がいた。

 

SとうJさん 「にあいますか?」

 

虫さん「着ましょう!!!!女装したいという熱き願望、しかと受け止めました!!!!」

 

 

そうして、お誘いいただいた秋ヶ瀬の森バイクロア7。


MTBもシクロ車も持っていない私と虫さんは、またも人様にお借りするかたちで参戦を決意。


しむらさんのマビックカーに甘えに甘え、朝も早くからバイクロア会場までひとっぱしり。
優雅に朝マックなどを楽しんで、会場入りを果たした。

f:id:dobon96:20171208134658j:image

 

 

・さっそく、女装


参加メンバーはSとうJさん、奥様のN子さん、しむらさん、Kむらさん。
そして、虫さん、クロ。
大遅延に巻き込まれ、まだ現地についていないじぇんさんの7人である。

 

ご挨拶もそこそこに、かつて虫さんが友人たちとの誕生日会で着用したネタ的なラブリーメイド服をひらり……。

 

SとうJさん「オウルクラスは明日だよ!」


Kむらさん「いけますよ、いろんな格好の人すでにいますから!」
N子さん「リボンちゃんとした方がかわいいよ」

f:id:dobon96:20171208135223j:image


しむらさん「オレも着るの?!」

f:id:dobon96:20171208135310j:image

 

このあたりは、やいやい言われていた気がするけれど楽しかったのであまり覚えていない。
じっくりと、可愛らしい姿の2人の写真を楽しんでほしい。

f:id:dobon96:20171208134759j:image

f:id:dobon96:20171208134812j:image

f:id:dobon96:20171208135407j:image

f:id:dobon96:20171208134745j:image

 

お二人のファンが増えそうだ! 

 

・出店がオシャレ


ひと段落ついたところで、グルメ&お買いものタイム。
登山?ハイキング?山活動向けのアイテムも多く、アパレル系はどれもおしゃれである。

f:id:dobon96:20171208134900j:image


めずらし系のオーガニックティーや補給食など、見ているだけでちょっと上質な自転車乗りになったような気さえする。
ブルーラグさんで、キャップはなんと1000円。飛ぶように売れていた。

f:id:dobon96:20171208134925p:image


出走前の腹ごしらえといって、消化にいい鹿肉のシチュー「白しかごはん」を食べるが、これがこのあと裏目に出るのであった……。

f:id:dobon96:20171208135021j:image

 

吹き抜けるアンニュイの風。

 f:id:dobon96:20171208135448j:image

 

・チームラリーBスタート


へとへとクタクタになって、レースまでには何とかじぇんさんが到着。
女性4人、男性3人(うちひとり女装)とチーム分けして、参加をすることになった。


女性はとりあえずひとり1周交代ということで、N子さんからまずはスタート。
KONAのフルサスのバイクを交代で使用した。
N子さんが走り、虫さんが走り、

f:id:dobon96:20171208135515p:image

f:id:dobon96:20171208135531p:image

 

そして自分の番……

 f:id:dobon96:20171208135609p:image


速度は出ていないのに、やたらめったら息が切れる。暑い。サスペンションで力が逃げるので、ギアの選択がよくわからない。
転ぶまいと思っているうちに、とりあえず1周目は終了した。

 

続いて、駆け抜けていくのはじぇんさん、

f:id:dobon96:20171208135703p:image

 

男性チームはといえば、SとうJさんの勇姿。
はためくスカート。

f:id:dobon96:20171208140334j:image

f:id:dobon96:20171208140351j:image


他メンバーの皆さんの応援にも余念がない。

f:id:dobon96:20171208135743j:image


2巡目からはちょっと面白くなってきて、3巡目は最終走者だったため、余分に走って障害物の階段に怒りを覚えながらのゴール。


後半になればなるほど道が削れてくるので、ハマったり滑りやすくなったりと気をつかう。とにかく重くして踏む意外に浮かばなかったため、脚は微妙な疲労感……たぶん、こんなに重くしないでいいのだと思う。

 

その後は、ふたたびのグルメタイムということで、皆で出店をプラプラ。

f:id:dobon96:20171208140622p:image


鶏のコンフィとホットウイスキーを買ってみたのだが、身体もあたたまり、幸せな気分に。

その場で焼き目をつけてくれる鶏肉は、ホロホロで味も抜群だった。

f:id:dobon96:20171208135904j:image

f:id:dobon96:20171208135920j:image


・輝きを競うサンセット


そして、最後のレース。本日の種目のなかで一番のイロモノかもしれない、日暮れのレース。
暗闇を走るので、ライトアップする参加者の多いこと多いこと……。


その中でもひときわ目立つ、Kむらさん。
二輪駆動の自転車と自分をがっっっつりライトアップし、いざ走る。

尚、身体につけたバッテリーはアイフォンが10台は充電できるとのこと。

 

f:id:dobon96:20171209093419j:image

f:id:dobon96:20171209093447j:image
見事すぎる明るさ……。


サンセットには、あの格好のままのSとうJさん、しむらさんも参戦。

 
このレースはガチ勢あり、輝きを競うものあり、バイクテクニックで魅せるものありで、本当に面白かった。応援も自然と盛り上がる。
何より、障害物として設けられた階段を、タイヤの太いバイクたちがゴリゴリ駆け上がっていくのは、格好良かった。

f:id:dobon96:20171208140006j:image
そして担ぐ人たちもびっくりするほど早い。

f:id:dobon96:20171208140023j:image

f:id:dobon96:20171208140042j:image

 

「世界で一番輝いてるよーーーーー!!!」

 

f:id:dobon96:20171208140103j:image

f:id:dobon96:20171208140123j:image


こうして、人々を引き寄せる素晴らしい明るさのKむらさんが伝説を残し、サンセットは終了した。

 f:id:dobon96:20171208140414j:image



はじめてのバイクロアというイベント。
昨年の24耐ぶりのMTB走行。


乗るたびにほしいなあと思いつつも、車もないし走るところにも困るしで、まだまだ憧れどまりになりそうだ。

イベント終了後に皆で寄ったサイゼリアで、またひとつブルベの狂気に触れた気がするが、それは心の中にしまっておこう。

 

f:id:dobon96:20171208140146j:image

今日もお疲れ様でした!(女装は宝)

 

のんびり平坦の旅、荒川スープポタ

11月12日、晴れ。風は冷たくなってきたものの、走るには申し分ない天気だ。


今日は、しぃさん、どろさん、真嬉さん、紗芋さん、虫さん、クロの6人で、荒川ポタリングのその名に恥じぬ「ゆるゆるゆるポタ」を開催した。


真嬉さんが夕方に豊洲で用事があるということもあり、離脱がしやすいよう下流へランチを食べに行くだけのライドである。

 



まったりと9時に集合し、10時前にスタート。

f:id:dobon96:20171128185300j:image


荒川CRは下流の方が比較的人が少なく、走りやすい。
目的地までは20kmほどなので、12時のオープンを目指してのんびりのんびり雑談しながら走る。

f:id:dobon96:20171128185318j:image

f:id:dobon96:20171128185346j:image


走り出すと軽く汗ばむほどだった。
荒川CRの外に出る橋のたもとの時点で、11時を少し回ったところ。あまりにも早すぎるので、すぐそばの下流終点まで向かい、写真撮影タイム。

f:id:dobon96:20171128185543j:image

f:id:dobon96:20171128185601j:image
そして、こんないい天気でもゴリラ。
今日は女子ライドだったはずなのだが。

 

川を挟んで、葛西臨海公園の観覧車が見える。

f:id:dobon96:20171129141623j:image
ゴリ活、ぬいママ活と楽しんだあとは、荒川CRを離れ、目的のお店へ向かう。

 

近いとはいえ、押し歩き推奨の歩道橋を越えるのは、なかなか面倒くさい(この日、この歩道橋を5回渡った)

f:id:dobon96:20171129140939j:image

f:id:dobon96:20171129140953j:image


12時ちょっと前に到着したのはこちら、「スープ食堂 パーチ」

f:id:dobon96:20171129141055j:image


しぃさんの紹介で連れてきてもらったこちらは、スープのランチセットがメインで、ゴロゴロとした具材が入り、絶品なのだそう。メニュー名からしておいしそうで迷ってしまう。


皆が野菜たっぷり鶏塩スープ、シチューハンバーグスープなどをチョイスするなか、


クロ「から揚げランチひとつ!」


肉の誘惑に負ける私……。ランチセットにはスープもつくのでよしとしよう。


手作りのザワークラウトは瓶で出してもらい、それをひたすらつまみながら、充実のランチタイム。

f:id:dobon96:20171129141134j:image

f:id:dobon96:20171129141118j:image
どれも野菜がゴロゴロで、美味しい。もちろんから揚げもジューシーで、大満足だ。

 

f:id:dobon96:20171129141637j:image

尚、これは奇跡のごとく可愛くとれたおまんじゅうだ。


豊洲、そしてディズニーランドへ


ランチを済ませたあとは、用事のある真嬉さんを豊洲まで送り届けるライド。10km未満だが、交通量がそこそこあるので、あまり気持ちのいい道ではない。


途中、たまがわのKと(ひ)さんとエンカウント、ヘルメットとサングラスは人物の認識を曖昧にするので、気付いてくださってすごいな……と感嘆するばかりだった。

 

f:id:dobon96:20171129185918j:image

f:id:dobon96:20171129185940j:image


そして、都会の景色の中、去りゆく真嬉さん。

 

f:id:dobon96:20171129190016j:image
彼女は、これからブタキン(舞台キングオブプリズム)のライブビューイングへ向かうのだった。
はたして、実体化した推しとの解釈は合うのか。


ここからはまた荒川CRへと戻り、せっかくこちらまで来たのだからとディズニーランドを目指すことにした。

f:id:dobon96:20171129190214j:image

f:id:dobon96:20171129190250j:image
途中、日暮れの景色があまりにも美しく、立ち止まる。まるで青春ドラマのような光景だ。

 

 f:id:dobon96:20171129223034j:image

f:id:dobon96:20171129223053p:image


どろさん「ホモ撮りたい~~」
クロ「わかる、河川敷でニアホモが缶コーヒー交換するやつ」
紗芋さん「ていうかサイジャなら髪だけなんとかすれば、後姿でホモ撮できるんじゃね?」

 

f:id:dobon96:20171129223129j:image

美しい景色はいつも、ゴリラと妄想のなかのブロマンスとともに。

しぃさんエスコートでかなり走りにくい葛西臨海公園を過ぎ……

 

f:id:dobon96:20171129223212j:image

f:id:dobon96:20171129223232j:image

 

ついに、憧れのディズニーランドとチャリ撮影。

 f:id:dobon96:20171129223317j:image

f:id:dobon96:20171129224338j:image
推しとのランドデート??を叶えてしまった。

 

ここで、ライトの装備がたまたまなかった紗芋さんとは、暗くなる前に浦安駅でお別れ。

f:id:dobon96:20171130080410p:image

しぃさんどろさん、虫さん私の4名になって、ここからは北千住駅を目指して荒川CRのナイトライドである。

f:id:dobon96:20171130080451j:image

 


・けっこう暗い帰り道


とにかく日が暮れるのが早いこの時期は、あっという間にライトのお世話になる時間だ。
荒川CRを上流に向かって、ダラダラとしゃべりながらのんびり走る。

f:id:dobon96:20171130080516j:image

f:id:dobon96:20171130080534j:image

f:id:dobon96:20171130081113j:image


人が少ないので、走りにくさは感じない。
こんなライドがしたいねとか、こんなホモが最高だねとか、好き勝手言いながら、北千住駅でゴール。

f:id:dobon96:20171130081138j:image 
自転車を輪行に組み上げてから、駅前でマックを食べて、ほどよい時間に解散した。

詐欺なし無理なし、頑張りどころまったくなしのゆるゆるポタポタ荒川ライド。
次回は、グルメ要素をさらに増やして頼めたらいいな、と思った。


上流より下流に向かうほうが、道も舗装されていて走りやすかった。

 

f:id:dobon96:20171130081340j:image
今日もお疲れ様でした!(一番謎な紗芋さんの写真)

 

ゆるくパン屋をめぐる会??伊勢原グルメライド

11月5日、最高の秋晴れ。


東海道600DNF以来、週末は台風と雨続き。観戦予定を入れてしまっていたのもあり、ほぼ1ヶ月ぶりに自転車に乗れるお休みとなった。


今日のライドは、みのさん、しむらさん、虫さん。パンやプリンを食べに行くという、なんとも楽しそうなライドのようだ。


グループ名は「ゆるく走る会」だったのだが……。

 

 


輪行回避とのご配慮で、私と虫さんにとっては自走で行きやすいところからのスタート。

 f:id:dobon96:20171113185358j:image
コースも何割かは過去の練習で使ったことのある、ふんわりと見覚えのある道だった。


途中途中で、みのさんが「ここはアオバのブルベでよく使います。覚えておいてください」と言ってくれていたが、アオバってあのアオバヒドイのアオバ……と恐れおののくしかできない。

 f:id:dobon96:20171113185422j:image


さて。
まずは尾根幹と、みのさんを先頭に、私、虫さん、しむらさんと続いて走り出したのだが。


みのさん速い。


みのさんにとってはのんびりなのであろうことは伝わるものの、速い。
ずっと身体を伏せて踏み込んでいないと近くにいられない。
登りのたびにずっと息切れする私。


少しでも登りの距離が伸びればたやすくちぎれ、アオバジャージを見つめながら、とりあえずはと頑張って追いかける。

 


が、どうやらそんなことをしていたのは私だけのようで、虫さんとしむらさんはきっちりペース配分をし、少し離れたところでしっかり走っていた。

 f:id:dobon96:20171113185437j:image

 

アップダウンやカーブの関係で後方に二人の姿が見えなくなり、私は美しい秋の景色の中、なぜか遠くのみのさんとツーリング(???)


尾根幹のほぼ最後で見た、話題の某大統領が乗っているかもしれないエアフォースワンの写真を、みのさんが撮影するために止まっていた。

f:id:dobon96:20171113185644j:image


みのさん「のんびり行きましょう」


それは、いわゆる当社比ですよね……。そんなことを心に思いつつ、後ろの二人とようやく合流。

f:id:dobon96:20171113185745j:image

前半30km地点のコンビニでアホのように疲弊していた。

f:id:dobon96:20171113185812j:image

f:id:dobon96:20171113185833j:image

 

 

・立ち寄り一件目「ブーランジェリーパルムドール


相模原市カインズホーム城山店の目の前にある、こじんまりとしたおしゃれなパン屋さん。

f:id:dobon96:20171113185903j:image

f:id:dobon96:20171113185922j:image

f:id:dobon96:20171113185938j:image


イートインはないが、空き地があるので、そのへんに腰かけてささっといただく。

f:id:dobon96:20171113185958p:image


生地がうまい。
抜群にうまい。


シンプルでおしゃれげなパンたち、後味がすっと引いていくところからも、素材の良さがうかがえる。
発酵バターのクロワッサンにも、脂っこさやもたれる感じが全然ない。
そして、むっちり感の強いベーグルサンド。噛めば噛むほどちゃんと生地の味がする。具材もシンプルかつおしゃれ。

f:id:dobon96:20171113190045j:image
基本は買って帰るようになってしまうけれど、ぜひ立ち寄ってほしいお店だ。

 

 

・立ち寄り二件目「シェア」


パン屋のあとはふたたびアップダウン。というかアップダウンしながら少しずつ標高を上げていく。
水位の増した美しい宮ケ瀬湖を眺めつつ……みのさんを追って息切れツーリング。
私は一体何を?と何度か思いつつ、景色よりもアオバジャージの記憶が濃い。

f:id:dobon96:20171116135720j:image

f:id:dobon96:20171116135739j:image

f:id:dobon96:20171116135802j:image

f:id:dobon96:20171116135819j:image


土山峠を下り、七沢のあたりをヤビツ方面に向かって走っていく。かつて、ZUND-BARというラーメン屋さんにヤビツ峠帰りに何度か行ったことがあるが、ちょうどその逆走だ。


みのさんと二人、一足先に目当てのプリン屋さんに到着。


勝栄舎牧場菓子工房「Share」という、牧場が隣接したプリン屋さんだ。販売スペースと小さなイートインは、これまた大変おしゃれ。

f:id:dobon96:20171116135911j:image 

f:id:dobon96:20171116135928j:image


わずか2~3分で、楽しげな様子のしむらさんと虫さんがやってきたので、「これだけの差しかないのなら、みのさんを追わなくてもいいのでは???」とやっと正気になった。

f:id:dobon96:20171116135836j:image


「まきばの贅沢」という、絶品とけるプリンをイートインでいただく。紅茶をサービスでつけてくださった。

f:id:dobon96:20171116140016j:image


しむらさんが事前に、「おにぎり?おむすび??あれも持ってきて、好きにやっていいよ!」と言っていたので……

 

おまんじゅう!!

 

f:id:dobon96:20171116135958j:image
よかったね、純太。ここのお店やっと来られたね〜、とぬいママ活動に精を出す。


とろっとろのプリンは甘さ控えめで、大変おいしく、お上品なお味だった。ちっともくどくない。もう二個くらいは食べられそうである。

f:id:dobon96:20171116140035j:image

f:id:dobon96:20171116140051j:image


そして、そこから3kmあるかないか……

 


・立ち寄り三件目「ムール ア・ラ ムール」

 

f:id:dobon96:20171116140137j:image
伊勢原にあるパン屋さん、ここもまたフォトジェニックな雰囲気。
しかし、15:00閉店の店舗に14:00近くに来たために、パンがほとんど残っていない。

f:id:dobon96:20171116140155j:image


それでも何とか色々買わせてもらい、外のイートインで食べながら談笑タイム。こちらはハード系のパンが多い印象だった。

f:id:dobon96:20171116140235j:image

f:id:dobon96:20171116140551j:image

みのさんの笑顔が大変キュート。

 
こちらのパンも素材勝負な、ちゃんとした美味しさが味わえる。具材の味でごまかさないし、リーンな生地にうまみがしっかり。
シンプルなくるみのカンパーニュでカマンベールチーズをサンドした一品は、歯ごたえもよく、香りも抜群だった。

f:id:dobon96:20171116140214j:image


おいしいパン。単純にしあわせになって疲れも吹き飛びI.Qは2に低下。
結構ぐだぐたと喋ってしまい、ここからは夕暮れの帰路を進む。

お土産は、しむらさんのハンバーガー(巨大サドルバッグ)に入れてもらえることになった!

 f:id:dobon96:20171116140705j:image


・立ち寄り四件目は定休日&27%激坂


このあたりからはしむらさんを先頭に、ゆったりと走って帰る。行きに比べればずいぶん平坦基調でだいぶ走りやすい。

f:id:dobon96:20171116140730j:image


そんな感じで少ないながらもウワッとなる坂をいくつか走っていると、……途中に凶悪な標識が。

f:id:dobon96:20171116140835j:image

 
アオバヒドイの試食タイム。

もちろん、しむらさん、みのさんは余裕のクリア。

f:id:dobon96:20171116140915j:image

f:id:dobon96:20171116140927j:image


待ち受けるみのさん。

f:id:dobon96:20171116141351j:image

歩かされる虫さん……。

f:id:dobon96:20171116141029p:image


みのさんのアオバ大魔王感が半端ない。


ちなみに坂自体は、短いだけあって、思ったよりは凶悪ではなく、走ることができた。視覚的にはちょっと怖いかもしれない。

 f:id:dobon96:20171116141422j:image

 

一山越えて、高田橋の近くの住宅地の中を、もう一軒の気になるパン屋さんに向けてアドベンチャータイムとなった。

f:id:dobon96:20171116141445j:image


グーグルマップははたして頼りになるのか……?

f:id:dobon96:20171116141508j:image

f:id:dobon96:20171116141528j:image


と思ったら発見。

残念ながら、今日は定休日だった。

 f:id:dobon96:20171116141543j:image

f:id:dobon96:20171116141631j:image


それでもずいぶん堪能をさせてもらい、最後は多大なる安心感のなか、17時の早い日暮れとともに帰路につく。

f:id:dobon96:20171116191037j:image
尾根幹は避け、平坦道をゆるゆる連れ帰ってもらった。

f:id:dobon96:20171116191109j:image


今回のベストショット。

うしろを走るみのさん。とてもとても強そうである。

f:id:dobon96:20171116191140j:image

 

最後にちょろっと補給に立ち止まり……

f:id:dobon96:20171116191311p:image

f:id:dobon96:20171116191541j:image


そして、スタート地点近くのコンビニでゴール!

あたたかなイートインでなんのためにもならない私たちの話をしながら、晩ご飯を食べた。

f:id:dobon96:20171116191822j:image


常に笑いのツボの浅いしむらさん。しむらさんは無意識に萌えネタをぶっ放してくるのであなどれない。

 f:id:dobon96:20171116191720j:image

 

コースとしては、見知った道がほとんどだったのに、なぜか1人でつらくなり、図らずも良いトレーニングになった。
パン屋はおいしく、時間に追われずおしゃべりもできて、一ヵ月ぶりの自転車だというのに、本当に楽しい時間を過ごすことができた。


ちなみに、実はブルベの男性との普通のライドは初めてだったため、道中でしたコンビニトークに、「おお、ブルベの人とライドしているぞ!」と密かに盛り上がったのだった。
ぜひまた、楽しく、おいしいライドをお願いします。

 

※今回は顔出しの許可を得ているので、お二人ともそのまま写真を掲載しています。

※虫さんだけでなく、みのさんが撮ってくれた写真も使用しています。

 

f:id:dobon96:20171112085913p:image
今日もお疲れ様でした!(みのさんのスタンプ検討の痕跡)

ダラダラオフ延長戦、サイクルモードとさいたまクリテ

毎年、基本的にはメダリストとグリコパワープロダクション製品を買い込みにいくサイクルモード

今年もどっさり買わせていただいた。いつもお世話になっています。

 f:id:dobon96:20171111125802j:image

 

わいわい展示を見たり、トークショーを聞いてみたり、目的がなくても楽しいイベント。
最近ロードバイクを納車した虫父も参戦し、親子そっくりの買い物の光景を見ながらゆるゆるっと周る。


途中、奥多摩200以来のNいとさんにもお声を掛けてもらえて、とてもうれしかった!
おっとり話すNいとさんは、逢えるとなんだかあたたかな気持ちになる。

 

今年はサイクルモードに加えて、スターライトクロスの方にも用事があった。

 

それは、弱虫ペダル シクロクロスライド」


1周1km弱のコースを、弱虫ペダルの作者、渡辺航先生と走れるというファンライドだ。
ご厚意で、頭が上がらないようなファンサがあるので、それをこっそり期待して……というのもこのイベントの参加者には多いはず。


こまかなやりとりは割愛するが、私たちの原点であり、神としかいえない神様にこんなにいい思いをさせてもらえるなんて、申し訳なさすぎて、一生懸命ファンでいます、としか言えない。 

f:id:dobon96:20171109084429j:image


そして、一生懸命自転車に乗ります。

 

f:id:dobon96:20171109084352j:image


 

翌日は、初参戦のさいたまクリテリウム
ブルベと被ることもあり、今年ようやく観戦が叶った一大イベントだ。


9時前から目当ての場所で場所をとり、10時には応援スペース設営の完了。
しぃさん、真嬉さん、虫さん、ゆたそさんと五人で、食べに食べ、朝10時から酒を飲み、渾身の力を込めて応援した。

f:id:dobon96:20171111130145j:image

f:id:dobon96:20171111130207j:image

f:id:dobon96:20171111130223j:image


私の推しはシモン・ゲシュケ選手……。
そして、Sunwebを推し推した。

f:id:dobon96:20171111125841j:image

応援グッズもお手製で!

 

f:id:dobon96:20171111125909j:image

f:id:dobon96:20171111125924j:image

f:id:dobon96:20171111125940j:image

どこにいてもわかる、素敵なお髭のゲシュケ。

f:id:dobon96:20171111130047j:image

f:id:dobon96:20171111130106j:image

フミもフルームもとっても近い!


終始お酒がふわっと効いていて、食べ物もおいしく、大変楽しい一日だった。
アフターは、まとも遠方から来てくれたMさんを招いて6人で女子会だった。

 

f:id:dobon96:20171109084515j:image
今日もお疲れ様でした!(ガパオライスが辛すぎた)

BRM1007日本橋600②

そして、サッタ峠反対側の危なげな下りを過ぎ、平坦道を突き進む。

f:id:dobon96:20171103084331j:image
暗いせいか、走りにくい道ではないものの、いまひとつ速度は出ていない。
それをいいことに、少しずつ、私たちの会話はエスカレート。IQはもうずっと2なのである。
陥没乳首と手嶋純太の初キスの話はこのへんでしたような気がする。

f:id:dobon96:20171103084357j:image


PC3の直前は、おそらく「いちご海岸通り」とかそんな名前の、長い海沿いの平坦。
暗いし景色も変わらない。

f:id:dobon96:20171103084422j:image

f:id:dobon96:20171103084444j:image

とにかく先は長い。


このあたりから、虫さんがサドルに座れなくなっていた。
股ずれ、皮膚が擦り切れているらしく、ほぼダンシングでしか進めないらしい。

 
何とかPC3のセブンイレブンに飛び込んだが、ペースを上げるのはかなり厳しいということになった。
あれこれ塗ったり拭いたりしてみるも、かなり厳しい様子。
ここで、何も食べられない私は補給ゼリーを口に含むが、飲み込めず、袋に吐き出して捨ててしまった。

 

・PC3~通過チェック③~PC4


ここから、少し平坦を進んだだろうか。
ごくゆるめの登りを経て、次の通過チェックである大正宇津之谷トンネル」へ向かう。
道の駅宇津の谷峠を通りすぎ、橋の裏の道のようなところへ入ると、すっかり暗くなる。
車通りがない登り基調、走りにくくはないのだが……。


トンネルに近づくにつれ、空気があやしい。虫さんが撮った写真が、月もないのに明るく発光している。

f:id:dobon96:20171103084512j:image


目当てのトンネルの真ん前まできたとき、目の前に白いものが現れた。
思いっきり、冬の息を吐き出したような白い気体。あまりにもはっきりと顔の前にあるので、ちょっと面喰ってしまった。


おそらくそばに水が流れているのだと思うが、ものすごーーく騒がしい。音の鳴り方が普通と違う。


クロ「ねえ、ここなんかやばい感じするんだけど」
虫さん「やばいよねえ」


じぇんさん「ほんとにそういうの無理だから!ねえ、こわいこわいこわい!むり!」


ざわざわするトンネルで、とりあえず通過チェックに写真を一枚。

f:id:dobon96:20171103084536j:image


このあとは少し下りもあったような?商業ホモ本ソムリエ(語彙力:低)じぇんさんが大活躍していたのは、このあたりだろう。このとき一度だけPC外のコンビニにトイレで寄らせてもらったが、この区間のアベレージがだだ下がり。

話に盛り上がりすぎたのかもしれない……。

f:id:dobon96:20171103084558j:image 


車通りはまばらだが、きちんとした市街地に戻り、あまり見栄えの変わらない道を地道に進む。


やがて、主な話題となったのがFGO(フェイトグランドオーダー、流行りのアプリゲーム)である。
そこに出でくるマスコットキャラクターと博士のカップリングについて、ひとしきり語りあった。

f:id:dobon96:20171103082742p:image


クロ「フォウフォーーーウ!!!!フォウッ!!!!」
虫さん「フォーーーウ!」 


じぇんさん「やめてお腹痛い」


夜道に響く、マスコットキャラクターの鳴き真似。
獣と人のホモカップリング……。


クロ「フォウフォーーーウ」

f:id:dobon96:20171106080101j:image


手嶋純太のストッキングを破りたい話は、どのタイミングでしたんだろうか。何かの萌え話に、夜間とは思えない元気ほどの取り戻すじぇんさん。

f:id:dobon96:20171106080927p:image

 

そんなこんなで、PC4のファミリーマートに辿りついたときには、貯金は10分あるかないかだった。

f:id:dobon96:20171106080153j:image
予定していたほぼ300km地点でのファミレス仮眠は、時間がないということで、その案はとりあえずナシに。
次のキューまでは30kmあるので、その間にイートインのあるコンビニで10分ほど仮眠することになった。

 


・PC4~そして、DNF


貯金はないが、寝ないのはあぶない。正直、ペースをこれ以上上げるのは今のところは難しそうだった。
虫さんの乗り方を見ても、あと300kmダンシングは難しいだろう。私自身は、ふつうに走ることはできても、気力は出せそうにない。
時間からいってかなり厳しいな、と感じていた。

f:id:dobon96:20171106080248j:image
バイカーがたむろしていないコンビニを見つけるのは難しく、結局くれたけインというホテルのすぐ近くのコンビニで10分仮眠。

f:id:dobon96:20171106080314j:image


止まってしまったら、私の内臓が半端なくやばい。仮眠明けの虫さんは寒気がしていて、体調が見るからに危なそうだった。


ここで軽く話しあい、「いけるところまでいきたい」というじぇんさんとはここで別れることにした。
次のPCまで間に合うかどうかがわからないが、走れそうなので、もう少し行ってみるとのこと。
ここで、私と虫さんはDNFし、走り出すじぇんさんを見送った。

f:id:dobon96:20171106080618p:image


眠気でふらついたり、車に突っ込みそうになったりしているところをこれまで見ているだけに、彼女の単独走に心配がないわけではない。が、ここ一番には強い人、多分行けるだろう。

 

近くてよかった……と、先ほど通り過ぎたビジネスホテルへのピットインを決めたが、コンビニを出た瞬間に吐いた。
何だかよくわからないが、内臓がもう駄目らしい。

f:id:dobon96:20171106080723j:image


何個も前のPCから、話す楽しさで気を紛らわしてはいたものの、紛らわしていたにすぎなかったのだろう。それでも、3人でいることによって救いがあって、本当にそれは幸せだった。

 

ビジネスホテルのくれたけインで、部屋に自転車を上げさせてもらい、アミノ酸をとったり、風呂に入ったりしたが、もやもやした気持ちが晴れることはなく、胃も痛すぎてほとんど眠れなかった。

 

何はともあれ、今年のブルベ、そしてSRへのチャレンジは果たされずに終わったのだった。

 

 

次の日は、うだうだしてから洗濯したり、ホテルの朝食を食べたり、虫さんと反省会をしてみたり。

お世話になっている方に拾っていただき、ご飯でなぐさめてもらい、あれやこれやと美味しいものを食べ、安心の眠りにつくことができた。

 

胃がダメになると気力がなくなる。長く走るときには気力がほぼすべてなところがあるタイプなので、たかだか30kmが永遠に感じていた時点で、とても600kmなんて走れるわけなかったなあという感じ。

3人でゴールできたら御の字、というところだったので、パワフルな魂ではなかった。内臓が博打すぎて、頭の中では、今のところ600kmの完走のイメージはまったくもってない。

(しいていうなら、食べれなくなっても走れるのは24時間くらいまでのような気がする)

 

お腹を満たしてもらった帰路で、一人後半戦を走り、Sさんに拾ってもらって600km完走したじぇんさんの一報を聞いて一安心。

今シーズンのブルベは、これで正式に幕を閉じたのだった。

 

 

……と、終了直後に大部分書いた記事なのだが、時間がたってからの気づきやありがたいアドバイスや自分なりの学びは、まとめの機会があればまた後日!!

 

f:id:dobon96:20171106080808j:image

今日もお疲れ様でした!(静岡おでん美味)

BRM1007日本橋600①

200、300、400と完走し、初めてのSRにリーチがかかった状態で挑む、今期の最終ブルベ。


BRM1007日本橋600


通称、東海道600である。


リーチだし最後だしなんてことになってしまうと、不安もひとしお。
こんなに暗い気持ちで一週間を過ごすのは初めてというぐらい、鬱々と600への準備を整えた。


予報では当日朝は雨。出発前日も11月中旬並みの冷え込みとなり、「寒いと死ぬ」というブルベトラウマスイッチはMAXになった。

 



・スタート地点「木場公園

 10月7日、やんわりと雨。

 

f:id:dobon96:20171025135317j:image
7:30スタートの遅い出走組。木場公園なので間に合うのはこの時間のみ。
メリノウール混のインナーに、ストームクルーザーを着込んでスタート地点へ向かう。


雨が降っているなか、スタッフさんたちがやさしくお迎えしてくださった。なんとなく、声をかけられることも増えた気がする。


じぇんさん、またもスタートTT。

f:id:dobon96:20171025135259j:image

乗換を間違えたらしいが、全然準備が整っていない状態で、荷物を抱えてスタート地点に飛び込んできたので目玉が飛び出しそうになった。

朝から、変わらぬ笑いを提供してくれる彼女……。


スタッフさん方に、小江戸400でもこんな感じじゃなかった?」と、成長しなさを突っ込まれつつ、束の間の楽しい時間を過ごす。


ぎゃいぎゃいやかましい我々のそばでは、Sメハルさんがそっと参加者のサドルをふいていらっしゃった。しとやかで、おやさしい。


虫さん「もう私たち全然だめです!参加するだけって感じです!下ネタ話すくらいしかできないので……」
Sメハルさん「大丈夫です!皆さんには下ネタがあります!」


私たちは、何か間違った立ち位置を確立しつつあるのかもしれない。
ご縁があるさまざまな人とお話しし、じぇんさんの準備もついに完了。初めてお会いするSんぱちさんが、慌ただしさを写真に収めてくださっていた。

f:id:dobon96:20171102144547p:image

 

5分ほど遅れて、ようやくのスタートとなった。

 


・スタート~PC1


げんなりするほどの信号峠。

f:id:dobon96:20171025135544j:image
都会……。
信号、車……。


確かに平坦だし、雨も出走から2時間しないくらいで止んだのだが、とにかく走りにくい。
走っちゃあ止まっちゃあの繰り返し。

 

それでもあこがれのみなとみらいを自転車で走れたので、個人的にはそれだけで参加した甲斐があったというもの。

f:id:dobon96:20171025135650j:image

f:id:dobon96:20171025135720j:image

f:id:dobon96:20171025135735j:image
みなとみらい、桜木町の景色は、学生時代にバイトしていたこともあり、とにかく好きな景色なのである。


上下着込んだレインウェアが暑くて暑くて、それでも何とかPCまでと我慢……。

f:id:dobon96:20171025135812j:image


強い日ざしが出る頃、貯金は40分前後で、ファミリーマートへ到着。

 

f:id:dobon96:20171025135835j:image


お腹はすいているがいまいち食欲がない。ここまでにカロリーメイトを二本ほど食べた。

f:id:dobon96:20171025140159p:image

じぇんさんもやっとこ固形物が食べられたらしい。

 

 

・PC1~通過チェック①


ここからはお馴染みの慣れた道。
逗子~小田原まで。

f:id:dobon96:20171025140326j:image


まず江の島までで大渋滞、江の島からはさりげなく向かい風、暑さや虫さんに予想外の眠気が出たりとペースが上がらず。
スタートからずっと車が多く、信号も多いのでかなりぐったりしてくる。

f:id:dobon96:20171025140350j:image


クロ「そういえば明日のスパークで真手の新刊がさあ」


じぇんさん「は??????」

 

f:id:dobon96:20171025140411j:image


小田原~箱根間のゆるのぼり区間でしばしのブーストじぇんさん。

10/8開催のスパーク(同人誌なるものが買える、オタクのハッピーイベント)に行きたすぎて、急遽DNFの危機が。

 

f:id:dobon96:20171025140517j:image


そんなこんなで、三枚橋セブンイレブンに到着。箱根旧道前に最後の休憩をして、貯金1時間ほどでスタート。

f:id:dobon96:20171025140605j:image

 

久しぶりの箱根旧道だ!

 

f:id:dobon96:20171025140835p:image

 

きつい。
ブルベ装備の重さで箱根旧道を登るのは結構おかしいと思う。


足を使って頑張る必要はないので、天狗の前や七曲りの一部ではためらわず押し歩き。

f:id:dobon96:20171025183357j:image
押し歩きはブルベでははじめての経験で、ちょっとワクワクでもある。


途中、脚攣りで休んでいる参加者の方とも出会う。何ができるわけではないけれど、パンクでも何でも、道中止まっている参加者の方がいると気になって仕方がないものである。
初フロントバッグ、ブルベ用ライト用バーを装備した虫さんは、あまりの自転車の重量に相当死にそうになっていた。

f:id:dobon96:20171025183524j:image

買っておいたカリカリ梅が相当効いたのは、お玉ケ池の横あたりか?

 
とはいえ、箱根旧道は無事に登頂。


芦ノ湖へと下ってみると、ローソンが増えている。

f:id:dobon96:20171025183638j:image

芦ノ湖のローソン……実は、舞台弱虫ペダルに出てきた架空のスポット(原作・本来はセブン)だったのだが、ついに公式が現実となった。


ので、拝んでおいた。

f:id:dobon96:20171025183844p:image

 
そして、若干迷いつつも、箱根関所でのフォトチェックもこなすことができた。

 f:id:dobon96:20171025183925j:image


・通過チェック①~PC2


そして、ここから3kmほど箱根峠の登り返し。きつくはないが、ここでガーミンのバッテリー残量のせいで、「バッテリーセーブモード」に強制移行。
充電をしたが、ここからはスリープモードにしかならず、画面表示状態を維持できないという厄介なことになってしまった。


箱根峠の頂上からは実は初めて下る道。

f:id:dobon96:20171025184116j:image


20km近く、ぎゅーーんと気持ちよく走れる。しかも、景色は抜群。一面に人の暮らしが見え、かなり感動した。

f:id:dobon96:20171025184036j:image

f:id:dobon96:20171025184055j:image


この下りがあまりに気持ちよく、本日二度目の、「このブルベに出てよかった」という想いになった。


そして、すっかり下りきり、富士市に突入。日暮れの平坦を走る。

f:id:dobon96:20171025184202j:image
ここでも渋滞、車の多いこと多いこと……。
ずいぶん先まで連なるテールランプを見て、綺麗だけれどやっぱりげっそり。

f:id:dobon96:20171025184230j:image

このあたりで、やむなしの理由でDNFになってしまった参加者の方とエンカウント。とても残念ではあるけれど、それでも推しがそばにいるのは強い!! そんな気持ちを確かにさせてくれた。

 

f:id:dobon96:20171025184304j:image

 

ずいぶん下ったわりに貯金はほとんど増やせず(旧道の借金を返済した程度)に、PC2のミニストップへ。

f:id:dobon96:20171025184400j:image


じぇんさん、虫さんは晩ご飯大休憩的にきちんとした食事をとっているが、私はおにぎりひとつ満足に食べられない。
コーラを買い、ボトルに麦茶+粉飴を100gぶち込んで、再スタート。

f:id:dobon96:20171025184501j:image

 

・PC2~通過チェック②~PC3


ここから、由比宿。
スタート地点で、「せめてここは見てほしい」と聞いていたので、細めの生活道をワクワク走る。
ちょうど、この日はお祭りが開催され、たくさんの提灯が美しく灯っていた。

f:id:dobon96:20171025184625j:image

f:id:dobon96:20171025184656j:image


昔と今の生活が混合するような、歴史文化の残る町並み。暗いながらも、ムードは味わうことができた。


そしていよいよ……サッタ峠。

f:id:dobon96:20171025184742j:image

登り始めはもう少し先だ。


斜度20%超ということで押し歩く気満々だが、最初からえらい眺めの道のりで、3人のテンションもだいぶハイになっていた。

 

f:id:dobon96:20171025184819j:image

f:id:dobon96:20171102143818j:image


じぇんさん「クリートなくなりそうだから、靴脱いで歩くわ」
虫さん「足首かたいからクリート滑りそう……」


じぇんさん「脱ごうよ!足ツボ感あるよ」

f:id:dobon96:20171102143751j:image


そして、靴下で押し歩く2人……。


押し歩きでも斜度の凄まじさを感じる暗い道。
人気のないのもいいことに、ホモケイデンス(あくまで他称)の本領発揮タイムである。

 

f:id:dobon96:20171102143847j:image
そんなわけで、クソのような話題で盛り上がり、途中で乗ったり歩いたりをしながら、比較的すぐに展望台へ。


エンカウントした参加者さんに、今回唯一の3人の集合写真を撮っていただいた。

f:id:dobon96:20171102143936j:image

 

キューシートによれば「富士山をバックに」???

 

見えるわけがない。

f:id:dobon96:20171102144049j:image

 

このとき、あまりに盛り上がりすぎて、駐車場にいたカップルの車に下品な煽りをしてしまったことは、心に秘めておこう。

 

②につづく

 

  

雨と怠惰のブルベオフシーズン

10/8で早々に今期のブルベシーズンオフを迎えたクロ。


さて、何をしているのかといえば……

 

馬肉

f:id:dobon96:20171102134852j:image


馬肉

f:id:dobon96:20171102134908j:image


串揚げ

f:id:dobon96:20171102134926j:image

ブルベ関係各位の方々と、続けざまに楽しい時間を過ごさせていただいた。お世話にしかなっていない皆々様。ブルベを通じた出会いや楽しい時間には、感謝しかない。

 

 

そして、土砂降りジャパンカップ観戦。虫さん、じぇんさん、しぃさんとともに。


弱虫ペダルの作者、渡辺先生にお会いできたので、応援と感謝と、ブルベ珍道中を報告させていただいた。

f:id:dobon96:20171102134959p:image

 

古賀志林道では、じぇんさん一押しキャノンデール・ドラパックのフォルモロくんを応援!!

 

f:id:dobon96:20171102135243j:image

f:id:dobon96:20171102135257j:image

推しがいる人との観戦はマジで最高だった。素敵なファンサを受けているじぇんさんと、その光景がうれしい私。

f:id:dobon96:20171102135339j:image

宇都宮で餃子を、遠方から観戦に来ていたMさんとご一緒した。

f:id:dobon96:20171102135026j:image

 

ブルベでもないのに雨降りの週末が続き、本当に怠惰に怠惰に過ごしているこの頃……。ブログもかかずにアプリゲームばかりやっている。

 

東海道600の記事に関しては、覚書ということで、こっそり、出来上がったところから走行記録のとこだけ上げようかと。
ぐだぐだ振り返ったり反省したいところがあれば、それは後日それだけのまとめにでもしようかと思う。


サイクルモード、スターライトクロス、さいたまクリテリウムとまだまだ自転車イベント目白押し……。

 

 

今日もお疲れ様でした!(ゴアテックスで快適観戦)