念願の水信玄餅!オーバーナイトライド

ローディーなら、夏になるとたびたび目にする光景がある。


それが、ぷるぷる揺れる丸く透き通ったアレ……


「水信玄餅!」


季節モノは食べておかないと!
そして、信玄餅といえばオーバーナイト!
そんなわけで、0時スタートで水信玄餅を目指すライドを結構することにした。


メンバーは虫さん、ゆたそさん、しぃさん、むっちんさん、じぇんさん、真嬉さん、クロの7名。

 


大月駅~笹子トンネル~コンビニ休憩①


大月駅に0時集合!

f:id:dobon96:20180725191032p:image

総勢7名でのオーバーナイトライド、前回の伊東マリンタウンライドよりもにぎやかでうれしい。
テニミュを見てきた真嬉さん、今日もサイリウムブレスレットを分け与えてくれたので、延長戦の準備はばっちりだ。

f:id:dobon96:20180725191106j:image
むっちんさんが出がけに気づいたスローパンクには、すかさずしぃさんが対応。本当に頼れるしぃさんである。

f:id:dobon96:20180725191155j:image
なんとかかんとか全員準備を整え、それぞれ反射ベストを着用し、夜道に備える!

f:id:dobon96:20180725191256j:image


ひとまずスタート前の腹ごしらえと、大月駅前のデイリーヤマザキに移動。こちらは24時間営業だ。

f:id:dobon96:20180725191320j:image
f:id:dobon96:20180725191327j:image
腹ごしらえも済ませ、改めてスタート!


登り基調の道を、好き好きに話しながら走る。

f:id:dobon96:20180725191418j:image

昼間の景色とはまったく違って、ここがどこだかよくわからない。

f:id:dobon96:20180726140050j:image
f:id:dobon96:20180726140045j:image

命を救うハッピードリンクショップがたびたび。


笹子トンネル前にひと休憩。昼間よりは涼しいが、じっとりと汗が出る。

f:id:dobon96:20180726140122j:image
f:id:dobon96:20180726140116p:image 

ゆたそさん「聞いて!!!不動くんの手紙がね!!!!」
刀剣乱舞の修行トークで盛り上がるゆたそさんとそれをやさしい笑顔で受け止めるしぃさん。

f:id:dobon96:20180726140142p:image
f:id:dobon96:20180726140150p:image

あまりの勢いに笑いがこみ上げる様子。


ここからの笹子トンネル路肩が狭く、登りが1.5km下りが1.5kmという結構長いトンネルだ。

f:id:dobon96:20180726140233j:image

それでも、夜の笹子峠を避けられるならば容易いものである。
f:id:dobon96:20180726140230j:image
路肩の狭いトンネルというだけでおそろしげな場所ではあるが、夜間は交通量も少ないので、そこまでの心配はないそうだ。

f:id:dobon96:20180726140328j:image
f:id:dobon96:20180726140331j:image
気持ち急ぎ目で通り過ぎ、続いて不動トンネルという短いトンネルも下りで抜けていく。


夜間の道を気持ちよく涼しく下って、セブンイレブン甲斐大和店へ。大体20kmに一回くらいの休憩だ。

f:id:dobon96:20180726140359p:image

 


・コンビニ休憩①~コンビニ休憩②~朝食タイム


ここからはとにかく、下り基調。

f:id:dobon96:20180726140425j:image
嘘なしに、コース上の40km地点まではぐんぐん進む。

f:id:dobon96:20180726140449j:image
甲州市の夜景が美しい。

f:id:dobon96:20180726140509j:image
f:id:dobon96:20180726140515j:image
f:id:dobon96:20180726140512j:image

やっぱり、人々の生活が景色の一部となって見えるところが私は好きだ。昼でも夜でも。


午前3:00を回り、先頭を牽くじぇんさんの「やれ!Do it!」タイム。

f:id:dobon96:20180726140623j:image
景色もそこそこに、縦揺れ(?????)しながら信号ストップもなんのその。楽しく進む。

途中でヤンキーバイク乗り(3ケツ、多分中高生)に絡まれるも、「東京からきたんすか!スゲエ!!!頑張ってください!!!!」と言われ、お兄ちゃんたちの純粋さに微笑ましくなるなど。

街灯のないナイトライドらしいゾーンは終わってしまったが、市街といえど車がほぼないので快適だ。

f:id:dobon96:20180726140840j:image

しかし登り基調も多いとはいえ大月駅発の60km。0時スタートはちょっと早すぎた。信玄餅が食べられるのは9時からなので、早くも時間があまりはじめたのだった。


とりあえずデイリーヤマザキ竜王バイパス店にイン。4時頃からすでに空の端が白みはじめていた。

f:id:dobon96:20180726140913j:image
f:id:dobon96:20180726140918j:image
ここで、だらっとしゃべりつつ、休憩タイム。
しぃさんと虫さんによるiTunesカードでワクワク課金チャレンジだ。

f:id:dobon96:20180727093127j:image

むっちんさんの相棒、ジローと皆のかわいいショット。

f:id:dobon96:20180727093157j:image
あっという間にあたりが明るくなってきた。ここで、じぇんさんの仮眠タイム。

f:id:dobon96:20180727093221j:image

f:id:dobon96:20180727093241j:image
目的地まで15kmしかないけれど、涼しいうちに動きたいのでリスタート。時刻は5:00。
とりあえず日がカンカンになる前に目的地にはついておき、近辺でモーニングを食べて待っている計画へと移行することにした。f:id:dobon96:20180727093338j:image

 


・念願の水信玄餅へ……


走りながら迎える美しい日の出、辺りはすっかり明るいし、もう暑い。

f:id:dobon96:20180727094219j:image
f:id:dobon96:20180727094216j:image
f:id:dobon96:20180727094212j:image

このとき、何もないところで突然ふっと眠くなり、瞬間的に寝落ちたらしくはじめて進路が右側によれるという体験をした。
目的地まで間近だが、皆を連れていく身として恐ろしいので、躊躇なくトメルミンを口に放り込む。

f:id:dobon96:20180727131155j:image
f:id:dobon96:20180727131151j:image

とりあえず、モーニングが食べられるデニーズのオープンまで1時間以上あるので、三度目のコンビニでファミリーマートにイン。

f:id:dobon96:20180727131129j:image
眼精疲労気味?のむっちんさんはイートインでひと休憩らしい。ブルベのような光景だ。

f:id:dobon96:20180727131249j:image
日陰でだらだらおしゃべりをするより他ないが、話題には困らないのでこれまで贅沢な時間の使い方と思ってよしとする。


7時ちょうどからデニーズで朝ごはん!

f:id:dobon96:20180727131315j:image

f:id:dobon96:20180727131336j:image

系列店のためか、セブンコーヒーのマシンが常備されているので、豊かなコーヒータイムが過ごせる。

そのまま皆15分ほどの仮眠タイム。変なタイミングのトメルミンが効いているので私は眠らずに過ごした。そして、金精軒8時半着を目指して快適なファミレスをあとにする。


「金精軒 韮崎店」までは、もう目と鼻の先だ。

f:id:dobon96:20180727131426j:image
f:id:dobon96:20180727131422j:image
連休の中日とあってか結構な列。本店よりは空いていると聞いていたが、なかなかだ。


最後尾札を颯爽と持ち、慣れた態度で回していくオタク。

f:id:dobon96:20180727131522j:image
f:id:dobon96:20180727131511p:image
f:id:dobon96:20180727131518j:image

一般の方々が最後尾札にちょっと戸惑うのを見て、「歴戦のオタクたちは違うぜ……」と夏の同人誌即売会に思いを馳せるのだった。


この暑さのためか、金精軒さんも早めに水信玄餅の販売をはじめてくださるという神対応待ったのはほとんど15分程度だったと思う。


そして、これ!

f:id:dobon96:20180727131615j:image


ぷるっぷる……

f:id:dobon96:20180727131705j:image

この透明感、頼りなさ。

黒蜜ときなこと、水信玄餅そのもののちょっと淡い甘さ。賞味期限30分の食感は伊達ではなかった。

f:id:dobon96:20180727131805p:image

みんなご満悦の実食タイム。
f:id:dobon96:20180727131759j:image

ご好意で、冷やし濡れタオルまでいただいてしまった。おかしな装いになっているのはじぇんさん。


その後、店内でもおみやげ&その他の和菓子実食タイム。この金精軒の魅力は水信玄餅だけに留まらなかった。

f:id:dobon96:20180727131927j:image
f:id:dobon96:20180727131923j:image

 


・ゆーぷる韮崎温泉タイム〜韮崎駅


すっかり甘い物で心を満たし、ほぼお隣にある入浴私設「ゆーぷる韮崎」へと移動。

f:id:dobon96:20180727132041p:image
施設利用料850円、バスタオル400円、フェイスタオルは200円だ。

f:id:dobon96:20180727132124p:image
オーバーナイトライドとはいえ、やはり体は汗だく。ここで人権を取り戻す。

 

ひとっ風呂浴びて、各々牛乳なんか飲みながらだらだら喋る。

f:id:dobon96:20180727132158p:image
無欲を信じてガチャを引いてみたり、柳の下のどじょうを狙って爆死してみたり。

f:id:dobon96:20180727132230j:image
f:id:dobon96:20180727132226j:image
ゆーぷる韮崎には食事処がないので、横断歩道を渡って隣の「道の駅にらさき」の食堂まで移動。

f:id:dobon96:20180727132255j:image
ろくに運動もせずに昼ごはんタイム。


この豚もつの味噌煮込み定食、塩分が染み渡る……。

f:id:dobon96:20180727132502j:image
f:id:dobon96:20180727132454p:image
すっかり英気を養い、寝不足の身体でもあるのであとは帰るのみなのだが、最終目的が待っていた。
それは旬の「桃」を買って帰ること。


道の駅韮崎から韮崎駅へ帰る途中にある、「JA梨北農産物直売所よってけし韮崎店」へと向かった。

f:id:dobon96:20180727132529j:image
f:id:dobon96:20180727132532j:image
焼け付くような暑さだが、目当てのものがそこにはあった。
たくさんの桃、そのほかのくだものもある。

f:id:dobon96:20180727132613j:image

それぞれ工夫して、とにかく桃をつぶさないことを最優先にして持ち運ぶ。

f:id:dobon96:20180727133317j:image


残り3kmほどを完全なる下り基調で走り……。

f:id:dobon96:20180727132637j:image

韮崎駅にてゴール!

f:id:dobon96:20180727132702j:image
一番暑い時間に差し掛かる前に、無事に帰ってこれた。あとは輪行を組み、近場の商業施設で電車のお供を購入してホームへ。

f:id:dobon96:20180727132154j:image

f:id:dobon96:20180727132845j:image


跡部歯科を眺める真嬉さん。

f:id:dobon96:20180727133257j:image

この人、野菜直売所の生産者名見た時も「生産者名、手塚……!手塚くん仕事してる!!」とか言っていたのである。ブレない人だ。

 


むっちんさん「ホームのはじっこ、ここであってる?」
ゆたそさん「先頭車両がここまでこなかったら、TTしないと」
しぃさん「チームTTだね」


私たちは7人。このとき、チームTTだったら四人目の時点でドアがしまっちゃうよね~~」

なんて話をしていた。本当に、本当に何気なくだ。それがよもやフラグ回収になろうとは……。


無事に電車にも乗り、山梨限定氷結とステーキフライドポテトをしぃさんからもらって、長い旅路を楽しむ。

f:id:dobon96:20180727132925j:image
f:id:dobon96:20180727132919j:image
最後は、虫さんを除いて皆すやすやと眠り……。気づけば乗り換えの駅。


乗り換え時間は6分あり、ちょうど向かいのホームに電車が来るはずだったのだが。
あろうことか、先発の電車が遅れていて、一本早い電車が向かいのホームには待っていた。
それに気づかない私たち、発車の放送が入り慌てて飛び乗る。


虫さん「あれ?乗換こんなタイトだったっけ」
じぇんさん「6分あるよ」
ゆたそさん「まあいいや、何とか皆乗れたね!」
クロ「よかった~」


プシュー……。


閉じたドアの向こうに、ひとり。
じぇんさんだ。


ぽかんとした顔で、じぇんさんだけが乗り損ね、立っている。
無情にも、チームTTのドアが閉まるフラグを彼女は回収してしまったのだった……。


ゆたそさん「じぇんさん…離れてても大好きだよ…」

 



結局、遅れ気味の先発の電車に乗っただけだったので、その後の乗り換え電車でしばし待ち、じぇんさんとは無事に合流。

f:id:dobon96:20180727133008p:image
最後の最後にホームと電車の隙間にヘルメットを落としかけるというオチまでつけて、楽しいオーバーナイトライドは終わりを迎えた。

f:id:dobon96:20180727133044j:image


距離は短いとはいえ、オーバーナイトはやっぱり疲れるところもある。全員安全に楽しくライドを終えられたことが、とてもうれしい。
大人の夏休み第一弾、今年もまた素敵な思い出が増えた。

 

f:id:dobon96:20180727133131j:image
今日もお疲れ様でした!(金精軒の琥珀糖ミントはマジでエモい)