お揃いジャージで満喫!伊豆大島合宿②

会長の粋な申し出で、私たちは車で夜の大島をドライブすることになった。


行き先は「山と海」

f:id:dobon96:20170905193716j:image


真っ暗な御神火スカイラインを、イニシャルDトークをしながらぎゅりぎゅり揺られて登っていく。


そして、三原山の頂上に広がっていたのは


満点の星空


天の川やカシオペア座がくっきりと見える、美しい景色だ。
偶然にも、この夜の空は晴れ渡っていて、流れ星もたくさん見ることができた。


フォトジェニックな写真を撮り、さらにははしゃぎまわる。

f:id:dobon96:20170905193845j:image

f:id:dobon96:20170905194002j:image


そして、お面をつけたまま500mほど離れた展望エリアへ移動。この光景は、ちょっとしたホラーかもしれない。

f:id:dobon96:20170905193941j:image


そこでまたはしゃぎ、駆け回り、大島の夜を堪能した。

f:id:dobon96:20170905194333j:image

 

f:id:dobon96:20170905194142j:image

f:id:dobon96:20170905194436j:image

 

ゆたそさん「ファインプレー!」
じぇんさん「この星座版のアプリ役に立たない」

 

f:id:dobon96:20170905194053j:image

f:id:dobon96:20170905194123j:image


虫さん「めっっっちゃいい写真撮れた」


各々、とても楽しそうである。
山頂を堪能したあとは、人気のない浜辺へも連れて行ってもらった。

f:id:dobon96:20170905194417j:image


会長「俺照明やるわ!」


やたらノリノリの会長の力を借り、撮れた一枚は比較的波の高い海をバックに撮れたこの写真である。

f:id:dobon96:20170905194311j:image

 

心中前のカップルのようになってしまった。

 

最後に、会長が見つけたというクソのような激坂を見学しに、お墓の前など怪しい道のりをドライブ……。


クロ「すっごい!!!壁!子の権現的なやつ!!」

f:id:dobon96:20170905194458j:image

 

ひとしきり騒ぎ、有難いことに宿まで送ってもらって、一日目の合宿は終了した。
明日は、三原山ヒルクライムが待っている。

 


8月27日、伊豆大島二日目。
ゆっくり起きて、しっかりとした朝ご飯を部屋でいただく。

f:id:dobon96:20170905194515j:image

f:id:dobon96:20170905194529j:image

 

またも満腹すぎて、食後はしばしグダグダ……。

f:id:dobon96:20170905194612p:image


チェックアウトの9時半ギリギリまで支度をして、ずいぶん余裕を持って宿をあとにした。看板わんこもお見送りだ。

f:id:dobon96:20170905194637j:image


今日の御神火ヒルクライムは、会長も同行する。


ご厚意に甘えて宿泊の荷物を会長の車に預け、宿から数分で辿り着く、御神火スカイラインの入口へと向かった。

f:id:dobon96:20170905194724j:image


クロ「あれ?もうここから?」

じぇんさん「今日はゆっくり行くから!」
ゆうそさん「は~~~クソ斜度」
虫さん「マジでクソ」

 

f:id:dobon96:20170905194702j:image

f:id:dobon96:20170905194749j:image


というわけで、各々のペースで登坂スタート。
御神火スカイラインは、登りながら走ってきた道を見渡せるのがとてもいい。


ふもとの方はびっくりするほど暑く、上に登るほどに向かい風に苦しめられた。

f:id:dobon96:20170905194820j:image

f:id:dobon96:20170905194838j:image

f:id:dobon96:20170905194855j:image


暑いなかでのヒルクライムはやはりつらく、半ばで目がチカチカする感じがしたが、それ以外はマイペースに走ることができた。

f:id:dobon96:20170905194913j:image

f:id:dobon96:20170905194928j:image 


最後の最後で、おかわりをしにいく会長とすれ違い、無事に頂上ゴール!


いつもの場所で記念写真……のつもりが、曇っていて何も見えなかった。

f:id:dobon96:20170905194951j:image

 

しばらくして、全員が頂上に集合。
赤コーラがこんなに美味しいなんて……。

f:id:dobon96:20170905195053p:image


そのまま気持ちのいい風を浴びつつダラダラと休憩してから、ダウンヒル

f:id:dobon96:20170905204226j:image

f:id:dobon96:20170905204240j:image

 


降りた先は元町港寄りだが、自転車を輪行状態にし、会長の車で岡田港まで運んでもらうことになった。


ゆたそさん「塩気……ラーメン……」
じぇんさん「たこ焼き食べたい」
虫さん「えっ辛いラーメンあるの?!」


というわけで、到着した港の待合所で軽い昼食をとりつつ、ジェット船を待つことになった。
たこ焼きに、マヨネーズをがっつりかけてカロリーを貪る。

f:id:dobon96:20170905205341p:image


虫さんが食べていた「青とうがらし入り塩ラーメン」は、舌にはこないが喉にがっつりくる辛さで、相当なものらしい。

f:id:dobon96:20170905205822j:image
油断していると内臓を直撃するようだ。


お腹も満たしたところで、最後に港の目の前の「フルーツファクトリー大屋」でスムージーを買った。

f:id:dobon96:20170905205258j:image

 

私はいちご、虫さんのはパッションフルーツだ。これがまた、フレッシュでおいしい。

f:id:dobon96:20170905210526j:image

f:id:dobon96:20170905210142j:image

いちごの方は、大島牛乳を使用していて、幸せを感じるような甘さだった。

 


4人「ありがとう、伊豆大島!ありがとう会長!」

 f:id:dobon96:20170905210620j:image


こうして、美しく楽しい伊豆大島の旅は終了した。 

f:id:dobon96:20170905211205j:image


帰りは熱海港からのバスはあきらめ、タクシー1台に2人ずつ分かれて熱海駅を目指した。
自転車でも決して遠い距離ではないのだが、すべてが登り坂のため、荷物を背負った旅行帰りには、できれば避けたいところ。


尚、タクシー利用は、運転手さんによって受け入れてくれる人、くれない人がいるので、よさそうな方に腰を低くしてお願いするのがよいと思う。

 


 

伊豆大島は近い。
自転車乗りならもちろん自転車で、自転車に乗らなくても運転ができればレンタカー(最安値は24H3000円)というのもある。

 

多少不便に感じるところがあっても、それがあるからこそ、あの島の空気や風土が守られているのだと、会長は言っていた。
そんな島独特の空気感を大切に、今後も礼儀正しく遊ばせていただこうと思う。


ひとりでも楽しい伊豆大島
皆でも楽しい伊豆大島
ぜひ、気軽に遊びに行ってみてほしい。

 

f:id:dobon96:20170905211259j:image
今日もお疲れ様でした!(すぐに大島に行きたい)