読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

箱根駅伝が山へ呼ぶ、新春ヒルクラライド

ライド記録

1月4日、気温も13℃ほど。
正月休み最終日ということで、じぇんさん、虫さんとともに新年初ヒルクライムに向かうことにした。


場所は、箱根(国道一号)


じぇんさんからの

箱根駅伝見てたら箱根に行きたくなった」

という唐突な連絡が、私たちを山へと呼び寄せたのだった。

 



・スタート!片瀬江ノ島駅


走り出し予定は8:30。
自走のためか朝から連絡の取れないじぇんさんに、「時間通りくるだろうか」という不安を募らせる。


が、無事に彼女はやってきた。


年末に安く譲ってもらったガーミン520Jを、なぜか横向きに搭載して。

f:id:dobon96:20170106182404j:image


虫さん「これ設定してある?」
じぇんさん「ガーミンコネクトは入れたよ!」


すべてのセンサーのペアリングはおろか、トレーニング画面の表示設定もされていない。
突如ガーミン初期設定の会を開催し、9:00過ぎにスタートとなった。

 


・快適、国道134号


風もなく、車も少なく、慣れた道はとても走りやすい。
昔に比べて、自然とペースアップして走れているし、それにつらさを感じなくなった。

箱根湯本のセブンまで、びゅーんと1時間半ほど。

f:id:dobon96:20170106195032j:image

f:id:dobon96:20170106195046j:image


じぇんさん「すごいねガーミン!ケイデンス面白い!」


途中から、めちゃくちゃガーミンを注視していたじぇんさんが、大はしゃぎ。後ろから見ているとヒヤヒヤするが、楽しそうで何より。


私も今回からはじめて画面にケイデンスを表示させたので、その気持ちがよくわかる。
おのおの、軽めの補給をとって、いざ箱根の山へ!

 

 

・新年初ヒルクライム


弱虫ペダルラストクライムの聖地

であり、箱根駅伝のコースでもあるこの地だが、観光をせずに自分のペースで走るのは初めてだった。


じぇんさん「今日はゆっくり行くよ~」


虫さん「ゆっくりなら私のペースに合わせてから言うんだな!」

 

f:id:dobon96:20170106195130j:image


というわけで、箱根湯本の橋を過ぎて、

各自解散!

 

 f:id:dobon96:20170106195144j:image


約14kmのヒルクライム

平均勾配は、確か5%ほど。

最初から、げんなりするくらい長い。

ガーミンを見ながらケイデンスを守りつつ、地道に登坂。

 

f:id:dobon96:20170106195237j:image


大平台(バカヤロウカーブ)を順調に通り過ぎるが、宮ノ下で車の渋滞につかまった。

f:id:dobon96:20170106195202j:image


このあたりのバスの進路の塞ぎっぷりは、尋常ではなかった。

 

f:id:dobon96:20170106195500j:image 


そして、ここから少し斜度も上がる。

「こんなに斜度あったっけ?」というのが、久しぶりに訪れた感想だった。

 

f:id:dobon96:20170106195532j:image

それほどきつい勾配ではないが、ケイデンスを守るのがどんどんとしんどくなっていく。


そもそもこのケイデンス数は、ただのマイルール。
勝手に定めた根拠のないものに従っているのだから、しんどいのも当然かもしれない。


いつかは泊まりたい憧れの三河屋旅館を横目に、長いな~久々で身体がクソだな~と登っていく。

f:id:dobon96:20170106195520j:image


箱根恵明学園を過ぎてからが、まだ長い。
いよいよか!と道がとぎれ、光りが差す景色からもうひと踏ん張り。

 

f:id:dobon96:20170106195558j:image

 f:id:dobon96:20170106195548j:image


いつも思うが、国1は最後に下りを挟んで最高地点へと達するところが、あまりいただけない。


結局数字に振り回されて、グッダグダにダレたところでゴール。

 

f:id:dobon96:20170106195658j:image
先についたじぇんさんと合流し、写真撮影をしていると、地元のサイクルチームの方が声をかけてくれた。
シャッターを押してもらっている間に、虫さんもすぐに到着。

 
珍しく、三人揃っての記念撮影ができた。

f:id:dobon96:20170106195626p:image


私とじぇんさんはケイデンスに翻弄され死んでいたが、虫さんはマイペース登坂をモノにし、かなり元気。


身体が冷え切る前に、来た道を下って昼ご飯を食べることにした。

f:id:dobon96:20170106195728j:image

 

 


・閉店、小田原のマック

 

f:id:dobon96:20170106195757j:image


宮ノ下にあるビーフシチューパンのお店へ行こうと、意気揚々と下っていくが、残念ながら正月休み。

f:id:dobon96:20170106195745j:image


そして、ここからは車の大渋滞で、思うように走ることができない。

 

f:id:dobon96:20170106195812j:image
さらに、国1は日陰が多く、下っても止まっても寒い。
思いのほか時間をかけながら、何とか箱根湯本まで下りきった。

 

今日はリミットがあるので、小田原駅で昼食をとって帰り道は輪行することに。

f:id:dobon96:20170106195842j:image


冷え切った身体に、ケンタッキーのあたたかな飲み物やスープが染みる……。
行きたかったマックは閉店していたが、ケンタッキーによってポテト欲が満たされた。

f:id:dobon96:20170106195856j:image


あれやこれやとガーミン、ストラバの設定を話し、いつもの通り他愛のない会話をして解散。
今年も、こんな感じで楽しくゆるく、真面目なところは真面目に、やっていければ幸せだ。

 

f:id:dobon96:20170106200000j:image

今日もお疲れ様でした!(明るい時間のライドは平和)