読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アタック城山湖、冬の日のおじさまライド

12月18日、平年にしては気温の高めの快晴。
久しぶりに、ショップのおじさまとのライドだ。

虫さん、ゆたそさん、クロとおじさまの4人で、馴染みのあるコースを走ることにした。

 f:id:dobon96:20161221230650j:image

 

 

・朝ごはん休憩


境川CRを雑談しながらまったり走りだし、10kmほどでコンビニに立ち寄る。
ゆたそさんが朝食をとり、その横で私はあんまんとホットコーヒーを補給した。
冬の補給食として、最高の組み合わせだ。

f:id:dobon96:20161221182243j:image

 
夏ならば、セブンにかぎり豆大福とアイスコーヒーというのも素敵だが、トイレが近くなると困るので、ブルベの際には取り入れにくいのが悲しいところ。

 

ローソンのコーヒーカップがやたらと可愛らしい。

f:id:dobon96:20161221182302j:image

 

 

・アタック!城山湖


そのまままったりとしたペースでいざ、城山湖へ。
城山湖発電所の上に至るルートは多々あるが、今回はそのうち13%の坂を含むコースで進むことにした。

f:id:dobon96:20161221230631j:image


そして、坂道がはじまり、おじさまが加速。


追う。

 

f:id:dobon96:20161222190747j:image

やっぱりちぎられる。

 

f:id:dobon96:20161222190729j:image

f:id:dobon96:20161222190908j:image


ただ、せめてもとインナーローを封印し、減速してもあきらめない、踏めるところでは踏む、という気持ちで走った。

どうしておじさまはいつも坂で仕掛けてくるのだろうか……。

 

何度見ても、城山湖の景色は絶景。

 

f:id:dobon96:20161222190938j:image

都市を見渡すのも、穏やかな湖面を見るのもとても楽しい。

f:id:dobon96:20161222191001j:image

 

津久井湖インターバル

 

寒いダウンヒルのあとは、わりと高いところか津久井湖を見下ろし、アップダウンを繰り返す。

f:id:dobon96:20161222191021j:image

 

おじさまが登りのたびに加速するので、二番手についていた私は追わざるをえず、キレ気味のゆたそさんの声を背後に聞きながら、集団はばらけることに。

 

追っても追っても最後にはちぎられる。

 

結局ちぎられたまま、バス停のベンチスポットにて小休止。

f:id:dobon96:20161222191041j:image

その際に、虫さんが自慢のチタンフレームやら、ゆたそさんご自慢のカーボンホイールやら、おじさまご自慢のアレなカーボンフレームやらに跨らせてもらい、ちょっと遊んでみる。

 

f:id:dobon96:20161222191201j:image

 

そして、ここから先はやや林道っぽさのある、細い道の登り基調だ。

 

ゆったり走り出してすぐ、おじさまがポツリと「もう何をやっても速くならない」と零した。

冬で関節などに不調が出るのもあるし、もちろん年齢的なもので若い頃のようにとはいかないのだろう。 

 

それでもめちゃくちゃ速いのに、この人も衰えに悩んだりすることもあるのだろうと。

 

本当に、しんみりして、

「何言ってるんですか!」と口にした瞬間

 

おじさま、加速

 

「ああああ本っ気で油断してたのにぃいいいい!!!!!!!」

 

林道に響き渡る腹の底からの絶叫。

f:id:dobon96:20161222191224j:image

 

死ぬ気で追いかけたが、次に斜度が上がったらもうもたない!!というところで、本当に斜度が上がって見事にちぎられた。

f:id:dobon96:20161222191303j:image

 

息が上がる前に回転を落として重いギアを踏むなど、そんな芸当私にできるはずもなく。

 

ものすごく楽しかったが道半ばにして脚がブルブルしていた。

この写真は、完全におじさまに不満を訴えている図である。

f:id:dobon96:20161222191433p:image

 

 ここからは気持ちよく下り、美しき橋でも一枚。

f:id:dobon96:20161222191451j:image

f:id:dobon96:20161222191507j:image

f:id:dobon96:20161222191525j:image

 

このあとは補給食もないのに空腹になり、昼飯どころまでココア一杯でしのいだので、力はあまり出ず。

どんなライドでも、カロリーをとれるものは持っていないといけないというのに……近所のライドだと気を抜いてしまう。

 

インターバルをせずにゆるゆると慣れた道を帰り、胡麻味噌担々麺でようやく生き返ることができた。

f:id:dobon96:20161222191545j:image

 

そして、夜は虫さんとゆたそさんとオシャレ飯。

「今日走ったしね〜〜」と言いながら、明らかにカロリーオーバーなデザートまでつけてしまうのだった。

 

f:id:dobon96:20161222191745j:image

今日もお疲れ様でした!(夜のケーキは筋トレの戒め)