読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BRM1015西東京200柳沢峠①

10月15日、願ったり叶ったりの秋晴れ。
こんなに気持ちのいい週末の快晴は、久しぶりかもしれない。

 

今日は、虫さん、じぇんさんとともに


BRM1015西東京200柳沢峠


への参加である。


6:30スタートのため、じぇんさんも相模原近隣へ前泊しての挑戦となった。
スタート地点は相模原北公園、最寄の相模原駅からも4.5kmほどだ。

 


今回は、女性参加者が多い印象を受けた。
たくさんのランドヌール、ランドヌーズたちを見渡し、「我らが最弱……」とおそれおののく私たち。

 

f:id:dobon96:20161019124923p:image


それもそのはずで、このブルベは獲得標高4000という、タフなコースの山岳ブルベなのだった。

なんで来たのだろうと、今朝の今朝、むしろ出走直前の今でさえ、そう思っている。

 

さて、今回はありがたいことに、富士山一周200でも会った、Sさんが出走者たちの見送りにきてくれていた。
虫さんが相変わらず坂への怒りをぶつけ、Sさんは笑ってくれる。


Sさん「結構きついコースなのは間違いないね。でも、見渡す限り……三人が一番弱いってことはないんじゃないかなあ」


お知り合いの多いSさんの励ましに、気持ちは少し明るくなる。とはいえ、最弱の称号はゆずれない。


また、今回は私たちが初めて出たブルベの逗子200で声をかけてくれた、Wさんとも再会を果たした。なんとWさん、今回のブルベの取り仕切りの御方。
覚えていてくださったことに感激しつつ、たとえ時間外となってでも、帰還することを心に誓う。


というか、スタートとゴール地点の違うこのブルベ。輪行の荷物をスタッフさんに預けてしまったため、何があろうと帰ってくるより他ないのだ。

 


じぇんさん「4000アップは初めてだからさ~、未知への挑戦ってワクワクするよね!」
虫クロ「はあ????」

 
Sさんに元気な最後の一枚を写真に残してもらい、出発。

 f:id:dobon96:20161018235736p:image

 

・スタート~通過チェック


スタートが相模原ということもあり、前半は割と見知った景色の中を走る。

 

f:id:dobon96:20161019124951p:image


ゆったりめのトレインに乗らせてもらい、かなり安定したペースで進んでいく。高尾を越え、和田峠に行くための多少のアップダウンがあるが、参加者の皆さんはあまりペースを崩さない。


これはまさか、獲得標高4000mへ向けての温存なのか??と恐怖がよぎる。


ブリーフィング時の寒さはどこへやら、晴れ晴れとしたいい気候のなかを行き、小さめの戸沢峠と、

 

f:id:dobon96:20161018235828j:image

 

最後に路面が赤くなって斜度のアップを教えてくれる梅ヶ谷の2つを越えて、通過チェックのセブンイレブンへ。

ここで、40.1km地点だ。

 

f:id:dobon96:20161018235855j:image


貯金は1時間くらいだっただろうか。
ここでは何と、レジが激混み。一般のお客さんもびっくりするほどの大行列に。
女子トイレはすいていたが、男子トイレはひどいことになっていた。


とりあえず水だけ買い、持参した魚肉ソーセージとアミノ酸ゼリーを補給。


待ち受ける登りの数々に備えて、休憩は早々に終え、出発。

 

 

・通過チェック~柳沢峠~PC1


ここからはかなりのどかな道に入る。

 

f:id:dobon96:20161019000001j:image


参加者は前にも後ろにも見え、起伏が増えるためにつかず離れず抜きつ抜かれつ、完全にマイペースに。

f:id:dobon96:20161019000022j:image
景色はよく道も走りやすいが、トンネルが多いことだけは要注意だ。


やがて、鮮やかに広がる奥多摩湖が姿を現した。

 

f:id:dobon96:20161019000113j:image

f:id:dobon96:20161019000134j:image


思わずはしゃいでしまうほど、色濃く、おだやかで美しい。秋晴れの澄んだ空気を吸い込んで、快走する。

 

f:id:dobon96:20161019000351j:image

f:id:dobon96:20161019000401j:image


ここからメインのひとつ、柳沢峠を迎えるわけなのだがゆるーく登って下ってをくり返しつつの登り基調なので、正直どこから柳沢峠に入ったのか分からない。

 

f:id:dobon96:20161019000410j:image


一応、丹波山村役場?のあたりから、17kmほどの登りらしい。平均勾配は4.9%で激坂区間は特になく、一定斜度のゆるいカーブが続いている。


虫さん「坂ビンタしたい」
クロ「ビンタ」
虫さん「私の手が痛くなってもいいから、責任を持ってビンタしたい……」


そうは言いながらも、とりあえず3人で淡々と登る。

 

f:id:dobon96:20161019000423j:image

f:id:dobon96:20161019000433j:image


10kmほど進んだところで、自販機休憩を挟み、赤コーラでカロリー摂取。これが意外と効くもので、はじめて赤コーラの素晴らしさを知った。

止まっていると、次々と参加者さんたちが寄り道をしていく。


参加者さん「箱根200にもいましたよね?」

 

実は、今回休憩スポットや道中で、こんなふうに声をかけられる機会が多かった。
ブルベ参加の年齢層としては私たちはやや珍しく、女3人組などいないに等しいので、記憶してくれていた人もいたらしい。


休憩しつつのちょっとした雑談に、今回もブルベのあたたかみを実感した。

 


再び、柳沢峠の登坂に復帰する。
頂上まであと3kmという地点に、名物の「名水わらび餅」の茶屋がある。

 

f:id:dobon96:20161019001231p:image

f:id:dobon96:20161019000454j:image

 

ロードバイクが何台も止めてあり、寄り道をしても問題ない脚力の人たちが、グルメを堪能している様子。
吸い込まれそうになるのを必死に我慢して、今回は完走目的!と走り出した。


つづら折りをえっちらおっちらこなし、ようやく登頂!

 

 f:id:dobon96:20161019000513j:image


澄んだ空の奥に、富士山の頭が見える。

 

f:id:dobon96:20161019000556j:image

わらび餅を食べていた人にもあっさりと追いつかれた。

 

ここからはウィンドブレーカーを着込み、15kmほどのダウンヒル山々に抱かれた道を、軽快に下っていく。

 

f:id:dobon96:20161019000747j:image


開けた道が多く、カーブのときには肝が冷えるが、かなり壮大な景色が見える。

 

f:id:dobon96:20161019000758j:image


この下りで貯金を取り返し、PC1のセブンイレブンに辿り着いた。

 

f:id:dobon96:20161019000823j:image

 

現在102km地点。

肉まんと水を補給し、持ち歩き用におにぎりを購入。持参していたあんぱんを一口かじった。


ここでの貯金は30分ほどになる。

 

②につづく