読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逗子で捕まえろ!妄想の推しメンヒルクライムライド

ライド記録

 ヒルクライムも、推しメンが頂上で待ってると思ったら頑張れる気がしませんか?!」

 

そんな話をツイッターでしたように思う。
そんなわけで、女だらけのプチヒルクラ&グルメライドを開催することにした。

 

f:id:dobon96:20160926234344j:image

(推しには彼氏がいることもあるイメージ画像)

 

 


9月19日はあいにく降り出しそうな曇り。


天気に負けずに集合したのは、

 

じぇんさん、虫さん、真嬉さん、クロ
いんちょうさん(体内でアルコールを精製するハイテンションガール)
しぃさん(面倒見の良さとフットワークの軽さが素晴らしいかわいこさん)
どろさん(パワフルでもぐもぐするところが素敵な、セクシー隼人くん)
友紀さん(お山に唯一喜んでくれる!すらり綺麗系ハイケイデンスガール) 

の計8人!

 

f:id:dobon96:20160926192904j:image 

酒でも入れてきたようなハイないんちょうさんの笑い声とともに、逗子駅を出発する。

 

天候を加味してヒルクライムを先にすることに。まずは、さらりと湘南国際村(海側)へ向かった。

 

f:id:dobon96:20160926233029j:image

 

クソみたいな向かい風のトンネルを抜け、

f:id:dobon96:20160926193106j:image

 

下りの先に勾配8%の登り坂が見えるところで各自解散!!

 

f:id:dobon96:20160926193120j:image

 

じぇんさんを先頭に数名を送り出すが、皆、下りをつかって登っていくのが速い。

 

爆走するじぇんさんを遠目に見つつ、


「あっ……おとといのブルベ疲れ……」


と悔やみながら、8%→7%→9%というふうに推移する坂を登っていく。

 

 

途中のファミリーマート前の信号待ちにひっかかり、一息。

ヒルクライムの最中に信号があるのは、やはり気持ちが悪い。

ただ、以前来た時よりは重いギアで回せるようになったなあ……としみじみ頂上を目指す。

 

 

ここに、推しメンライドは果たされたものとする!

f:id:dobon96:20160926192927j:image


やはり記念撮影は欠かせない。

f:id:dobon96:20160926193024j:image

 
お面やら推しメンのマスコットやら、身体を張って好きなものへの想いを現実のものにする私たち。

 

f:id:dobon96:20160926192957j:image


あるときは恋人のように、またあるときは彼の彼氏の心配をするモブのように、親類のように、同好の士との集まりを楽しんだ。

 

f:id:dobon96:20160926192940j:image

ついつい、はしゃいでしまう。

 

クロ「このあと、プリンとコロッケどっちがいいですか!!!!」
「「「コロッケ!!!」」」

 

 

 


・道の駅 葉山ステーション

 

霧雨のなか慎重にダウンヒルをし、目指した場所は9月にオープンしたばかりの道の駅「HAYAMA STATION」

 

f:id:dobon96:20160926193441j:image

なんともオシャレげな道の駅だが、バイクラックも用意されていて、駐車場も広い。

 

葉山の焼きたてパン食べ放題で有名な「ブレドール」や、お目当の肉入りコロッケを売る「葉山旭屋牛肉店」をはじめとした、地元のおいしいお店が目白押し。

 

f:id:dobon96:20160926233225j:image
祝日ということもあり、かなり混んでいた。

 

各々、パンやコロッケ、からあげ、牛肉のワイン煮なんかを買い込み、テラスで談笑。

 

f:id:dobon96:20160926193515p:image

コロッケは肉がしっかり入ってておいしい!

ブレドールのパンは、バターに強くデニッシュやらクロワッサンやらもおいしい!

f:id:dobon96:20160926233247j:image  f:id:dobon96:20160926233255j:image 


軽くお腹を満たしたあとは、走って2分のプリン屋さん「マーロウ プリン&カフェ 逗葉新道店」へ!

 

f:id:dobon96:20160926233318j:image  f:id:dobon96:20160926233334j:image


マーロウのプリンはこの辺りではあまりにも有名である。

 

季節限定の栗のプリンに舌鼓を打ちつつ、天気を確認しながら次のスポットを考える。

f:id:dobon96:20160926233404j:image

小雨のため予定を変更しつつ走っていたが、ここでじぇんさんからプチヒルクライムスポットの提案があった。


推しメンヒルクライムの名に恥じぬライドになるだろうと、分かれたテーブルの皆に提案することに。

f:id:dobon96:20160926233539p:image

 

クロ「このあとですが、短いヒルクライムをしようと思いま〜す!!!」
友紀さん「わ〜!!」

 

喜んでくれたのは友紀さんだけだった。


というか、いんちょうさんはこの世の終わりのような顔をしていた。

 

そんなことでめげてはいられない。

800mくらいだから〜〜とウキウキ説明をし、いざ出発。

 

 

と、じぇんさんパンク。

 

f:id:dobon96:20160926233635j:image

 

ねじ曲がったバルブが原因のようだが、ここでチューブ交換実践講座となり、しぃさんの手際の良さにほれぼれする時間となった。

 

f:id:dobon96:20160926233652j:image

 

 

・披露山ヒルクライム

 

800mほど、最大勾配は14〜15%くらいだろうか?
短い割りにカーブと、勾配の上がり具合を楽しめる、いい感じのヒルクライムスポットだ。

 

f:id:dobon96:20160926233730j:image

 

そういえば、平坦屋のどろさんは、普通に坂が速い。ゴリゴリ登ってくる。

食べてすぐにヒルクライムを決めたためか、真嬉さんが若干プリンに攻撃される状態に……。

 

だが、ここは推しメンヒルクライム

頂上で、好きなポーズで記念撮影。

 

f:id:dobon96:20160926233709j:image


ひとけがないというのは素晴らしい。

 


・久木ハイランド ヒルクライム


登って登って登って下って登って下る。
ヒルクライムというか、でっかい起伏といってもいいかもしれない。

 

f:id:dobon96:20160926233934p:image

 

ここでヒルクラやりたい組と、もうお腹いっぱい組と別れて、しばしの別行動。

f:id:dobon96:20160926233950j:image


ヒルクライム組は、登って反対側に下ったあと、登り返して、最後の傾斜で激走合戦をしたり、後ろから「いけるいける!!最後まで回せ!!!」と謎の煽りをしてひとはしゃぎ。

 

 

待機組と合流してからは、コンビニで小雨の中の小休止をとりつつ、ショップトークやポジショントークで盛り上がる。


ここをこうしたらもっと楽なのでは……とか、こんな道具がいいだとか、変速機の話やら話題は尽きない。

 

 f:id:dobon96:20160926234148p:image

 

そして、逗子駅まで戻ってきて解散!
自走組のどろさんと友紀さんを、小雨の中送り出した。

f:id:dobon96:20160926234021j:image


このあとふたりはピザを食べに行っていたので、とても強い。

 

残った6人はマックに行き、ポテトをつまみながらワイワイ雑談。
皆とグルメもプチヒルクラも楽しめて、とてもいい時間だった。
いんちょうさんは最後まで軽やかに笑っていた……。

 

f:id:dobon96:20160926234208j:image
今日もお疲れ様でした!(結局家までの道が本降り)